四谷大塚NET(徳島駅前校)

中学受験のパイオニア四谷大塚が徳島駅から150歩の最新耐震ビル「第一未来館」で、安心・安全の教育環境をご提供します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

理科を面白がる

2016年10月11日 23時10分55秒 | 日々の記録
理科とは、自然界の事物・現象を学ぶ教科です。

私たちのまわりは、興味深いものに溢れています。

例えば、動物・植物・天気・火山・地震・星・化石・

光・音・人の体・飛行機・ロケット・・・

そのどれもが理科なのです。

本来、理科という教科は面白いな、不思議だなと感じるところが

入口です。面白がってじっと見ていたり、触れたり、聴いたり、調べたり

している内に、だんだんわかってきます。わかってくると

前よりたくさんわからないことが出てきて、もっと知りたくなります。

このようにして理科は深められていきます。ノーベル賞を取るような

学者であろうと、入り口はみんな「面白がり」ではないでしょうか。

人は興味がないことに時間を使いません。

寝食忘れて研究に励んでいる学者たちは、小さい頃の「面白がり」を

大人になっても忘れられなかった子供たちなのです。

私も理科を教える身として、いつも「面白がらせたい」と思って、

授業に臨んでいます。分かりやすくテストで高得点を取らせるのは

塾としては当たり前ですが、もう一歩踏み込んで長期にわたって

モチベーションを高めるためには「面白がらせる」ことが大切です。

まだ試行錯誤の最中ですが、映像を使ってみたり、理科実験教室を

開いてみたり、アクティヴ・ラーニング形式で発見を促してみたり、

仕掛ける教師もワクワクしながら開けても空けても果てしなく出てくる

マトリョーシカのように、本当の中身に到達することなどないと知りながら、

出てくる人形を開け続けています。



本日の授業です。



□■ 小学3年生 ジュニアクラス


 算   数:下巻第6回「分配算・2桁で割るわり算」


   宿   題:ジュニア予習シリーズ残り

         演習問題集(第6回)

         計算、(ホームワーク(10/17まで)、スぺプリ)

        
         

■□ 小学5年生 SCBAクラス


 算   数:下巻第6回「速さと比(1)」前半


   宿   題:予習シリーズ類題、基本、計算


 国   語:下巻第6回 随筆文(1)アイスキャンディー売り

 
   宿   題:演習問題集第6回、漢字とことば



次回も頑張ろう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「言葉の力」は先生から生徒... | トップ | 送迎時の駐車についてのお願... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。