カメさんのチャイナ♪チャイナ♪

中国大好きなカメさんの自由空間

可部線完全乗車

2017-06-22 21:59:02 | Weblog

先日のブログにてゾンビ路線を乗車してきたと書込みしましたが、そのゾンビ路線は山陽本線の横川駅から伸びている可部線です

この可部線をゾンビ路線と呼ぶのははなはだ失礼な表現ですが、一度廃線になった区間が今年の春に復活して営業開始となった非常に珍しい路線なんです

営業距離も16キロ程度の広島近郊区間の電化路線でしたので、運行本数も一時間当たり3本から4本あり、今までの18きっぷ利用の際にちょつと乗ってくれば・・・・と言う程度の路線ですが、実はその時点での可部線の終点は可部駅までの営業

かっては可部線は総路線距離が60キロほと゜あって、終点は広島県と島根県の県境近くの山間の観光地『三段峡』まで運行されていたのが赤字の為に可部駅以北の区間は2003年で廃止となってしまいました

それが地元の要望で可部駅から二駅分がこの度復活して今年の3月から営業開始となるのが判っていたので乗車するのを待っていたのです

さりとて西日本地区はほぼ全路線を乗車しておりますので、この可部線に乗車するには非常に無駄と言っては鉄ちゃんとしては失格なんですが効率が悪いのは事実です

そこで今回のクルマで回る中国地区の日程に組み入れて備後落合駅訪問の後に可部線乗車に向ったのでした

まずはクルマを駐車するのにベターな駅として可部線の『梅林駅』を選択し、その駅から乗車です

 

梅林駅は可部線の途中駅ですから上りか下りを決めて乗車する必要がありましたので、まずは先に来た電車に乗車して広島方面に向かいます

全区間電化はされていますが単線の上、運行本数が多いので行違いの待ち合わせが何度もあります

 

そうして可部線の起点駅である横川駅に到着しますが、電車は全て広島駅まで運行ですから単にこの駅は通過駅

 

横川駅での可部線ホームは5番線。向かいのホームは山陽本線、そしてその後ろには新幹線の高架となっています

 

横川駅で下車した後は下りの可部方面行きの電車に乗車

途中駅になった可部駅に到着

 

可部駅の様子。路線復活に伴い駅舎も新しく改築されたのでしょうか?

 

この可部駅を発車して二駅、距離にして1.6キロガタン・ゴトンと走ると終点の『あき亀山駅』に到着して可部線完全乗車達成

 

行き止まり駅の雰囲気があります

 

駅舎も真新しいですが終着駅としては無人駅ですのでちょっと寂しい感じがしました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本一のターミナル駅 | トップ | 三江線全駅訪問その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。