がははは♪qで映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
映画達に愛の眼差しで突っ込みだ
Said q winning




近いから
 藤子・F・不二雄ミュージアムにも
何回か 行ってるからな~

藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品

ストーリー東京の郊外に暮らす運動オンチで勉強もできない少年、のび太。ある日、22世紀か ら子孫であるセワシがドラえもんと一緒にタイムマシンでのび太を訪れる。のび太が作った借金が原因で、セワシのいる代まで迷惑をこうむっていた。そのため セワシは、のび太のために世話係のネコ型ロボット・ドラえもんを連れてきたのだ。こうして、のび太はドラえもんと暮らすことになり……。

うるうるした~

けど ドラ泣きしなかったーーー

小学生の頃の私は 日本語は聞いてわかってても
すぐ 「反応」できなかった
必ず 英語に変換してから理解してた
そんな私に多大なる愛で今も包んでいる両親。
当時 日本語を教えるのに アメコミやドラえもんの マンガを買ってくれてた
ほぼ 揃ってるんだよ~
小学生の頃 この ドラえもんのマンガを読んだり
アニメで観た後は 「しあわせの世界ってこういう感覚かな~」とか思ってた
  浸ってた?!いや 萌えてた?!?! 
 妄想 好きって 子供の頃から変わってない・・・ 
    多分だから・・・
 あ゛突っ込まないで
 あぅ


ちゃんと 今も 本棚にあって 読んでる
 てんとう虫コミックス

ドラえもんを見て育った「大人」の世代にとって
この映像にドキドキして
 
イキイキとした迫力の映像

 
どこでもドアだよ~


22世紀から孫の孫にあたるセワシとネコ型ロボット・ドラえもん

のび太にとってドラえもんはどういう存在か
で それに対して「STAND BY ME」なんだねぇ

 
のび太の「STAND BY ME」ってコトにしちゃう方が良いような

 突っ込みも色々でしょー!!!
ツッコミっていうなら 太夫木 CM かよぉぉぉぉぉ イラっっっ (超嫌っっっ)



蛇足 コーシャクだよね~ 

   
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 怪獣大作戦 ... ゴジラ・エビ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。