ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

どうしたら心機一転できるのか・・・

2017-03-06 17:45:23 | 知恵の情報
またたとえば「見つめよ」といわれたときには、すなわち、その言葉にとらわれて、
熱心に、草花ならその草花をみつめておればよい。はからう心なく、素直に見つめて
いれば、その見るものに従って、そのところに必ず我というものが現れてくる。
すなわち、つまらぬ花とか、あるいはその周囲にある勢いのよい奇麗な花とかに、
心がひかれるようになる。すなわち、何かの感じ・連想が発動してくる。これが
我である。この我ととらわれの心とが充分に対立して、相拮抗するときに、そこに
観察と批判とが、続々と進行して、適切な働きが現れてくる。私が前向いての話と、
後ろの枕台とに、心が拮抗しているようになれば、それではじめて、進退が自由
になるのである。ここに我というもの、すなわち感じが、充分に出てこなければ、何
ごとにもけっして進歩も発見も、適応性もないのである。

水谷君が、なにゆえに心機一転しないかというと、たとえば僕から叱られても、これに反して、
スレッカラシになって、少しもビックリしたり、うろたえたりなどしないからいけない。
あるいは腹をすえ、炭田に力を入れ、想を練って、「叱られるのは有難い。
ここが修養である。感謝こそすれ、腹をたつべきでない」とか、さまざまの
屁理屈をつけて、頑張るからである。あっさりと、おとなしく、素直にはからう心なく、
ハッとビックリさえすれば、たちまち心機一転するのである。

─『現代に生きる森田正馬のこどば 生活の発見会 I 悩みには意味がある』
  白揚社

■「見つめよ」の以前のつづきである。精神的なからまわりから脱する方法を
うまくのべている。私たちは、彼のコツを学び、よりよい境地を目指そう・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプは語る・・・ブッシ... | トップ | 早く手を出す、そして仕事を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

知恵の情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。