撮り散らかし鉄の記憶

撮り散らかした鉄道写真の中から記憶に残るシーンを

阪急 夙川(2017.7.16) 6021F 甲陽線回送 入れ替え

2017年07月16日 11時39分30秒 | 阪急
先程の投稿の続きで、夙川駅で甲陽線回送の入れ替えしている様子を撮りました。

1枚目は、一旦、神戸三宮方面に進行した6021が、運転士が梅田寄りの運転席に移動して、渡り線を通って上り線に進入するところです。



2枚目は、上り線ホームの神戸三宮寄りに一旦、停車中の6121です。
ここで再度、運転士は神戸三宮寄りの運転席に移動しています。



3枚目は後追いで、夙川駅の折返線に進入する6021です。



4枚目も後追いで、夙川駅に折返線に進入した6021です。
折返線の奥に停車すると、運転士は再度、甲陽園寄りの運転席に移動します。
僅かな間に3回も3両編成を行ったり来たりで、運転士も大変なようです。

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪急 夙川(2017.7.16) 602... | トップ | 阪急 夙川構内踏切(2017.7.16... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ななうらです (ななうら)
2017-07-17 19:33:19
HK559さん

夙川駅の神戸本線 大阪方に渡り線を敷設すれば折り返し回数を減らすことができますが、本線上りホームを逆送することになるので、ダメということでしょうか。

3両とはいえ、約57mを3度ですから、乗務員さんはいい運動ですね。
折り返し線も有効長ギリギリのように感じます☆
ご来訪有難うございます (HK559)
2017-07-18 07:23:11
ななうらさん

ご来訪頂きまして、有難うございます
神戸線のホームが、もう少し西宮北口駅寄りだったら、上り線を通過して、引上線に一気に進入できる配線も可能だったかもしれませんね

スペースが無く、使用頻度も少ないので、このままとなるでしょうね
乗務員の方は、移動の頻度が多くなり大変だと思います

今津線の西宮北口駅止まりが入庫の際も、上り線を一旦逆送して折り返します
この時は一度だけですが、6両分を一気に駆け抜けなければならないので、距離的に大変だと思います

引上線は奥まで行って停車する前に撮ったので、ギリギリに見えると思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。