ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、よく生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

人たるの道を守る───『菜根譚』

2016-10-11 18:31:21 | 知恵の情報
人としての道をしっかり守っていれば、かりに不遇な状態に陥っても、一時のこと
にすぎない。権勢にこびへつらえば、かりに得意の状態にあっても、長続きしない。

道を極めた人物は、世俗の価値にとらわれず、死後の評価に思いを致す。
一時は、不遇な状態に陥っても、人としての道を守って生きるほうがはるかに
賢明ではないか。
(『菜根譚』前集一)

■人としての道、原文では「道徳」となっている。ふつう、道徳といった場合、
 社会により時代によって変化していくものとされているが、ここでいう
 「道徳」とは、それとはちがっていて、一定不変のものとして前提されている。
 人間が人間であるための条件といってよいかもしれない。それを守るとは、
 要するに、人から後ろ指をさされないような生き方をするということである。
 (守屋 洋)

─『新釈 菜根譚』守屋 洋 PHP文庫より

『菜根譚』は、大変魅力ある本です。儒教、仏教、道教の三つの主張を
融合し、そのうえにたって処世の道を語っている。前集225(2)、後集135
の内容だが、その日になにか教えを得たいとき、占いカードのように
ページの一箇所をぱっと開いて目に付くところを読んでみたりする。項目ごと
に自分で考えてみられるので、自分にあっているようだ・・・
前から順番に読んでいくと内容を忘れてしまうので、こんな工夫もしている・・・

『菜根譚』著者は、洪応明、字を自誠、号を還初道人と称したが詳しい経歴
などはわかっていない。中国古典のなかでは、比較的新しい本である。
明の万暦年間の末期になったと推定されている。17世紀の初め頃、
今から370年ほど前にかかれたことになる。豊臣から徳川に政権が移ろう
としていた頃だ。
若い頃、科挙の試験に合格して、官界に身を投じたが、中途で官界を
退き、もっぱら道教と仏教の研究にいそしんだとされる。『菜根譚』の
他に『仙仏奇蹤』四巻があり、仙界、仏界の古典のなかから逸事や名言
を抜き出して編集した本だという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人心をつかむコツ | トップ | 苦しみはなぜ生まれるのか ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。