ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

捨て身

2016-12-31 18:29:50 | 知恵の情報
僕はこれでも、居合いと柔術とが初段です。僕などの流儀は、寝技が得手で、
自分の身体を、いつでも相手の身体にピッタリと寄り添っているのが大切です。
そうすると、当て身もやられる隙がなく、投げられることもない。これは、いわゆる
捨て身の態度であるけれども、熟練しなければ、なかなかできないことです。

この捨て身の態度は、相手にたいして強いて突っ張るとか、自分の態度を工夫
するとかいうことではなく、自分を投げ出したありさまで、いつでも相手の変化に
応じて、臨機の処置がとれるという状態である。禅でいう「まさに無所住にして、
その心を生ずべし」というふうに、心をどこにも固着していないので、そのとき
どきに、自由に心が働くというありさまであります。(森田正馬)

─『現代に生きる森田正馬のことば』生活の発見会編 II 新しい自分で生きる
 白揚社より

■武道の捨て身について書いているが、その境地は、武道意外の問題に
応用できる、心構えを説明しているようだ。ものを書くときに無心になるとか、
絵を描くときになる境地、勝負事でも無心で望む・・・とかその姿勢に生かせる
ものだろう。人との交渉においても、相手に寄り添った姿勢が捨て身となる
というのは、興味深い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君が自分でできることだけをする | トップ | 機知は怒りを笑いにする »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。