ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

イエス・キリスト(エル・ビルナビル・カンタルーネ)

2016-12-24 18:16:44 | 知恵の情報
私は、二〇〇〇年前に、イスラエルのベツレヘムという町に生まれ、キリスト教の
聖書に録されているとおり、人はかく生きるべしと、神と人とのつながりにおいて、
神々の愛から隣人への愛、人びとの愛から全人類への愛へと広がる形で、愛の
尊さとそのあり方を説いて歩き、その過程でまた、科学的には無知であった人
びとに信仰の対象として唯一絶対なる神ヤーウェ、すなわちエホバを崇め、また
己の中にある神性、すなわち善である所の人間性を、天なる鏡に写された姿として、
"天国は貴方がた一人一人のうちにある”と述べました。

歴史の流れとして見ると、私の時に初めて、ギリシャ哲学からインド哲学のなかで
説かれた大自然の普遍的な性格や法則、すなわち、宇宙あるいは仏教では
梵(絶対者=宇宙の根源)と呼ばれるものと比較して、個人あるいは我(真実我
=個人)をのべたものから、個人個人の観点に立って、神を主観的・客観的に
説くものに代わりましたが、説きおこすところは同じでした。人間としてのあり方
を詳しく説いたのです。

さて、その愛というのは、男女の愛や友愛の域を超えた神の愛、アガペー(無償
の愛=与えるのみの愛であり、報酬を求めね愛)なのです。言わずともそれは、
慈悲を伴うものでなければなりません。'神は愛なり’と私が述べ、キリスト教は
愛の教えであると、人々は信じていますが、慈悲の心や、行いについて、たとえ
を通じてはっきり説いており、また神の愛とは慈悲であり、愛でなければならない
のです。慈悲を伴わぬ愛は自己愛(自己に対する愛や欲望)の延長にしか過ぎ
ません。それは、相手に求める愛であって、与える愛ではないことはお解かり
でしょう。自分をあいすることはもちろん大切です。よい意味での自己愛、自らが
持っている人間としての尊厳、神の子としての悟り、そういうものを知って、隣人
を己のごとくに愛せよ、と説いたのです。それは奴隷が未だ用いられている時代
で、人間の尊厳についての意識が低かったからです。

その次に説いたなかで重要なことは、地上に神の国を作ることの必要性でした。
なぜならば、ご存知のようにその頃の人びとは、無知な者や闘いしか知らぬ
武骨な者が多く、野蛮な行為をなんとも思わず、また学者は律法に縛られ、戒律
で人を裁き、神の心という計り難い、どのような者にも分け与える愛や、平和を
求める柔和な心、慈悲心と等しく、許す心、気持ちなどを知らぬものでした。
そのような人々が真の神の国、すなわち天国と同じ秩序と平和と調和と光で、
満たされた場所を地上に作るのは、なんと困難な問題でしたでしょう。自分の
心のなかにある神と等しくなれる心、真我は善なる心であることなど、振り返って
見たこともない人が多かったのです、。
ですから、私は、神の国を作るためには、どのような人が相応しいかを悟らせる
ために、山上の垂訓と呼ばれるものを説きました。(イエス・キリスト言)

─『天国の扉』イエス・キリスト 千乃裕子編著 たま出版 
 宇宙的天上人からのメッセージ掲載 より

■クリスマス・イブなのでイエス様のメッセージを取り上げてみた。
20世紀に現れたイエスの新たなメッセージを考えて見ることができる・・・
彼は、異星人の転生らしい。系図をたどると際限がなさそうだが、わかっている
のでは、エル・カンタルーネ王の次男、エル・ビルナビル・カンタルーネ様が
イエスの体に入り、転生をしたといわれている。転生輪廻は、合体した人と
新しい自分という生命体が一緒に一生を育つようになっている・・・そして、
亡くなったとき、また、二つに分かれる。
エル・カンタルーネ王は統一王国ベー・エルデ星の王である。
エル・ビルナビル・カンタルーネ=M45メシヤからの養子、五人兄弟の次男。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 監視社会の到来!─どこにいて... | トップ | 山上の垂訓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

知恵の情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。