撮り散らかし鉄の記憶

撮り散らかした鉄道写真の中から記憶に残るシーンを

名鉄 大曽根~矢田 (2013.7.20) 6031編成 新美南吉誕生百周年イラスト系統板

2017年07月12日 22時20分10秒 | 名鉄
4年前に瀬戸線で、新美南吉誕生百周年イラスト系統板を付けた6000系を撮りました。
童話の「ごん狐」で知られる児童文学作家の新美南吉は、愛知県の出身で教員をしていたそうです。
2013年が生誕百周年とのことで、新美南吉ゆかりの地でイベントが開催されていました。
地元の名鉄でも名古屋本線系統だけでなく、瀬戸線でも新美南吉誕生百周年イラスト系統板を付けた列車が運転されてました。

1枚目は大曽根駅からの高架が終わって下り勾配を快走するク6031の準急 尾張瀬戸行きです。
この時点では青々としてますが、春先には桜並木で撮影名所になる場所です。



2枚目は後追いで、矢田駅に向かうモ6231です。
系統板には、新美南吉童話のイメージキャラクター ごん吉くんが描かれてます。

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江ノ電 鎌倉(2017.7.9) 20... | トップ | 名鉄 守山自衛隊前~矢田 (20... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ななうらです (ななうら)
2017-07-17 19:02:17
HK559さん、こんばんは。

ごん狐、だれもが読んだことがある童話ですね。
たまたま今日の昼間のテレビで、このお話の読書感想文の紹介があり、すごいタイミングだと思いました。

適度にくすんだ朱色がいい味を出していますね。もう先は長くないのかもしれませんが、可能な限り活躍して欲しいです☆
ご来訪有難うございます (HK559)
2017-07-18 06:22:30
ななうらさん

ご来訪頂きまして、有難うございます
ごん狐のはなしには、子供の頃に泣きました
調べてみると、新美南吉は愛知県半田市の出身で、安城市で教員をしていたそうです
名鉄でいくと、名古屋本線系統の方が本当の地元になりそうです

瀬戸線は独立した線区なので、直接的な所縁はなさそうです
瀬戸線の6000系は全て引退しており、現在では名古屋本線系統でしか見ることができません
名古屋本線系統でも、引退が始まっているようです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。