占い師横山順一ブログ。視覚障害者の占い師横山順一のブログです。昭和41年4月生まれ。

元道頓堀占い横町の占い師。
現在、神戸駅付近でうらうラコウベと言う占い点を経営。
数理学で有名な金澤葉香先生門下。

ものすごく事故中心的危険な方も世の中には存在する。

2017年05月03日 | 占い師を目指されている方へのアドバイス2
 占い師の仕事は、不特定多数のお客様と接する仕事です。
 そして、困っている方へのアドバイスをしたりする占いの仕事は、
社会貢献的意味合いもあって、とてもやりがいの有る仕事でもあります。
 ですので、占い師を始めた最初の内は、希望に溢れて、
一生懸命に、お客様のお悩みに寄り添う占い師さんも、多くおられます。
 ですが、数百名、数千名、と、鑑定実績を積み重ねていく内に、
 ものすごく、危険な方に遭遇することも有る様です。
 これは、私が昔聞いたお話です。
 有る占いの店に有る女性が時々相談に来られていたらしいのですが、
その方は、何でも、とある飲食店をされているらしく、よくお金の貸し借りや、
何やら訳の分からないお金のご相談をされていたそうです。
 で、有る日、担当のベテランの占い師の先生が、
そのお客様に、(もう当店には、来ないでください。
内では、もう、お客様のご相談を占いません。)
と、きっぱりお断りしたそうです。
 で、後で、その占いの店の関係者がその担当の占い師さんに聞いたところ、
何かものすごく怪しい、悪い予感がしたそうで、危ないと思い、
その様な処置を獲ったとのことでした。
 それから、何とそのお客様は、1,2年後に詐欺だったかの疑いで逮捕されて、
結局、その後有罪になったとのことでした。
 もしも、その時、そのお客様の占い鑑定を、
ビシッと断っていなくて、づるづると続けていたら、
その占い店も、怪しまれて警察の捜査を受けていたかも知れません。
 そのお客様の事件は、全国ニュースで大々的に報道された事件で、
もしも、その様な事態になっていたら、大打撃を受けていたと思います。
 この様に、時に占い店には、志の良くない方も、来る可能性が有るのです。
 私自身も、昔、公的融資に関するご相談を受けて、
後で、(おいおい)と言うことがありました。
 まあ、単なる書類の手続きの遅れでの行き違いで、
大問題では無かったのですが。
 この様に、占い師の仕事を数多く続けていくと、
いろんな場面に遭遇することがあります。
 この世の中には、信じられないぐらいに自己中心的な方もおられます。
 自分の目的を達成するためには、手段を選ばない、
他人にありもしない疑いをかけておとしめたり、
自分の目的を達成するためには、平気で嘘を付く方も、時におられる様です。
 そして、強い物には、従順で、弱い物にはものすごく威圧的な方も、
実際にはいる様です。
 また、少しのミスを大々的に騒ぎ立てて、相手を徹底的に攻撃する。
それでいて、自分は反社会的なことをしている方も。
 後、例えば、職場での人間関係、
新人の部下が来ると、決まっていびる上司の話もよく聞きます。
 また、その逆で、新人の部下が上司の悪口を言い周り、
必要以上に攻撃して、上司が
(自分がいたらないんだ)と止めていくことも、
たまに有る様です。
 サイコパス的な部下と言いますか。
 ですので、占い師を目指すには、占いのスキル、
集客だけじゃ無くて、それらの知識を学ぶことも、
必須では無いかと、私は思います。
 また、美人の若い女性の占い師さんだと、
時にストーカーの、リスクに遭遇する可能性も有るかも知れません。
 ですので、それらも考慮しつつ、占い師を目指されたらと、思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日はグランドクロス気味で... | トップ | 1年ぶりのリピーターさん。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。