ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、よく生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

ターミネーター種子が地球を覆いつくす      食料と情報による徹底管理

2016-10-19 18:23:15 | 知恵の情報
「生活にプロテインを」というスローガンで、カーギル、ネスレ、クラフトフーズなどの
食品大手企業が大豆プロテインを宣伝しています。

肉や乳製品の代替品として、大豆プロテインがきわめて健康にいい食品だと、
熱心にPRしています。

イラクは長い歴史を持つ農業国で、小麦の優れた品種の種子を生み出してきた
国です。

そこにアメリカが乗り込み、文化財を奪っただけでなく、小麦の貴重な種子を
すべて遺伝子組み換え種子に変えてしまいました。

イラクの前農務大臣は賢明な人物で、近隣のシリアに種子貯蔵バンクを設立し、
予備の種子を保管していたのです。そのおかげで、貴重な小麦の種子が守られて
います。しかし、シリアがアメリカに屈したら、せっかくの努力も水の泡です。
貴重な種子もなくなってしまうでしょう。

そして、ターミネーター種子が地球を覆いつくします。
ターミネーター種子とは、地中に植えて作物が実っても、種を再生産しない種子
です。毎年、種子を手に入れないといけません。農業を続けたいなら、権力者
に屈するしかないのです。

殺精子コーンも開発されました。遺伝子組み換えでトウモロコシに抗精子剤を
加えたもので、これを食べると妊娠しません。そんなものは口にしたくないと
思っても、他に食料がなく飢えた人は、食べるしかないでしょう。

遺伝子組み換え食品は、どこまで神の領域を侵食していくのでしょうか。

─『宇宙人と闇の権力の闘いがはじまりました』田村珠芳 ヒカルランドより

世界の中の一パーセントの金融を中心とした裏権力者連中は、地球上の
人口増加を一般の人間にわからないように自然災害を演出したり、自然に起きた
と思わせた戦争で減らしたり、また、病気を作って減らしたり、遺伝作物で抑制
しようとしているのだが、異星人の情報によるとまだ、まだ、地球は人間の
人口増加は大丈夫だと言っている。
たしか、200~300億人以上の許容があったと思う・・・
19世紀に出たマルサスの人口論などに影響されてはまずい。
もっと人を活かす、行動をしなくては・・・火星への移住もそうだろうが異星人との
交流も早くやるべきだろう・・・多くの人間の移動には、地球の科学だけでは
無理だ。共存共栄を考えずして、人間の将来はない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 至るところに楽しみ | トップ | してはならぬこと三つ  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。