くーまま’s blog

働く1児の母、トイプードル親子を飼っています。
仕事と育児を楽しみながら、楽しいことおいしいことアップしてます。

血流は大事です

2016-08-03 20:27:27 | 


のだちゃんオススメのこの本読みました。
なるほどと思うし、若い頃の辛さが今ないことと通じるものがある。

さすがに食べるのが大好きだから、夕食を抜くプチ断食とかは
できないけど、それ以外の書いてることは結構やっていることが多い。
そして、婦人科系も、偏頭痛も。今はない。

やっぱり血流大事なんですねー

生理痛のひどい人やストレス満載の人など読んでみるのもいいかも。
いつまでも元気でいたいですもんね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取材

2012-04-30 21:40:42 | 
12月から3月までやってた雑誌のモニター。
いろいろとアンケートに答えたり、取材に答えたりしていたら、
出てた、このページに3つも。



取材自体が取材っぽくなくて、メールと電話でのやりとりだけ
だったから、ホントなのかなぁ?って思っていたら、ホントだった。

ちょうど今日買い物に行ったときにあったら買ってきてと
妹に頼まれていた雑誌だったから、妹に見せたら、
「おねえちゃんできる主婦みたいだね」
って。
そう、妹からみたら、私って、何にもできないおねえちゃんって感じ。
なので、びっくりしていた。
私もびっくりだよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミッキーマウスの憂鬱

2012-01-27 06:01:31 | 
毎日Just Danceのエクササイズをやって、
お風呂あがりにはゆーと毎日りかちゃんで遊んで
ってのが続いて、PCあげる元気がない母。

朝も雪かきする日は5時におきるのに、しなくていいと思うと
なかなか目覚ましかけても起き上がれない。
なのでブログ更新全然できず・・・・怠けています。

でも今日は更新しようと、朝早起きしました。
更新しておかないとすぐ忘れてしまうからねぇ(苦笑)

本も結構読んでいて、まずはその感想。
先月検定があり全然読めなかったから、検定後はうれしくて
どんどん読んでいます。

ありがたいことに同じ職場のMさんから本貸し借りしまくり~っ

・ミッキーマウスの憂鬱

東京ディズニーリゾートにバイトとして働き始めた主人公が
最初はつかえないヤツだったのに、数日でぐっと成長し
悪い考えの人たちを退治するお話し。

フィクションだけど、頭の中に東京ディズニーリゾートの地図が
浮かんで、アンダーグラウンドを想像しながら読みました。
最初はなんだ?イメージとは違って、結局淡々と仕事しているんだと
がっかりしながらも、後半は次が気になって、一気に読みました。

ところどころ、ディズニーランドやミッキーマウスについて詳しく
書かれているところもあり、本当なのかはわかりませんが
すごく興味深かったです。

・謎解きはディナーの後で

ドラマを見てしまったせいか、出てくる人物がドラマの配役となって
桜井君や北川景子ちゃんが頭の中で演技してました。
短編完結なので、あっという間に読みました。
ドラマとはちょっとちがうところもあり面白かったです。


・ツレはパパ1年生

ツレがうつになりましてのてんてんさんとご主人の育児の育児日記というか
育児本です。
ツレウツシリーズは図書館にもあり借りて読んでいたので
その後の育児どのようになっているのかが気になりまた図書館で借りました。
結婚生活10数年たってからの子供ってところや、二人とも高齢とか
若干似ているところもあり、大変な部分など、そうだなぁと、
共感ながら読みました。
ツレさん、ウツを経験したことで、ムリをしない!とかちゃんと
二人で話しあうとか、経験を生かして子育てされていて、
ツレさんも、てんてんさんも苦労しながら、
がんばっている様子を若干楽しく書かれていて
面白く読ませてもらいました。
2年生、3年生もあるので予約済。早く読みたいなぁ~。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「KAGEROU」と「八日目の蝉」「神様のカルテ」

2011-09-02 19:14:09 | 
この夏読んだ本。

図書館で予約してやっと読めた「KAGEROU」と「八日目の蝉」。

「KAGEROU」は水嶋ヒロくんが書いて賞をとった話題の本。
ま、ミーハーなので読まなきゃと予約しました。
でも、おもしろかったかというと、イマチチ。
読みやすくて、あっという間に読めたけど読み終えたとき、1Q84みたいだなぁ。
非現実っぽいと感じながらも、最後の心臓を回して動かすシーンは自分がやってるイメージあったんだよな。
うまく言えませんが、これは一番あっという間に読めました。

「八日目の蝉」は、映画にでた永作がすきなので、映画は観れないし読んでみるかと
思って予約したら、かなーーりまたさせてやっと読めました。
次が気になって、こちらもあっという間に読んだ。
イメージが永作が誘拐した犯人で、ついつい想像して読んだからすぐ読み終わった。
面白かったんだけど・・・なんかひっかかるというか、複雑な気分と、
これで終わり???っていう終わり方だった。
あの子は生まれてちゃんと育つのだろうか?と心配にもなった。

