きらり。

最後は自分で書いて
おもしろいな、
楽しいな、
うれしいな、
そんな日記にしたいです。

小さな気づき…

2017-03-20 | お絵かき



きのう辺りから何となく調子がおかしい…

床暖房の不具合もあったが、それだけではなさそう
今日もいつもと同じような行動。たいして忙しくもなく、暇でもなく
なのに午前中の買い物を終えた辺りから、至極疲れやすくなった

一旦治った非定型歯痛が、痛いのではなく、今度は冷たい水がしみるのだった
体が疲れてくると歯の具合もおかしくなる人も多い
大した悩みもないのだが、ふと夫のことが気になりだした

メールの返信もないし、電話にも出なかった。悩みといえばそれくらい
いつもならそのままにしておくのだが、どうしても気になる…
午後になって電話をしてみた。ようやく出てくれたが、言葉は「うん、うん」だけを繰り返していた

話の内容は、修理の件についてだった。「ごめんね」を二度繰り返した
メールでも謝ったから三度謝った。夫の為ではなく、自分の為だった
このままだとまた私の体がおかしくなると思ったからだ

夫はいつも逃げてばかりで、理由をきちんということはない
電話に出ないのは今始まったことではない。その時から私は耳鳴りをともなった
私は夫と一緒だと体の調子がおかしくなる。自分でもなんとか直そうと努力した

しかしながら、どうしてもイライラしてストレスがたまってしまうのだ
お互い一人で暮らしてきたので、その蓄積があるのだった

息子との同居にもようやく慣れてきたが、夫はその倍かかるかもしれない
しかし、人として私も言い過ぎたところがあったので謝った。夫はその件に関して何も言わない
アルコールが入って、ようやく本音を言うことがある。ねちねちタイプである

性格的には、私が男性(夫)のようで、夫は女性(妻)のような感じである
私は怒ってもさっぱりと忘れるタイプだが、夫はいつまでもひきずる…

体が疲れやすかったのは、夫との連絡が取れなかったからだ
そのことにようやく気付いて、今ホッとしている。本当に気づかなかったのだ

たとえ私がガンになったとしても、夫は駆けつけることはないだろう
今までもそうやって生きてきた。これ以上関わることもない
私は「人として…」をわきまえているが、夫は「仕事が一番…」で生きている


自分の体がおかしくなるのは、自ら招いているからだ。誰のせいでもない
最初は何が原因かわからなかったが、ようやく気付いた
自分で悪いと思ったら、素直に謝る。気づかないうちに傷つけていることもあった


言葉の使い方がとても丁寧でも、やんわりと相手に気持ちを押し付けている方もいらっしゃる
自分では全く気づいていないのであろう… その言葉から何も(心が)伝わってこなかった
おまえ、そこは違うだろ?と思ってしまう




『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正直な気持ち。 | トップ | 自律神経のいたずら? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む