追伸。そろそろおまえも隕石を買うように。 母より

母の言うこともときには耳に入れておこう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お尻の黒ずみがもう嫌~!

2016-12-07 19:50:30 | 日記
こんちゃ!ちょっと知ってましたか??オシリの黒ズミが出来る部位ですが、ライフスタイルによって変わりますが、床ズレが起こる場所やオシリの先端や割れ目足の付根の部分が多いです。

パンティのゴムが当たる場所も、黒ズミの原因です。

普段よりも擦れるために、オシリの肌のターンオーバーが乱れます。

オシリの保湿をする事をしないと、肌がドンドン硬くなってくるのは仕方がありません。

オシリに黒ズミが出来ると一口にいっても症状が違います。

お尻にできるニキビですが、座る時に痛みを伴いますし、ニキビの跡を放っているとオシリは黒ズミがひどくなります。

下着が合わずにストレスを与えれば黒ズミの原因として考えられる事です。

夏は汗をかきそのままですとすぐにオシリに黒ズミができます。

お尻の黒さ以外にも、Vゾーンやデリケートゾーンと呼ばれる場所、擦れて起こる内側の黒ズミも、普通の女性でも、気にしているかもしれません。

ガサガサしたオシリは、保湿を行ってあげることで正常になりますのでお尻のデキモノなどの黒ズミはしっかりと保湿をすることが重要です。

ニキビ跡がオシリに出来るのが黒ズミの原因の一つになるという所もおぼえておく必要があります。

オシリは菌が繁殖しやすく、根の深いニキビが出来てしまう状態といえます。

蒸れと対照的に乾燥しやすいお尻に特化した肌トラブルです。

このような環境下ですので、お尻には肌ストレスが溜まってターンオーバーが崩れ肌が硬くなります。

お尻の黒ズミが気になる方は普通の生活を見直しながらお尻に優しい生活を心がける必要があります。

パンティなどの下着身体を洗う洗剤の成分にも注意してあげることで、おしりの黒ズミの防止を防ぐ事ができます。

下着などは綿100%を使います。

化学繊維は肌が敏感になるので負担があります。

身体を洗うスポンジも注意が必要です。

黒ズミが悩んでいる方は多くいます。

お尻のまわりに出来るニキビや、それが擦れて黒くなっている方も非常に多いのです。

病院などで観てもらうことは恥ずかしいと思う女性が多いです。

オシリ特有の状況下です。

黒いオシリを気にする女性はどういったスキンケアをすればいいのかのでは?おしりの皮膚が汚くなって恥ずかしいと感じている女性はどういった事で恥ずかしい思いをしているのでしょう?たとえば彼氏と温泉に行ったり、社員旅行で同僚と着替える際だったり恥ずかしいかもしれません。

また、若い女性であればオシリがみせる下着をきれないとか、ママさんの場合はコドモのプールや風呂で恥ずかしい思いが出てくるでしょう。

お尻の黒ズミ改善のやり方は自宅でお尻黒ズミ改善のクリームを塗る以外もあります。

エステで観てもらったりするのがそれです。

病院で黒ズミの塗り薬もありますが処方がほぼステロイドですので、肌がアレます。

エステでオシリを見せるのは悩みですし、レーザー治療は金額も高いし、デメリットの方があり沿うです。

オシリの黒ズミに効果のあるスキンケアクリームも販売されているのです。

なぜ、お尻まわりに特化したスキンケアクリームがあるのでしょうか?通常スキンケアのクリームでは黒ズミには効果ないのでしょうか?お尻の環境はお尻の肌の状態は普通とケアが違います。

ですので、お尻の黒ズミに効果があるクリームが必要なのです。

お尻の肌の特質というのは独特な肌反響なのです。

保湿は一般のクリームでは不可能です。

オシリに黒ズミが出来る原因をあなたはご存知でしょうか?それはお尻の独特な過酷な状態になります。

おしりの肌の状態は、顔とは全然違います。

汗の蒸れなどを通気性のないまま覆っている状態で座ってシゴトをするのが殆どなので皮膚が固くなってきます。

お尻の肌に皮脂が詰まる状態で、毎日過ごすためオシリまわりの皮膚が刺激をうけている状態になっているのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | サヤ取りという手段をご存知... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。