次が「9割のバイトでも最高のスタッフが育つディズニーの教え方」
元々「ディズニーの7つの法則」の本を読んで、ただのディズニーランドファンから
ディズニーファンになった私。なのでこの本は買いました。
ディズニーにまったく興味のなかったオットもこの本を読ませて、新婚旅行で
フロリダディズニーワールドへ連れて行ったので、こういった本は大好き。
ともかく自分のチームのなかで見本になる自分でいること。
後輩たちの模範になる先輩になること。
そんなことが書いてあります。

どうせ、ディズニーだからうまく行くと思っている人は読まなくてもいい。
少しでもいい仕事をしたいと思う人は読んだらいいと思う。
私の夢はフロリダでディズニーストアで働くばあちゃんになりたいんです。実は。
ま、ムリなら、日本でもディズニーの仕事を一度してみたい。
ディズニーのバックグラウンドを見たいのです。


今読んでるのが、「神様のカルテ」
これも図書館で借りました。
まだ途中ですが、面白くて、イメージが桜井くん、あおいちゃんになっていて、
状況が自然に目に浮かぶから、どんどん進む。
映画も観る時間があったら観たいかも・・・。
本(原作)を読むといつもイメージと違うのがいやで、映画やドラマを観たいと思わない。
結構読んで面白かったって思う本が映画化されることもあるから。
でもこれって観たいなって思う。
私の好きな医療の現場と恋愛がからむからかなぁ~。。。
早く2巻目も読みたい・・・。これから1巻の途中読んで寝ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のぶみさん

2011-05-16 21:35:31 | 
ゆーが土曜日に図書館で選んだ本。
「ものしりのりもの」と「はなちゃんのクリスマス」は
今までも何度も借りた本。

ずっと気付かなかった・・・・けど、ぜーーーんぶ「のぶみ」さん作のものでした。
昨日読み聞かせていて気付いた(苦笑)
今までそのシリーズも読んでいたから、それもきっとのぶみさんだ!




で、調べてみると ⇒http://www.nobmi.com/

かわいい絵だから女性だと思っていたら、男性でした。
この「ものしりのりもの」なんて何度読んだことか・・・
ここに出てくる自動車を見るのが、ゆーは好きらしい。
「はなちゃんのクリスマス」は、クリスマス時期じゃないのに、何度も借りている。
これまた内容はとてもかわいいお話。、
こんな風になったら大人も楽しいなって思う。

それととよたかずひこさんの絵本も好きで、ももんちゃんシリーズやたまごさんやおにぎりなどの
お話も大好き。結構、買ってるかも。

絵本作家さんってステキだなぁ・・・のぶみさんもとよたかずひこさんもすごいなぁっと、
絵心もない母はいつも思う。
素敵なお仕事ですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おひめさまようちえん

2011-04-23 21:57:26 | 
図書館で予約したのが届いたので、借りにいきました。
のぶみさんが作った「おひめさまようちえんのにんぎょひめ」


こののぶみさんの絵本には他に「ぼく仮面ライダーになる」とか
今の子が好きそうなかわいい絵本を書いている。

以前本屋さんでこうちゃんのパパがおひめさまようちえんシリーズ読んでくれたらしい・・・・
(いつもお世話になっております)
そこから好きになったみたいで、借りてきたらとにかく読め!と読まされております。

ときにはめんどくさいと思うけど、本好きでいてほしいので、
ハハは読みまくります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本の話

2010-12-27 19:45:35 | 

最近読んで面白かったのが東野圭吾さんの「赤い指」。

ブログに新参者を紹介したら、先輩がこれも面白いよと教えてくれた。
早速図書館で予約して、借りて読みました。

面白かった・・・・でも怖かった。

今の世の中のいろいろな問題が露呈されていて、なんか遠い世界の事件ではなく
身近にありそうな問題がたくさんあったから。

子供をもつ親としても怖かったな。

もう1つはにしにさんが教えてくれた「俺だって子供だ!」

宮藤官九郎さんが書いたもので、自分のこども「かんぱ」の0歳から3歳までのお話。
これが面白い。にしにさんから教えてもらった育児本っていつも自分のツボにはまります。
前にいただいた内田春菊さんの「私たちは繁殖しているイエロー」も面白くて
結局すべてそろえてしまいました。

官九郎さんですら子供がかわいくて振り回されてってのが面白かった。
あと、絵本の話とか思わず、ぷっと笑っちゃうので、もし今育児中の人は読むといいです。
みんな子供を持つと人生観変わるし、子どものためにいろんなことするんだなと。

周りに面白い本まで教えてくれる先輩がいるってありがたいなぁ。

また来年もいろいろ読みましょっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書の秋ですねぇ

2010-11-13 16:55:12 | 

ちいさいおうち 中島京子

直木賞をとったこの本。

読み始めると、これが直木賞とった本なの?と。。。
おばあちゃんが昔を懐かしむかたちで、女中時代のお話をはじめ、
奉公していた赤い屋根のおうちの話になり、戦前、戦中の時代だけど
穏やかな流れで書かれていて、どんどん読んでいけた。

