はんぐんまるこんぶはごいっそよ

忘れるのがあまりに早すぎて・・・

スンドゥブチゲ

2017-06-22 17:37:48 | 日記
東京へ出張でやって来た。
朝5時半会社の単身寮を出発して新幹線のぞみが東京についたのが午前11時過ぎ。
新橋演舞場の近くへ行って、うんと辛いチゲを注文するつもり。
会社とは逆方向だけど、時間は充分あった。





店の看板が変わっていた。
オーナーの他に三人の男性従業員と思しき面々がカウンターの中に。
以前もきれいな店内だったけど、さらにきれいになったカンジ。



また純豆腐チゲをオーダーしたら「辛くても大丈夫ですか?」と、どこかで聞いたようなことば。
「うんと辛いので汗かきたいです。」と言うと
「韓国から仕入れたばかりの青唐辛子を入れましょう、辛いですよ!」と。

ホントに辛くて旨かった。その青唐辛子まるまる1本入れてくれた。
スマホを渡して、3年前のブログ記事を見てもらったら、なんかすごく喜んでくれた。

カウンターの中にいた若くていい感じの青年は息子さんなのかな?
ふたりでうれしそうに笑ってた。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とても平和な雰囲気で | TOP | 豚の夢 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 日記