つれづれ日記な部屋

働くハハによる日々の毒吐き(笑)

丁寧な説明

2017年12月08日 | 日記。いろいろ
まるでどこかの政治家ではありませんが。
今、会社で来年の扶養控除申告書が配付されている。
来年から配偶者の扶養に関する部分の税法が変更になったのは、古巣を離れてしまったから業務に直結してないし、配偶者控除なんて自分には関係ないので「変わった」という事実はニュースで見たけど、どんな内容で変わったのかは知らない。
そんなレヴェルだったんだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今まで毎年年末になると配付されていた、この扶養控除申告書。
今年の扶養家族の状況があらかじめ印刷されてて、来年もその内容で変更が無ければ「ハンコを押して提出する」だけだったのよ。
それでずーっとやって来たのに、今年は税法の変更があって、全然違う対応するっていうのに一般社員に対する説明が全然足りない。( ̄- ̄)

全社通知で展開された内容と、職場の○記さんから送信された「本日、扶養控除申告書を配付します」というメィル。
この2つを見て、どれだけの社員が「今まで妻を扶養に入れていた人は、税法が変更になったので一旦、妻の登録をオールクリアにします。来年以降も引き続き妻を扶養するのであれば、改めて【妻を扶養に追加する書類】を記入して提出する必要がある」って理解できるのさ?┐( ̄ヘ ̄)┌
しかも通知の終わりには「妻を追加する書類を提出しなかった場合は【妻は扶養しない】とみなします」って一文が、さらっと書いてあるだけ。

をいをいをいをいをい。
配付された扶養控除申告書をちゃんと見れば、去年まではあらかじめ印刷してあった妻の名前が無いので気がつくけど、「ハンコして出すだけ」って思ってる社員はそのまま提出してくるよね。
社員から妻の名前が書いて無い書類を提出されても、その人が「今までも妻を扶養に入れてなかった人」なのか「去年は入れていたけどウッカリ書き忘れた人」なのか分からないぢゃん。
だったら、書類の配付と回収をやってくれる書○に対して「現在妻を扶養に入れている人リスト」でも作って渡してあげれば、書類回収の時にチェックしてくれるのに、そーいう配慮は無いのな?( ̄- ̄)

んじゃ古巣に書類が集まったときに「今までは扶養に入れていたけど、扶養控除申告書に妻の名前が書いてない人」をチェックするんだろうな?
オイラだったらそこまでチェックするぞ?(ってか、まずオイラだったらリスト渡して書○にお願いする。12月の月末なんて他で忙しいもん、他人にお願いできるんだったらお願いするさ)
と思って探りを入れたら「書いてこないのは社員が通知を読んでないのが悪い」っていうスタンスらしい。
だったらもっと分かりやすい通知を作るように努力しろよ!!ボケェ!( ̄曲 ̄) ふんがー
3枚も4枚もある通知の3行くらいに書かれていても、一般の人なんて読まんわ。

なんかさー。
仕事のスタンスっつーか、力の入れどころっていうか、そーいうのが間違っていると思うのよ。
つってもあと3ヶ月だからどうでも良いんだけどね。(←最近の捨て台詞が、全部コレ(木亥火暴))

いやいやいやいや。
しばらくは平行稼働だから1年は確実にやり続けると思われるよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職変? | トップ | 寒い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記。いろいろ」カテゴリの最新記事