実際読み始めたのは、日曜からだったけど、あっという間に読めました。

最後はいろいろな思いがまざっていたような気がします。

面白かったですよ。

それから新参者 東野圭吾も面白かった。

ドラマは録画していたけど、結局1話も見れず。

面白かったと聞いたので、本を図書室で借りて読みました。

これもあっという間に読めた。1話1話が独立してるようで、つながっていて。

今日これからゆーが起きたらまた図書室に行って本借りてきます。

次は何読もうかな。また東野圭吾の本を借りてこようかと思っています。

でもばあちゃんが置いて行ってくれた「母 オモニ」もある。

まずこれかなぁ~

 

ゆーもますますたくさん本を読んでます。というか私が読んであげてます。

毎晩4冊・・・・寝る前ちょっと大変です(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えほんがトドック

2010-11-12 06:05:03 | 

ここ一週間毎晩夜咳き込んでなかなか寝れなかったけど、
今日はあまり起きることもなく寝ることができて、だいぶ復活した感じ。

あーーよかった。まだまったく咳が止まったわけじゃないけど、
先週のようにまったくよくもならず。。。だったよりはとてもいい傾向で
ちょっとうれしい。

今日は、毎週生協のトドックを利用していますが、このトドックでやっている
「絵本がトドック」を紹介。

ずぼらな私。毎週注文することだけで他は細かくチェックしていないけど、
ママ友さんに申し込んだらいいよと言われ、申し込んだところ・・・・。

9月から、2カ月に1冊かな。絵本が届く。

1冊目は円山動物園の双子のしろくま親子のお話でした。

タダでこんな立派な本をもらえるのでなかなかお得です。

本好きの我が家にはとてもありがたいサービスです。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

何とかなるさ!

2010-07-24 16:58:34 | 

今年4月宇宙飛行士として、ミッションを終え無事帰還された山崎直子さんが
書かれた「何んとななるさ!ママは宇宙へ行ってきます」を図書館から
借りて読みました。

山崎直子さんってすごく遠い人、すごい人って感じだったけど、
この本を読んで、普通の女性で普通のお母さんなんだと
ちょっと身近に感じることができました。

彼女がいつも心がけていたのはこの題名でもある「何とかなるさ」

あきらめるのではなく、今ある状況を冷静に受け入れ、きっとどこかに
「道」はあると、信じること。そして今自分ができることを精一杯やること。
すると自然と道が開けてくる。と。

確かにそうかも。
自分が体調崩した。でも、ゆーが・・・とか

ゆーが熱を出した。でも仕事が・・・・とか、

ときにはパニック状態になりどうしていいかわからないことも・・・・。

そりゃ、私の仕事は、山崎さんのミッションより全然小さいことだけど、
とにかく冷静に現状を受け入れて、精一杯やる。
そうすると誰かが助けてくれたり、協力してくれたり。

 

たくさん周りに迷惑かけながら、そうやって、今のところうまくいってるのかもしれない。

どっかで何とかなるさって思ってるところがある。山崎さんも同じなんだって。

(本より抜粋 ↓)


たとえば、夫がもっともつらい状態にあったとき、夫はときどき
「家族がこんなに 苦しんでいるのに、よく宇宙飛行士を
 やっていられるな。 家族を見捨てるのか」
などと言うことがありました。

言葉だけをとらえるとたしかにつらい。

しかし冷静に考えると、夫はいつだって、私が本当に困ったときには助けてくれました。

私と娘が「母子家庭」状態でアメリカにいたとき、一泊や二泊の訓練なら、
知り合いにお願いして娘を預かってもらうことができました。
しかし、さすがに一週間やそれ以上となると頼みにくい。
娘も心細いでしょう。

そんなとき、夫は必ず日本からやってきてくれました。
夫が私の訓練スケジュールに合わせて融通をきかせられたのは、
夫が会社を辞め、自分で起業し、すべて自分でやっていたからでした。

けんかをして、たとえひどいことを言ったとしても、実際には駆けつけてくれた。
そしていまは、そばにいてくれる。

そうやって考えていくと、夫の優しさが見えてくる。
けんかのときに言われた言葉を、いちいち気にするのはもうやめよう、と
思えてくるのです。

たぶん、本当の気持ちというのは、言葉より行動に表れるものなのでしょう。
家族というのは、互いに気を許しがち。
よって、ときにはひどい言葉をぶつけ合ってしまう。

でも言葉に真の気持ちはない行動にこそある

だから言葉でなく、行動を見よう、と思うのです。

そして、やってくれたことに対してありがとうと思ったら
「ありがとう」とちゃんと伝えようと心がけています。


大変苦労もされ、宇宙飛行士と妻、母を両立されていたんだと、
つくづく思いました。がんばったんだろうな。

そして私も周りに対して、言葉だけでなく行動を、そして感謝の言葉を
忘れずにがんばろうと思いました。

働くママだけでなく、子どもをもつ母親として、妻としても面白いですよ。
ご主人も普通の男の人。でも彼女の夢のために彼女のサポートをしてる。
ステキなご夫婦でした。

やっと1Q84の3も図書館の順番が来て今日借りてきました。
楽しみ、楽しみ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加