占い師横山順一ブログ。視覚障害者の占い師横山順一のブログです。昭和41年4月生まれ。

元道頓堀占い横町の占い師。
現在、神戸駅付近でうらうラコウベと言う占い点を経営。
数理学で有名な金澤葉香先生門下。

良い嘘、悪い真実。

2016年10月15日 | Weblog
 今日は、紹介のお客様2名と、
リピーターのお客様2名を占い鑑定させていただきました。
 仕事に関するご相談、恋愛のご相談、
介護に関するご相談、結婚のご相談。
 様々なご相談を受けたのですが、今日は特に、
(良い嘘、悪い真実)について書きたいと思います。
 われわれは昔から嘘をついてはならないと教えられてきました。
しかし、現実世界では、ある程度の嘘、
リップサービスなどをしなければならない場面も存在します。
 例えば、取引先の30代の女性、どう見ても美人では無い、
体格もそれなりだとしても、話の成り行きで、
(今度私お見合いするんです。)と女性が言ったとして、
相手の取引先の男性の心の中では、
(結婚なんて無理だろう。)と思っていたとしても、
(ええっ、xさんまだ未婚なんですか、
気だてがよいのでもうとっくに結婚されていると思ってました。)
と言う様なおべんちゃらを話す場面なども有るかも知れません。
 ですが、今日はそんなレベルで無くて、
もっと深刻なご相談があり、占った結果、
真実では無く、少し柔らかめに告げることを進言させていただきました。
 この世で、真実と言うのは、とても大切なことだとは思います。
ですが、その真実を知った時、それに耐えられるか、耐えられないかは、
その相手次第です。
 もしも、相手の心が弱かったなら、真実を知ったら、
例えば、ガンの告知などの場合、悲惨な結末となる場合も時に有ると思います。
 今日のご相談は、そこまでではありませんでしたが、
やはり、相手の心が弱い場合、後で
悪くなる場合も予測されました。
 悪い嘘はいけませんが、悪い真実には、
時によって、良い嘘も、必要な様に思えますね。
 今日は、そんなことを思った一日でありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の夏は暇なお店が多かっ... | トップ | 劫財の大運には注意が必要。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。