ふどうさん屋のどんげこんげ日記

季節は、いつでもどこでも感じられます、それがみえますか?
宮崎市ふどうさん屋 Q&Q不動産

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佐土原神社というのがあった

2017年03月06日 | Weblog

ある日曜日に西佐土原方面を車で走っていた時だった。鶴松館近くの国道

219号線沿いに鳥居があるのを見つけた。その鳥居に書かれていた名前が

「佐土原神社」だった。こんな名前の神社があったのかと思い神社の方へ

鳥居をくぐり階段を登って行って見た。

階段を登りきると右手に大きな石碑が、中央の奥に社殿があった。


佐土原神社は明治三十四年の創建で、旧佐土原藩主島津以久及び十代藩主

島津忠寛が祀られていた。

社殿を最初に見た時、普通の社殿と違っていると思った。それは宮崎神宮の

社殿に似ていた。

            by ヒロ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金網のトンネルがある道 | トップ | 新富町湯風呂地区のカート場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事