司法政策の環境を知るには?

毎日の出来事をいろいろと書き綴っていきます。

派遣という立場で、看護師…

2016-10-12 05:47:59 | 日記
こんにちは。今日は派遣という立場で、看護師が仕事をする際には、良い点や悪い点が存在するのです。利点としては長い期間働く必要がなく、条件や都合に沿って別の職場に自由に変われることです。不利益な部分は昇給やボーナスがないので、比較的、長期間の勤務には適さないということでしょう。

少子高齢化が深刻化してきている日本で注意され続けているのが、医師や看護師に人手がないことです。新聞やインターネット上でも深刻な問題として話題にされることがとてもよくあります。看護師に憧れて、難関の国家資格を手にすることができたのに、辞職する人が後を絶ちません。なぜかというと、憧れと現実のギャップが大きく違うというのがあるのでしょう。

看護師の資格について詳しく言うと、その免許には、看護師と准看護師の二種類が日本にはあります。普通は、准看護師の資格で働いている人は、キャリアに磨きをかけるために、看護師の資格を取得することを目標にします。准看護師と看護師を比べると、専門知識のみならず、待遇面でも、とても差があります。

もともと看護師は、病院やいろんな医療機関でものすごく大切な役割を受け持っています。ですが、多くの病院や医療機関では看護師不足に頭を悩ませているのが現状となっています。医療現場では、深刻な看護師不足の問題を解消しておりません。これからは、少しでも早くこのような問題を解決する必要があるでしょう。気になる看護師の平均年収は、あんなに激務である割には、高額ではないのが事実であるようです。そのため、いつもよりよい賃金を支払ってくれる職場を求めて転職のために活動している人がいるのです。賃金が高い病院は、とても人気があり稀にしか空きが出ないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職活動をしている人もいるようです。

昔は男性の看護士に制限して、士という文字を使用していました。ところが、今は男でも女でも、看護師の仕事をしていれば、師を使うように変更されています。看護師と看護士が共存していると、トラブルが発生する場合も考えられるので、統一されたと思われます。ではでは!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンガポールは、汁物も何… | トップ | 妊娠初期の胎児にとって非… »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。