まるは の ココロ

ああだこうだの工作日誌

次なるヘッドホンアンプ  288 「音が良いアッテネータ」なるもの

2017年06月15日 | Weblog

 ヘッドホンアンプをあれこれ作ってきましたが、アンプの入り口は、値段のわりに音が良いとされる

Linkmanの9mm角2連ボリュームを使ってきました。

 

しかしながら、ギャングエラーが極端な物やら、ヘッドホンアンプがいつもと音が違うので念のためとボリュームを

昔かって仕舞いこんでいた物に交換すると、あきらかに音が違う(駄耳ならぬ愚耳でも)など、製品の劣化度が

酷くなっている気がします。

 

となると、ボリュームを高い物にするか、廃止するか、の2つしかありません。

そこで考えてみました。ボリュームに音声信号を流すのではなく、GNDへ流す事に特化させればいいではないかということで

実験してみましたところ、なかなか良い結果がでましたので、他の基板を発注するついでに、小さな基板を加えておきました。

いきなり完成です。

この大きさですと、ダイソーの缶から、タカチのアルミケースに入れた、それぞれのヘッドホンアンプの基板に

接触する事もなく、収めることができます。

 

 -----

若干問題が出ました。

ボリュームに信号を流さず、単にGNDへ落とす事で音量変化させていますが、どうも定数に問題がでました。

 

試したのは2種類。

1つは入力側に比較的高抵抗を付け、ボリュームは50K(A)のまま、そしてそのまま

アンプにつなぎます。

もう1つは、最初の抵抗を低め(33KΩ)とし、ボリューム50KΩ(A)に並列に10KΩの抵抗を付けたもの。

 

ところが後者に問題がでました。ボリュームを最小にしても音漏れがあるのですが、急激に音が大きくなります。

そして音を大きくしようとボリュームを右に回しても大した変化がなく、かなり回さなければ最適な音量になりません。

 

結局、1つめの仕様に戻すことにしました。

いろいろ試してみないとわからないものです。

回路図と定数は後日。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  次なるヘッドホンアンプ  ... | トップ | 中華携帯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。