追伸。そろそろおまえも隕石を買うように。 母より

母の言うこともときには耳に入れておこう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サヤ取りという手段をご存知ですか?

2016-12-20 20:22:37 | 損切りルール
多くの手法が存在するFX投資ですがその中でもサヤ取りという手段があります。

サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、割高な方を売却し、割安な方を購入して売り上げを出すというものになります。

投資家の中にはスワップ金利を利用してサヤ取りをしている方々もいらっしゃいますが、どちらの手法も要領を掴むまでは中々利益はでないと思われます。

とにもかくにも、システムとオーダーの出し方をインプットしましょう。

スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なうFX投資の人気が高まってきており、業者によるFX用アプリの提供も同様に増加中です。

そういう業者のうちいくつかは、自社のFXアプリを使用してFX投機(投資)をスタートすることで、特典を得られるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。

ネット上の評判を捜してみたり、また実際に自分で試してみるなどしてじゅうぶん比較検討し、見やすい、スムーズに使用できるなど感覚の合うアプリを見つけ出すのが良いですね。

株式投機(投資)など他の投資でも同じことですがFX投資では、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。

投資を少しでも知ればわかりますが、絶対損しないということはあり得ずむ知ろ損失は必ず起こります。

どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかは投機(投資)の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて大切なポイントとなるはずです。

ダメージを最小限にするために、自分で損切りルールを決め、絶対にそれを厳守するよう徹底しましょう。

比較的気軽に始めやすいFX投資ですが、まずたくさんあるFX業者を注意深く比べて、投資可能額、投機(投資)法、それらによく適した業者を選んだ方がよいです。

業者をどこにするかで損益は変わってきますので、熟慮が必要です。

FX業者さんは手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、最低取引単位が小さいところだと準備資金が少なくて済むので初心者にむきます。

それから頻繁に使うため、意外と重要視したい取引ツールも業者ごとに違ってきますのでデモ取引をしてみるなどいろいろ試してみるのがいいようです。

ここのところよく見かけますが、タブレット端末を操作して隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。

帰宅してからわざわざパソコンを立ち上げてチャートを見てやっと取引スタート、というのよりずっとスピーディで、いつ、どこででもできるというのが大変な利点となっています。

チャートアプリなども大変充実してきましたので、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。

将来はより一層、FX投資にモバイル機器であるスマートフォンやタブレット端末を使う人々は増加していくばかりでしょう。

ところで、FX投資を行うことにより年間20万円を超える利益を出せた場合は、大事な確定申告を行ないましょう。

申告手続きに際し、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得た利益分から引いておけます。

仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、確定申告はしておきましょう。

申告しておくと、損失分を翌3年間は繰り越せることになっていますから、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。

多くのFX業者さんはFX取引を始めたい人のためにFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは是非とも使っておくのが良いです。

バーチャルトレードですからどう転んでも損が出ることはなく、その業者でFX取引に使用するツールそのもののあつかい方を学べるのは大きいです。

あまり性急に手持ち金を使ってFX投機(投資)に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、手順ややり方にある程度慣れるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。

他の金融取引とは違うFX投資の特質の一つとして24時間取引できるというのがありますが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。

それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、日本では大体21時〜AM2時の間あたりは取引が活発になり相場が動きやすいとされています。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯に限らず、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで為替相場が大きな動きを見せることがありますので、相当の注意を払っておくべきです。

ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか頭に入れておくと良いでしょう。

強制ロスカットというものがFXにはあります。

決済せずにどんどん増えていく含み損が前もって定められた水準を超えた場合、FX業者による強制的な決済が行なわれるのです。

ただし、強制的なロスカットが行なわれる水準に近づくとマージンコールというものが発せられて教えてくれるので不足分の証拠金を追加で入金すると強制ロスカットが行なわれることを防ぐことができます。

また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率はFX業者がちがえば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。

FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、口座開設をどの業者で行うのかを丁寧に吟味して頂戴。

投資用の口座開設は苦労のいるものではありませんが、必要以上に口座を設けると管理をするのが面倒になります。

最初の口座開設でキャッシュバックなどといったキャンペーンに惑わされないで、あなたに似合うFX業者さんをチョイスしましょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お尻の黒ずみがもう嫌~! | トップ | 家庭が崩壊するくらいFX投資... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。