がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ
Said q winning




監督:ピーター・バーグ

出演:マーク・ウォールバーグ、ジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン
あらすじ2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。

2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件を映画化した
この作品は、102時間の世界を描いている
102時間=犯人特定から逮捕まで=緊張感ある展開
実際にはどのようにして捜査が行われていたか
犯人の計画

当時の実際の映像も使われている分、この事件に実際にあわれた方達は
とても辛い事を思い出し、複雑だろうかと感じてしまう
アクションでガンガンドンパチでは無く全てがりあるなので
緊張感があり、実際に起きていた事だと、よくわかる

マラソンが始まる前、何時もの生活が・・・
起きる。パニックの世界が起きる。
何も知らずに、自分に起きたらと思うと怖い。恐怖だ。混乱。

現場の模様を再現し、防犯カメラを用いて

犯人を割り出す





激しい銃撃戦
判断は、クールに。
行動は、スムーズに

遺体をそのまま現場に残す
もう、どうしようもない
現場にいるものは、辛いのだ
だが、助ける事はしない。いや無駄なのだ、生命は絶っている。
生き返ることは。ありえないのだ
わかっている。わかっている。
が・・・
ただ、見守るだけしかできない
それも愛なのだ。
悲しい。己の仕事



この作品は、如何にして犯人逮捕を行ったかでは無く
ボストンを FBI・警察を始め、市民、住人がボストンを愛し解決していったか
ボストンの市民が主役だ


近年。世界で、テロが起きている
日本も・・・と思うと
このような素早く、冷静で計画遂行ができるかと思うと不安にもなってしまった






コメント ( 2 ) | Trackback ( 3 )



« Ⅹ-MEN  ハクソー・リ... »
 
コメント
 
 
 
市民が主役 (ノルウェーまだ~む)
2017-06-16 10:56:27
qちゃん☆
突出したヒーロー的主役を作らなかったことで、より市民みんなが主役になったよね。
派手な演出を加えなかったのが、よりリアルで良かったわ♪
 
 
 
Unknown (q これは~凄っっ)
2017-06-16 15:57:04
まだーむ♪
市民が主役であり
捜査側、犯人側、被害者側の視点を交錯させ
弛緩させることのないサスペンスだったね

サンダースの人格も
ヒューマニックだったのも
この作品の良いパーツだったなぁ
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
パトリオット・デイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【PATRIOTS DAY】 2017/06/09公開 アメリカ PG12 133分監督:ピーター・バーグ出演:マーク・ウォールバーグ、ジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハ......
 
 
 
「パトリオット・デイ」☆ヒーローは市民 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ここには事件を解決する特別なヒーローは一人も出てこない。 それは主役のマーク・ウォールバーグでさえも。 そのかわり市民の一人一人がヒーローなのだ。
 
 
 
「パトリオット・デイ」 (ここなつ映画レビュー)
主演マーク・ウォルバーグ×監督ピーター・バーグ。私にとっては是非モノの作品である。2013年に起こったボストンマラソン爆破事件の真実を描く作品。そう、期待通り大変面白かった......