占い師横山順一ブログ。視覚障害者の占い師横山順一のブログです。昭和41年4月生まれ。

元道頓堀占い横町の占い師。
現在、神戸駅付近でうらうラコウベと言う占い点を経営。
数理学で有名な金澤葉香先生門下。

業績の有無、国家の浮き沈み、男女関係が原因。

2017年04月25日 | Weblog
 本日は、男と女の肉体関係から始まり、
それが、仕事上ものすごい悪影響になると言うお話を聞いたり、
また、職場での仲間と男女の仲になり、
トライアングル関係になっていると言う、その様なご相談がありました。
 しかし、この世の中には男女が絡む事柄がものすごく多いですね。
 四柱推命の占いでは、よく女性は正財
(妻、銀行などのかっちりしたお金)、偏財(恋人の女性、株や不動産などの
流動性の有るお金)などで表されます。
 一方、男性は、正官(夫、地位の高い男性、出世)
偏官(恋人の男性、ブルーカラーの仕事、忙しい仕事)
などで表されたりもします。
 ですので、男女関係の縺れから、お金の問題が生じやすかったり、
男性がお金を沢山持つと、女性の問題が出たりする訳です。
また、逆に仕事で地位が高くなると、男性は夫に近づきます。
 女性は、基本的には良い遺伝子をこの世に生み出す役目がありますから、
仕事のできる男性、地位の高い男性と交わりやすい傾向にあります。
 ですので、結婚している男性は、妻以外に、
独身女性と男女の仲になったりもしやすいのです。
 この辺が独身男性が多いのに、
妻帯者の不倫が多くなる原因の一つでもあります。
 ですので、社会に起きているいろいろな事件や、
国家の浮き沈みなども、その陰に愛人となる女性や、
別の若いツバメ何かが影響している場合も、
意外に多いのかも知れませんね。
 今日は、その様なことを思った一日でありました。
 ps=本日の夜から明日の朝にかけて、
月が牡羊座を運行しています。
で、天王星と途中でコンジャンクションとなりますので、ちょい北朝鮮は、
緊張する可能性があります。
 しかし、まだまだ、息が抜けませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男女関係、分かれるときは少... | トップ | 神田沙也加、村田充さんの結... »

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。