ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

失うことを恐れるより、与えることで、喜びは生まれます──ギブ・アンド・テイクさえできない日本人

2017-01-03 18:39:27 | 知恵の情報
何の面識もないアメリカの企業の社長が、私に面会を申し込んできました。いったい
何の用件だろうかといぶかりながらお会いしてみると、その人はこう切り出しました。

「これから東京でビジネスを始めたい。ついては、それがうまくいくかどうかは
わからないけれども、もし利益が出たならば、その1%を病院に寄付します。」
と。

お金が潤沢にあるから寄付をするというのではなく、異国での起業に向けて、いま
走り出したばかりの外国の会社が、将来の寄付を前もって約束しに現れたのです。
そんな実業家がアメリカにはいる。アメリカの懐の大きさとはこういうことなのです。

WHO(世界保健機関)元事務局長のマーラー氏は、数年前私に、、
「国際社会で日本がやってきたことは、ギブ・アンド・テイクではなくて、テイク・アンド・
ギブだった」
と言いました。

たしかに日本の国際貢献は、まず海外にマーケットを獲得して、そこで儲けたら、
いくらかのお金を出しましょう、というものでした。まずはテイク(もらう)で、ギブ
(与える)は後。もらえないのなら、あげるなんてとんでもない、という態度です。

そんな考え方がまかり通っていることにも平気だった国ですから、冒頭の実業家
のような人物には、まず日本ではお目にかかれない。そう思っていたのですが、
最近の日本は捨てたものではありません。うれしい驚きがありました。

さきごろ私は「葉っぱのフレディ」という名の、在宅介護支援のヘルパーステー
ションを開設しました。名前の由来は、ご存知の通り90万部のベストセラーと
なった、米国の哲学者レオ・バスカーリア(1924~98)著の絵本のタイトル
です。いのちとは何かを教えてくれるこの絵本は、私のお気に入りの一冊だった
からです。

ほどなくして、同絵本をモチーフにしたピアノ曲のCDを出した東芝EMI社が、
CDが一枚売れるごとに、ヘルパーステーションに何がしかの寄付をしたいと
言ってきたのです。日本も変わったな、これなら未来に希望もあるなと思えた
一日でした。

─『生き方上手』日野原重明 いきいき株式会社より

■日本人はまだまだ、だと思う。年金の問題を見ても単に収支だけで考えている。
いまの高齢者がどれだけ日本再生に尽力を尽くしてきたか、いまの政治家などは、
心がないように思える。せめて最低の年金を初任給くらいに引き上げるべきなのに
それもできていない。月8万円くらいの最低年金で高齢者はどう生活していくのか。
足りない分働けとは、どういう政府なんだろう・・・
その低年金からさらに介護保険料をむしりとっていく・・・年金こそギブ・アンド・テイクを
行うべきだろう。テイクが先では、老人は先にあの世に行ってください。といっている
ようなものだ。いつからひややかな合理主義が日本の理念になったのだ。

一億総活躍社会というスローガンは、米国裏金融勢力へのこびへつらいに見える。
米の裏権力は、日本から金を取るために圧力を加えてきた。米の国債を買わせたり、
使い勝手の悪いオスプレイを買わせたり、日本の郵政民営化をやらせ株を売らせようと
したり。日本人は、米国に金をつぎ込むために一億人総活躍して稼ぎますといって
いるようだ。今後、いままでの米国からポピュリズムになりながら、政治が変わっていく
としたら、その機会をチャンスと日本国は見て、自分を取り戻し、日本人のための政策
を進めてほしい・・・日本は戦争を仕掛けた悪の国ではないのです。もっと現代史
を研究し、戦争には、互いの利害が働いていたことを肝に銘じるべきだし、考える
必要がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命令だけでは人は動かない | トップ | 『旧約聖書』の神は宇宙から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

知恵の情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。