ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

「どうして宇宙人は地球にこないのか?」という巷のよくある質問を目にして・・・

2016-10-08 18:42:18 | 知恵の情報
 
 

まだ、こんなことを考えているのは、鈍感すぎる。
状況証拠は、たくさんあるし、地球人がいかに戦闘的かということも
以前から、言われていることです。地球人だけが勝手に民主的である、親切
であると思い込んで相手のことを考えていないから、わからないのです。
わたしたちは、アフリカの自然動物を不干渉の形で人間が守っていますが、
同じことなのです。宇宙人の立場にたってみてください。自分たちに戦闘的な
地球人にどの異星人が接触してくるでしょうか・・・

また、世界統一的な科学の情報が蔓延しており、相対性理論や、現代科学の
内容が地球までこれるわけがないと豪語してやまない、間違った科学信仰のやからが
吹聴するせいで地球人の意識が開かれず「いの中のかわず」、だからです。

異星人は、過去に原子爆弾の関連でそれぞれの国の首脳に会っています。
民主的に接してきたのにそれを裏切っているのは、地球人なのです。
私が知るところによると、以前は、国の主要の人にコンタクトしていたが、今後は
一般の人に接触しようというということがいわれているということでしたが、その後
どうでしょうか・・・一般の人も獣性を持った人間ばかりで、無理ではないでしょうか。

当分は、不干渉の形で地球は、見守られていくのでしょう。人間の意識の拡大
を待って接触してくるというのが、考えられることでしょう。また、地球の歴史は、
かなり、現代の地球人が知らないことも多いので、アヌンナキなどのシュメールの
話、ニビル(交差する星という意味)などの再接近により、異星人の新たな交流
(よくない)が出てくる可能性も懸念されています。

人間の意識が拡大し、異星人の科学も謙虚に学び宇宙連合や、銀河連盟との
交流が早くできることを私は、願っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神経質症は精神病ではありま... | トップ | 不安神経質症───神経質症③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。