風の誓い

ここにブログ説明文が入ります

初めて他人にお金を貸した時のエピソード

2017-05-18 22:06:00 | 日記
私が初めてお金を他人に貸したのは、大学生の頃でした。



友人と待ち合わせをしていた私は、駅を降りて約束の場所へ向かっていました。その時、後ろから声をかけられ振り向くと20代後半くらいの男性が立っていました。ナンパかと思い、無視して歩き出そうとすると男性が「道に迷ったんです。地方から初めてここへ来たので。お財布もどこかに忘れてしまって・・・。」とすまなそうに言いました。私は心配になり、大丈夫ですか?と言いました。すると男性は、「必ずお返ししますのでお金を貸していただけませんか。」と言いました。そういうことなら、と私は財布を開け5千円札をその男性に渡しました。



男性はホッとしたように笑い、持っていた紙に連絡先を書いて私に渡してきました。私は約束の時間が迫っていたため、気をつけてくださいねと男性に言い残しその場を去りました。



その後友人にこのことを話すとひどく叱られました。騙されたに決まってるでしょう、と。その時の気持ちは今でも忘れられません。見知らぬ人を騙してお金を取る人がこの世にいるの?と。周りからは叱責の嵐でしたが、私は悲しい風に捉えたくないので、今でもあの男性は本当にお金に困っていたんだと思うようにしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 店舗を運営する為の資金を銀... | トップ | 貯金通帳の記帳すらしなかっ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL