ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

必ずメルトダウンする─ めちゃくちゃな原発の実態

2017-06-27 17:58:08 | 政治
池田 東海・東南海地震は確実にあるのがわかっているのです。
     しかし、浜岡原発は600ガルの耐震でしかつくっていません。中越地震のとき
    も1700~1800ガルだった。浜岡は砂地ですから、最低は2000。3000ガルは
    確実に来ます。それを600ガルの基準でつくっているのだから、地震が来たら
    全部ひっくり返ります。ただでさえ、普段も漏れています。
     福島のときも、原子炉が140度で2気圧と放送したのです。普通、蒸気を
    出すやかんは100度、1気圧です。140どなら4気圧なければダメなのです。
    2気圧分は、地震で管が壊れてシューと抜けている。その瞬間に、どれだけ水が
    あってもやがて水はなくなる。だから、地震が起こると必ずメルドダウンは起こる。
     それを確認したならば、速やかに風向きを考えて、風はだいたい西から東に
    吹くので、頭の中でもいいから風向きの線をまっすぐに引いて、その直角方向に
    家族を3日以内に逃がす。100キロか、できたら200キロ逃げる。
     家族で万が一のことを考えて、家族ばらばらになっているときでも、何かが
    あったらどこに集まるとか、あらかじめ決めておけばいいのです。今の危機管理
    そういうのが必要だし、本当はそれを国レベルでやらなければダメなのです。

中丸 各原子炉からすこしずつ漏れているんでしょう。

池田 完全に漏れています。ウラン235が核分裂したとき、気体のものもでるのです。
    キセノンは気体で封じ込めることができない。
     原発には非常に高い煙突があります。あれは夜のうちに放出しているのです。
    普段から1分間に70トンの水で冷やさなければダメです。今は止めているよう
    ですが、1回火をつけたものは燃えています。ただ発電のほうに蒸気が行っている
    だけで燃えているから、必ず水で冷やさなければダメです。
     基本的に、100トンレベルでは1分間に70トンの水が必要です。1時間だったら、
    それに60を掛ける、1日だったら、さらに24を掛ける。1年だったら、さらに365を
    掛けると、1つの基でたいたい3000万トンです。それが54基あったら、日本の
    降雨量の3分の1ぐらいになってしまいます。降雨量の3分の1が7度高くなって、
    しかも、塩素と放射能で汚染されたものが海に行ったら、それは海も温かくなるし、
    環境が変わるのもわかりますね。

中丸 どこの海でも、みんなちょっと危ないですね。

池田 原発はドイツのように廃棄するしかないですね。その点、ドイツ人はある意味で
    は確かなことをやっているから賢いですね。悔しいのは、あのちゃらんぽらんな
    イタリア人でも原発をやめましたから。何が正しいかわかっているからです。

中丸 結局、日本はアメリカから言われているからでしょう。

池田 3月11日の後の3月20日に、アメリカの核の企業などの代表がスタンフォード
    大学の研究所に集まって作戦会議をやっています。どういうことを決めたか。
     まず、「福島はたいしたことない」ということを広報する。引き続き我々は核産業
    でカネを儲ける。この2項に基づき、アメリカ政府を中心として、メディアを通じた
    広報で福島は大丈夫だと教えて、引き続きカネを儲けるということを3月20日の
    時点で決めてしまっているのです。それに基づいて、日本は動かされているのです。
     しかしながら、ドイツやイタリアの人たちはそれをはねのけた。それは、国民が
    賢いからです。日本は、お上が「大丈夫」と言ったら、本当に安全だと信じてしまい
    ますから。

中丸 脱原発と言った人が悪かった。小泉さんと細川さん。今さら言うか、みたいな。

池田 あなたには言われたくない、となってしまう。

─『この底なしの闇の国 NIPPONで 覚悟を磨いて生きなさい!』
  池田整治+中丸薫 ヒカルランド刊

■この資料をみても原発は、廃棄物のキセノンがでているようだ。その核物質が異星人が指摘していた
ように極へ集まり、熱を発生させ、氷を溶かしている。また、世界にある原発435基の排熱処理で水を
使い、それが全世界の海を温めている。なんということだ、うそ、でっち上げの二酸化炭素温暖化に
ならないためにクリーンなイメージではじめた原発がその原因の悪の根源だったとは・・・・・
日本人も早く気づいて、ドイツ、イタリアのように完全に原発をやめなければならない。原発で
金儲けをしようとする1%の金持ち闇の権力者たちに、迎合ぜず、命を張って、政治家は日本のために
働いてほしい。竹下氏や、小渕氏、橋本氏、中川氏は連中の犠牲になってしまったが、彼らは
日本のために働いている。そして、これは、地球のためだ。

■■原発の世界の数を考えるともう、地球は終わりのような絶望感を感じる。地震や、地球の変位など
あれば、単なる自然災害どころでなく、原発という大気汚染をさらに生むとんでもない状態になっ
ている。たったひとつ救いがあるのは、異星人が見守っているらしいということである。
この記事の最初に以下のことが出ていた・・・

中丸 宇宙連合のクエンティンさんと最近いろいろお話します。「心身の浄化さえして
    おけば、いざというときは、どこにいても大丈夫。どこで何かが起こるとか、
    一切心配しないでください」と言っています。それは、こういうお話を聞いたり
    本を読んだりする人には、全部通ずると思うのです。
     もし地球が住めない状態、あるいは日本には原発が54基もあるわけだから、
    それが爆発したときは、一瞬にして引き上げる。「一気に何千万人でも助け
    られる」と言っています。

地球人の意識が「共存共栄」を体得していない以上、頼るしかないのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人類にとって貴重な人間とは | トップ | 素質、才能、善良さ、偉大さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。