ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

トランプは語る・・・ブッシュ家は3代続けて戦争で儲けてきた

2017-03-05 17:54:06 | 政治
トランプさんが今年のはじめごろ(2016年)なんと言ったか。ブッシュ大統領本人と
パパ・ブッシュと、おじいちゃんのブッシュがいるでしょう。3人は戦争ばかりやって
儲けてきたと言っているんですよ。中身を相当ばらしちゃいましたね。

今度の大統領選挙はヒラリーがやや優秀でしたけれども、この人も戦争が好き
ですから、ヒラリーはデーヴィッド・ロックフェラーの隠し子といわれているくらいでね。
ビル・クリントンのお父さんはデーヴィッド・ロックフェラーのお兄さんの隠し子なんです
よ。隠し子同士、知らないで結婚しちゃったんです。後でわかったと思うんですが、
そういうふうにアメリカというのは隠し事が多いですね。
 
ブッシュ家というのはどうしようもない家系だということをトランプさんがばらしちゃった
わけです。ところが、向こうはエスタブリシュメントが相当力を持っていますから、
そんなことはないと言って、すぐそれを封じ込めます。

ほとんどの皆さんは、トランプ大統領についてはバカだと思っているでしょう。
本当はこの人が大統領になったほうがいいんですよ。要するに軍産共同体に対して
すごく批判していますから。戦争をするおカネがあるんだったら、もうちょっとホワイト
(白人)に分配したほうがいい。今のアメリカ人の6割がホワイトなんです。その
ホワイトは中産階級が大部分だったんですが、最近は低所得者層がふえてきまして、
貧しくなっているんですね、。そういう意味でトランプさんというのは人気が高いんです。

9・11の事件というのはまさに陰謀だったんですよ。陰謀、陰謀論と言うとすごく
バカにされますけども、よく調べていくと、陰謀論がある意味で正しいかもわからない。

新聞記者というのは、人の顔を見ると、「おまえ、陰謀を働いているな」と大体
疑いの目で見るんですよ。最近は見ない人が多いですが。東京都庁なんかもそう
ですね、。あそこは陰謀の巣ですからね。ご存知のように、ドンといわれている
内田茂さんとかね。一番大きなドンは森さんですね。今日はそれをしゃべるとそっち
のほうの疑惑に集中してまずいんですけれども、国あるいは都が何か事業をやり
ますと、2割方は政治家が手数料を抜いていくそうですから。オリンピックの予算が
どんどんふえているでしょう。築地から豊洲に移るのだって、大騒ぎになっていますよ。
土を盛らなきゃいけないのに盛ってなかったことがわかりましたから。本当のことを
言うと、あれはずっと前からわかっているんです。みんな隠しているんです。

パパ・ブッシュに対して子のブッシュはバカブッシュなんです。クリントン政権という
のは、皆さんご存知のように、ウォール街をバックにした政権です。金融界を
後ろ盾にしている。もう1つ、エネルギーでいいますと原子力利権です。ブッシュは
デ^-ヴィッド・ロックフェラーをバックにした石油利権です。もちろん、金融界は
両方関係していますが、度合いでいくと、石油と軍需のマフィア政権と言っていいですね。
(part 2 償還期限の迫った国債はテロで燃やされた!/ブッシュの陰謀を読み解く
 板垣英憲より)

─『911テロ/15年目の真実【アメリカ1%の寡頭権力】の狂ったシナリオ
  《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した』
  高島康司
  板垣英憲
  ベンジャミン・フルフォード
  リチャード・コシミズ
  藤原直哉
  ケイ・ミズモリ
  菊川征司
  飛鳥昭雄
  ヒカルランド刊

■9・11の事件が変だと思う人がアメリカの人脈の関係性を研究しだして、裏権力が
動いていたことがはっきりしてきている。戦後の大統領アイゼンハワーがアメリカが
軍産複合体に牛耳られている事に気づいて警告を発したが、その当時はどうにもならず、
何年もたち、ネット社会になりつつある今日だんだんとわかってきているようだ。
知らなかった人もよく気をつけて決っして、ニセの民主主義におどらされてはならない。
民主主義とは、どういった体制なのかをとらえなおして、社会をつくっていかなくては
ならない・・・

軍産複合体(ぐんさんふくごうたい、Military-industrial complex, MIC)とは、軍需産業を
中心とした私企業と軍隊、および政府機関が形成する政治的・経済的・軍事的な勢力の
連合体を指す概念である。

この概念は特に米国に言及する際に用いられ、1961年1月、アイゼンハワー大統領が
退任演説[1]において、軍産複合体の存在を指摘し、それが国家・社会に過剰な
影響力を行使する可能性、議会・政府の政治的・経済的・軍事的な決定に影響を
与える可能性を告発したことにより、一般的に認識されるようになった。米国での
軍産複合体は、軍需産業と国防総省、議会が形成する経済的・軍事的・政治的な
連合体である。(ウィキペディアより)

この連合体がある限りアメリカは戦争をつづけていく、これをどうにかできるの
だろうか・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アメリカ1%」の連中と戦... | トップ | どうしたら心機一転できるの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。