愛しきものたち

石仏、民家街並み、勧請縄、棚田景観、寺社、旧跡などが中心です。

奈良、天川村栃尾観音堂の円空仏

2010年11月29日 | 神事:行事:寺社: 仏像

天川村の中心地村役場の有る河合の交差点より県道59号線で十津川支流の天ノ川沿いにあの天川弁財天を過ぎ、南西進すること約15分,天之河沿いの小さな集落栃尾に着く。

集落の入口辺りには円空仏の幟がはためき誰にもそれと解る。

県道59から左折、天ノ川にかけられた橋を渡って観音堂の有る山裾に車を進めると駐車場も有り、近代的なトイレまで用意されていて驚き。

 

観音堂は質素ながら1.5間四方の高床素木のお堂、勿論開けっ放しのお堂はいつ誰が行っても参拝出来るように成っており,どこかの有名社寺の様に拝観料を採るでもなく管理人が居る訳でもなく、そんな処にはこちらはこちらで賽銭も弾みたくなるから妙なもんです。

この道路は何度となく通るのにここを訪れるのは今回が始めて、円空仏がこんな奈良の山奥の村に有るとは最近まで知らなかった。

この観音堂ではつい最近までこれらの仏像は弘法大師が一夜にして刻んだ仏像として信仰されてたようで、関西では何でもかんでもお大師さん、円空さんも草葉の陰でにが笑いしてたのかも・・・・。

観音堂の祭壇はガラスの扉が取り付けられてるものの真近まで寄って参拝撮影も出来る。

中央には聖観音立像137cm、脇侍は弁才天と金剛童子でそれぞれ約85cm、特に左端に祀られた御法神像は円空が初めて刻んだ御法神像として注目されているようです。

円空仏のあの荒々しい彫りに穏やかな微笑みをたたえてその特徴が良く現れています。

円空は生涯に12万体の仏像を彫ったと伝えられる。現存するものでも5000体を超えるといわれているが、その大部分は円空の故郷、美濃、飛騨地方で4000体を数えると言う。 円空はその生涯を山岳修験者として暮らしこの天川村の大峯山にも2度入山、越年修行の際に刻まれたものがこの栃尾観音堂に安置されたもの様です。

観音堂左手の斜面には円空お手植えだとする公孫樹が有って色を添えているようです。

撮影2010.11.20

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三重、伊賀西高倉の棚田 | トップ | 奈良県天川村、広瀬集落 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (幽黙)
2010-11-29 22:22:09
愚生のネッ友さんも
つい最近行ってこられて
羨ましく思っていたところに
ダブルで紹介されると
なんだかなんだかです(笑)
円空とか木喰とか
言いようのない魅力がありますよね
Unknown (ぺん)
2010-12-01 21:10:40
ここの円空さん良いですよ。
全く偉そぶることなく庶民の信仰のまま生きてる感じがいいですね。
此処は十津川に行くとき良く通るルートですがそろそろヤバイ時期ですね。

これからは雪の多いところには出かけられないですね。
やっぱり雪は苦手です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む