三十六計逃げるに如かず

計略はたくさんあるが、困ったときはあれこれ考え迷うより、機を見て逃げ出し、後日の再挙を図れということを教えたもの。

妻の実家の借金返済1000万円。

2017-02-13 | マネー

わたしと妻は25歳の時に結婚しました。
わたしの両親は普通の会社員でしたが、妻の実家は工場の経営を行っていました。
昔はもうかっていたみたいですが、景気の悪化に伴いずっと赤字続きだったみたいです。

結婚して1年後くらいに、工場を処分する事になりました。
その時の借金が1000万円ほど残ってしまいました。
妻の両親は60歳を超えています。
再就職先も正社員ではない為、妻の両親だけでは支払いが厳しいという事もあり、わたし達夫婦も借金返済を手伝う事にしました。

当時わたしは、正社員で働いていましたが、妻は専業主婦でした。
子作り中でしたが、借金返済のため、いったんあきらめて、妻もフルタイムのパートを始めました。
出費を抑える為に、わたしたち夫婦は妻の実家に一時的に同居する事にしました。

家事は妻の母親が担当し、わたしたち夫婦と、妻の父親がお金を稼ぎ、一月30万円ほど支払いに充てました。
わたしのボーナス月はプラス10万円だったので、一年間に400万円程の返済だったので、すぐに返せるかと思っていましたが、それなりに金利も高かったり、妻の父親が亡くなったりといろいろあり、完済まで5年ほどかかりましたが、苦労をみんなで乗り越えることが出来たので、なんとか幸せな生活を取り戻すことが出来ました。

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 借金返済していると働いてい... | トップ | 東京海上日動火災の自動車保... »