占い師横山順一ブログ。視覚障害者の占い師横山順一のブログです。昭和41年4月生まれ。

元道頓堀占い横町の占い師。
現在、神戸駅付近でうらうラコウベと言う占い点を経営。
数理学で有名な金澤葉香先生門下。

運勢はバツ、マル、三角だけでは無い。

2016年11月02日 | Weblog
 占いには様々な方式があります。
 そして、その方式によって、占いの結果が同じでは無いことも時にあります。
 例えば、四柱推命では今年が三角、来年がバツ、
9星占いでは今年がバツ、来年がマル、
西洋占星術ではどちらもややバツ気味。
 こんな時、これからの行動をどう判断したら良いのか。
 個々のパターンでバツ、マル、三角と分けるので無くて、
元命星が真北だから総合運では悪いが、
何かを学ぶために、スキルアップをするために動くのであれば、吉とも採れます。
また、嫌な異性問題が起きているならば、一種の会費行動とも採れます。
 ならば、このままいるより、動いた方が益しと言う結論も出たりします。
 この辺が占いの難しいところであります。
 例えば、四柱推命の劫財の年で元命が食神で無い方が、
家を買ったり、結婚したりするのは余り良くないですが、
勉強のために、資格を取るために、
お金を出して学ぶことはマル気味となります。
 悪い年でも、どのような方向に進むかで、
運勢を良くできる場合も在ると言うことなのです。
 本日、そのような鑑定例がありましたので、ちょっとだけ書いて見ました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロボットが一家に一代の時代... | トップ | 1年に2,3回の占い回数は... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。