占い師横山順一ブログ。視覚障害者の占い師横山順一のブログです。昭和41年4月生まれ。

元道頓堀占い横町の占い師。
現在、神戸駅付近でうらうラコウベと言う占い点を経営。
数理学で有名な金澤葉香先生門下。

1月1日から2月4日は、占い師はちょい大変。

2016年12月28日 | 占い師の裏話
 本日は、滋賀県からの新規のお客様と、
2年ぶりのリピーターのお客様が来られました。
 今日、鑑定したお二人とも結婚、恋愛に関するご相談でした。
 いよいよ、お客様の気分も、来年に向かい始めた様ですね。
 お二方とも先行きチャンスでありますので、
是非結婚、恋愛に頑張ってくださいませ。
 ところで、私たち占い師も、
そろそろ頭の中を切り替える準備をしないと行けません。
 と言うのは、占い上の2017年は、
2月4日午前1時半を少し過ぎた辺りからとなるからです。
 ところが、今の暦では、1月1日から新年が始まります。
 ですので、占ってお客様に説明するのにも、
(去年はこうこうで、今年はこうこうで。)と言うのが、
来年の1月1日から1年ずれる訳です。
 ですので、年が明けたら直ぐに頭を切り換えると友に、
それでいてまだ年が変わりきっていないと、認識することとなるのです。
 まあ、でも年が明けてお客様を鑑定する時は、
まだそれほど頭の切り替えは難しく無いのですが、
昔12月の末に、新年のお正月の占いテレビ番組の録画をしたときなどは、
インタビューされたときなど、(去年はこうでしたが)と今年の出来事を言って、
それから、(今年はこの様な年となります。)と、
来年の世の中の動きなどを発表したりして、あれに慣れるのに少しかかりましたね。
 アナウンサー、(今年の安倍総理の運勢を良いと思う占い師さんは、
ボタンを押してください。)
 で、占い師さんがボタンを押すのですが、間違えた占い師さんも、
多分あったでしょうね。
 まあ、取りあえず、占い師には1月1日から2月4日までは、
ちょっと混乱しやすい期間なのであります。
 この辺の気持ちは、占い師にならないと、判らないかも知れませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生全て、やる気があるかが... | トップ | 日頃から元気になれる元を持... »

占い師の裏話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。