きらり。

最後は自分で書いて
おもしろいな、
楽しいな、
うれしいな、
そんな日記にしたいです。

薬よりも患者を診て。

2016-10-29 | お絵かき
ある小児科医師のことばは、かなり衝撃的でした

「今まで別の病院に行ってたと思うんだけど?」

「いいえ、別の病院には行っていません」

「いいのよ、別に」

「いいえ、本当に行ってないんです」

全く信じてもらえませんでした
病院をかえたのだと勝手に思われてしまったのです
その日は、ご機嫌斜めの診察となりました
こどもが小さかったころからずっとお世話になってる先生です
子供だって大きくなれば、それなりに丈夫になります
病院にずっと行ってないからといって、
どうして他の病院に行ってるのだと思うのでしょうか

先生は自ら、「私は皮膚科のほうが(も)得意なのよ!」

少しプライドが高いというか、話しをするにもずいぶんと気を使う先生でした
当時は、子供の頻繁に出る熱とアトピーでそれどころではありません
育てることに必死でした

今ではイクメン、と言われる時代ですが、
その頃から私は、(離婚し損ねた)シングルマザーもどきでした
私自身も虚弱体質であり、親子ともども熱を出すこともありました

それからすぐにまた小児科医の先生の所に行きました
症状を診てもらう為と薬をもらいに行ったと思うのです
すると今度はニコニコ顔です
再び訪れたことで、機嫌が直ったようでした

しかし、こういうタイプの先生は、何が原因なのかよくわかりません
診察をしてもらうたびに、態度が急変することがあります
それがどうしてもわかりません

ところが別のある病院で
院長と呼ばれる偉い先生のところでもまた同じことがあったのです

担当の先生が休みだった時、たまたま院長が診てくれました
最初は普通だったのに、二回目はなんか変でした

「うん?今いったこと聞こえなかったの?」

「すみません。私、耳の聞こえがよくないので、もう一度聞いてよろしいですか?」

すると、少し怒ったような声を出しました
その日は息子もいたのですが、私と同じようによく聞こえなかったといいます
二人でとても嫌な想いをしました

それからしばらくすると、今度は研修生のような若い人が隣にいました
珍しく言葉も丁寧で、いつもとあきらかに態度が違います

私の考えだと、患者に対していつも親切、丁寧、優しく接している先生である、
と印象付けているように思われたのです

その次は、私の耳の聞こえの悪さを利用したかのように
なんだか妙な話具合で、今度、こういう機械を取り入れたから、といわれ
そのまま骨粗しょう症の検査をされたのです

私は血圧の薬をもらいに診察を受けに来てるだけなのに…
さすがにおかしいと思いました。そして検査の結果がわかると

「今までにこれくらい悪い数値は見たことがない!」

「えっ?」

びっくりしてしまいました
そして、今度は薬を処方されてしまいます
すぐに予約を取らされ、私は生きた心地がしません
あきらかに、おかしいなと思いました

もちろん予約した日に行くこともなく、薬も飲みませんでした
金儲けの為に、私はしなくてもよい検査と薬を出されたのです
これが本当のヤブ医者、だと思ったのです
これが重なってしまい、病院=医者嫌い、となりました
またもっとひどいこともありました

二年前の夏、私は大人の自家中毒を起こしました
看護師さんでさえ、これはただ事ではない、と思ったそうです
ストレスではなかろうか?と結果ははっきりしなかったのです

また検査の結果もどこにも異常はないようでしたが、よく見ると
自家中毒を起こすと数値が上がる箇所がありました
素人でも調べればなんとなくわかったのです

私の子供も自家中毒を頻繁に起こしていたので
その症状をよくわかっていました
胃の辺りをおさえ、いつも痛い、痛いといって吐いていました
だから、直感でわかったのです

そうしたら、大人にも自家中毒があると知りました
診察を受けている時、私は意識が朦朧としていました

なのに、「ここにサインをしないと検査を受けられないわよ!!」

みごとに怒られてしまいました
苦しんでいる患者に対していうことばではないな、と思いました
医者も人間です
だから感情的になるな、といっても無理だと思いますが
百歩譲っても、あの態度はありえないことだと思いました

当時私の周りにいた看護師さん、それと待っていたほかの患者さんたちも
さぞかしびっくりしたと思われます。これが今の医者といわれる人たちです
もうひとつ気づいたことがあります

先日、当初の健診の通知書なのですが、塩分、という項目がありました
今はないようですが、どうしてなくなったのでしょうか
高血圧の原因が塩分の摂りすぎである、ということがわかったのです
13,9 17,9 これ塩分の数値です
よくこれだけの塩分をとっていたものです
自分でもびっくりするくらいの数値です

が、塩分も健康な人なら自然と塩分を排除できるしくみです
しかし、体の機能が衰えている私は塩分さえもうまく排除できません
だから少しずつ摂っていた塩分がたまってしまったのだと思いました

「痩せているのに高血圧」の原因が素人の私でもわかったのです
しかし、病院で検査をした時は原因を突き止められませんでした
あんなにお金を出して検査をしてもらったのに
なんというか、あまりにもおかしくて、情けなくて
医者は何を診て、何を調べていたのでしょうか?

「痩せているのに高血圧」ならば、どうして塩分のことに気づかなかったのでしょうか?
「食生活はどうですか?」「塩分摂りすぎていませんか?」
このようなことばは一切ありませんでした
そして、薬は当たり前のように出されます

また、脂質異常症治療薬も出される手前まで来ていました
私は必死になって拒みました

「今度の検査で頑張ります」とか、「今度は大丈夫です」

「この間はよかったんですけど…」と逃げ回ります

今診てもらっている先生もいざとなるとほかの病院にまるなげの先生です
しかし、もう高血圧で診てもらうことはないと思っています
だって、高血圧の原因がはっきりしたのですから

まだ薬は捨てていませんが、13年間の薬で私はずっと冷えで悩まされていました
このような実情を病院の先生、または薬を作っている方々は
ご存じなのでしょうか?いえ、知ってると思うのです

薬の副作用は人によって違うと思いますが、薬を飲み始めてすぐに気づくはず
しかし、薬よりも病気のほうに気をとられて、副作用のほうにはどうしても頭がまわりません

そして薬自体、副作用が少なかったとしても
実は薬そのものは、体にとって異物なので、肝臓に負担がかかります
薬とは全く関係ないとしても、身体はそうはとらえません
急に体重が増えた、眠くなった、そういうこともありうるのです

この薬はそういった副作用はないと思うのですが…
といわれてもしかたのないこと
書かれてある一般的な副作用は、確率として多い症状だけが書かれてあります
人によって違うのです
薬が薬として効くことこともあります。逆に効かないものもあります
麻酔をうったら麻酔が効かなかった、ということもありました

「痛いっ!」

「どこが?」

「痛いっ、そこが痛いです!」

歯の治療は痛いを超えて、激痛となります
いえ、激痛より痛いです
麻酔が効かない私が悪いのでしょうか?そう思わせるできごとでした
 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木を見て森を見ない人たち。 | トップ | 自分の体は自分で管理しよう。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む