カメさんのチャイナ♪チャイナ♪

中国大好きなカメさんの自由空間

続続・機内食

2007-09-04 22:06:37 | Weblog
カメさんは今までにファースト・クラスに一度、ビジネス・クラスに二度搭乗した経験があります。

ファースト・クラスは20数年前の台湾旅行の際に、どうしても格安航空券が入手出来なかった時にやむを得ずに当時の料金で15万円余りの大金を支払い、大韓航空を利用しました。

搭乗の際にスチワーデス(古い表現ですね)が上着を預かってくれ、シートに座るや否やドリンクサービスとしてシャンペンの注文を聞かれましたが、何故かオレンジジュースを注文(カメさんはビール以外のアルコールは飲めないのです)
その際の機内食はプラスチックの容器じゃなくて陶器の皿が用意され、ビーフor魚の事前質問ありで、ビーフもお替り自由。ドリンクも次から次に注文伺いがあり、落ち着いて食事も楽しめなかった記憶があります。

最後に搭乗記念にKALのマークの刺繍されたネクタイをもらいました。

次にビジネス・クラスの搭乗は五年前の2002年4月が第一回目。
上海・虹橋→関西空港を格安航空券で中国国際航空を利用した際に、事前にリコンファームを実施しておいたのが効果あったのか、虹橋空港のチェックインカウンターで多くの客が搭乗拒否されていた中、無事に搭乗券をゲットしたところ、なんとそれがビジネス・クラスの座席番号であった。
食事の内容はエコノミーに比べると良かったが、ファースト・クラスに比べれば大きく見劣りしました。ただドリンクサービスだけは中国の航空会社であっても自由にビールのお替りが出来ました。

第二回目のビジネス・クラスの利用は第一回目と同じ年の8月のお盆休みの最終日。
上海・浦東→関空間で、しかも航空会社はJAL。
浦東空港のカウンターでオヤジ四人組が同時に搭乗手続きをした際に、何故かカメさんだけの搭乗券の番号が大きく異なっているではないか?
機内に乗り込み座席を確認したところ間違いなくビジネスシートでしたが、機内食はエコノミーと同じ内容だった・・・・
JALさんでもこんな事があるのかなぁ~と思った経験です。

画像は参考までにANAさんの青島線での食事です
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・機内食 | トップ | 究極の機内サービス? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事