MURMUR

プッと笑える一コマ写真館

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひと夏の恋

2008-09-10 10:40:55 | 昆虫

 
ごめんよ。

君と僕とは、

あまりにも違いすぎる。

残念だけど、

さようなら。








CAPLIO GX・虫眼鏡 / 2008年8月 / 東京都 
アブラゼミ君との種を超えた愛に、ポチっとよろしく。 
日記@BlogRanking にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷や汗 | トップ | Across The Universe »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ドジョタス)
2008-09-11 01:43:35
七日の命しかないセミの失恋は痛々しいなぁ
Unknown (森のどんぐり屋)
2008-09-11 09:24:41
いいんです

同じ木に止まって

あなたの声を聞けただけで

私は十分にしあわせでした

さようなら~~
Unknown (ヘテロ)
2008-09-11 18:08:47
質問です

この画像から、なんで恋を連想するの?
Unknown (ぴょん)
2008-09-11 22:32:22
>ドジョタスさん
地上では一週間ですが、地下では7~8年生きてますから、
初恋の相手がミミズだった、なんてことも、あるかも。

>森のどんぐり屋さん
アブラゼミではなくてヒグラシだったら、
より一層雰囲気も盛り上がるかと(笑)。

>ヘテロさん
アブラゼミ君は、毎夏うちの網戸に止まって、
猛烈にプロポーズしてくれるんですよ。
彼はしてくれませんでしたが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL