がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ
Said q winning




監督:スティーヴン・フリアーズ

出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ、レベッカ・ファーガソン、ニナ・アリアンダ
あらすじニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。

ん~。なんてステキな世界を歌ったのかしら
ねぇ 私、劇場で 彼女の歌声を聴いた時 笑いが止まらなかったの
歌にストーリーがあったの。そして、私の生きている場所の窮屈さもあったけど
彼女の歌声を聴いていたら、気持ちが晴れやかにもなったの
そりゃ、オペラ~コンサートの最中にバカ笑いはマナー違反とは知ってるわ
ううん。違うわ
最初は、わたし フローレンスを馬鹿にしていたの
でも何故かしら?!フローレンスの歌声を笑う世間の人々の事が嫌になったわ
フローレンスに共感したわ。
だって 私、フローレンスの歌声が大好きになっちゃったの

彼女は 私の元に大きな荷物とともに莫大な資産を受け継いで病を抱えて来たよ
そりゃー「妻」だからね。看護しながらその歌の素晴らしさを称賛し続ける
いや。ニューヨークの社交界の顔として華麗なる日々を過ごすフローレンスだ

歌手として喝采を浴びることを夢見た妻の願いをかなえるために、
あらゆる手段を駆使して支える
彼女の音楽活動、そこには支援する為の金策が欠かせないから
批評家等を買い占めて、彼女の歌を「認めているオーディエンスだけ」にしたのさ
そう。彼女は 音痴だった。それを気づかせぬように手を回したわけだ
彼女の歌の伴奏にピアニストを募集した。内気でも、腕は抜群の彼さ
ま。まっとうなオーディションとは言えないのだが・・・
それもこれもフローレンスの為さ
類まれなるオンチの彼女
猛特訓して目指すのは、全てのアーティストの憧れの聖地
それを見て見ぬふりをして歌に邁進し、ついにカーネギーホールで歌う
彼女は、カーネギーで歌うと言ったさ 
無謀なチャレンジだ。無茶だ!!!!だが何故だろうか
私は、フローレンスの夢を叶えたいのだ
サクラの客の呼び込みや新聞の買収さ。
愛人がいたとて、彼女への愛は同志のような見守りのような私だ
それはそれとして・・・あ。いやカーネギーだ

まぁ、まさか、専属ピアニストになるとは思わなかったよ
ピアニストとして、キャリアに傷を作りたくなかったのが本心
いや~実は金の魅力に負けて、音痴歌のサポートに引きずり込まれたってのが正しいか?!
フローレンスが自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気付かないまま歌手の夢を追う
その姿に、愛しさと慈しみの気持ちになったよ

でも。私は、彼女の音痴を見て見ぬままには出来なかったな
初めてフローレンスの歌を聴いて、顔が引きつっただろ
笑ってはいけない。笑えばお金が貰えなくなる
それでも、彼女の輝きが私には素晴らしかった。
何だろうな。友情も抱いていたのかな
もともとはあった音感は薬害により、失われ、ねじれた神経でも、彼女は音感を感じていたと思う
米兵を招いたチャリティ・コンサートをカーネギーでしたいって!!!!!
カーネギーで!


ねぇカーネギーのコンサートは素敵だったわ
微妙にずれた音程と乙女チックな衣装と輪笑われても
私は、彼女の歌が大好きだわ
愛しいの。ただ愛しいの。
酔っ払い水平も、記者も、私の知り合いの社交界のメンバー達も
見た? 見事に彼女の歌を楽しんだわ

音痴だからって?!
とんでもないわ!だって 「楽しむ」音を楽しむの音楽よ
マダム・フローレンスは、見事に「楽しい音」を魅せ込んだわ
私の 愛しい マダム・フローレンス💓

ふふふふ。皆様、それぞれに御感想があるわね
そうねぇ
ワタクシは、全て知っていたのですわ
ワタクシのパートナーは、愛人もいるけど
それでも、ワタクシに「夢と希望と愛」を一緒に歩んだわね
如何?!ワタクシの映画をご覧になられてみて
ほんの少しだけ、ワタクシを観て、楽しんでいただけたかしら

ホホホホホホホ
毎日毎日、疲れて、辛くても、音楽は欠かしてほしくないわね


な~んて、フローレンスからのメッセージが?!
全てわかっていたのかもしれない
マダム・フローレンスは、全部を理解していたのかも
そんなふうに思うと
ちょっとドキっとクールな感じ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« ジャッキー/... Ⅹ-MEN  »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画:マダム・フローレンス Florence Foster Jenkins「2016年 最も笑った映画」認定のワケ...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ちょっと前にDVDでみた「偉大なるマルグリット」も同様のプロット。 どうも同じ原作(実話)をフランスが先に映画化していたらしい! その「偉大なるマルグリット」の主演は......