退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「セクハラと相性」について

2013-10-30 03:47:01 | Weblog
晴れ。夜にパラつく。

今日の仕事は研修のみ。
明日明後日と平日に連休。

牟田和恵「部長、その恋愛はセクハラです!」を読む。

一般的には曖昧だったセクハラの「意味」をわかりやすく説いた内容。
「男の勘違い」に始まることがよくわかる。

仮にセクハラを訴えて勝っても「二次被害」を受ける可能性があるとのこと。
男子は「対等でない関係」にあることにもっと敏感でなければならない模様。

基本は「コミュニケーション・ギャップ」にあり
「拒否しないこと」が自動的に「OK」ではないことを知るのが重要か。

わが身を振り返っても「アウト」な事例はいくつかあったはず。
「好ましいお付き合い」が出来るかどうかについてはいまだに自信がない。

もっともそれが「セクハラ」に限らないのがやっかいなところ。
とりあえず「子どもですまん」と言っておく。

中野翠「アメーバのように 私の本棚」を引き続き読む。

好みの重なるところが多い著者ゆえ
その対象について「なるほどそう思うのか」と「違い」を楽しむ。

実はかなり「マニアック」なのに
それをさらりと読者に受け止めさせる手際は鮮やか。

「だって好きなんだもん」という「言い訳」を
これほど見事に貫くのも珍しい。

「趣味を徹底すること」で生きるというあり方は
「森茉莉はべりいまそかり」と思った時から決定付けられたのか。

蛇足ながら付け加えておくと著者は結局「男運」に恵まれているように思えるのだが如何。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「軽さ」について

2013-10-29 03:03:39 | Weblog
晴れ。おだやかだが背中の日差しが熱い。

波戸岡景太「ラノベのなかの現代日本 ポップ/ぼっち/ノスタルジア」を読む。

「祭りの後」の「廃墟」を意識しつつ
自分にツッコミを入れるのを忘れない「軽さ」が「現代」らしい。

中村中「友達の詩」のように「手をつなぐくらい」もなく
たまたま「同じ方向を歩いている」だけで幸せだと。

ある種の「砂漠化」が進行している中で
それぞれ「束の間のオアシス」を描いて見せている模様。

とりあえず「他人」のことは気にせずに好きにしたらいいと思う。
「正しさ」を競うことが不毛なのは言うもまでもないのでやりたいように是非。

深夜TVで「私はラブ・リーガル」を観る。
「ラブ・リーガル(『法律の』という意味)」は「ラブリー・ガール」にかけた邦題。

原題は「Drop Dead Diva」で「突然死んだ目を奪うような女神」とでもいうのか。
物語の設定はその言葉通りではある。

美人モデルで恋人と幸せだった女性と有能で人望のある太った女性弁護士が共に死に
前者の心と後者の身体が「合体」してこの世に戻るというのがミソ。

主役のブルック・エリオットの「愛嬌」が素敵。
個人的には彼女を見ているだけで楽しくなれる。

法律と恋愛を組み合わせたシナリオにはやや波がある感じ。
今回は「老婆の本性」とモデルの恋人の弁護士の「本心」がうまくまとめられていた。

現在の彼女が彼と同僚だというのもポイント。
欲を言えば男優陣にいささか魅力が欠けるところか。

なんだかんだと文句もつけながら結局見続けることになりそう。
「深夜族」にはありがたい番組ではあるので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スポーツ」について

2013-10-28 03:47:15 | Weblog
晴れ。今日も風が吹く。

普段からのんびりしているせいか
休日を持て余すことが少なからず。

ちょいと出かけてすぐに帰宅。
おまけに今日は読書もせず。

野球の日本シリーズ第二戦は今後もあれこれ語られることになる内容。
互いにミスが出て審判もちょいとやらかした模様。

フィギュアスケートも覗いたのだけれど
ジャンプという「飛び道具」よりスケーティングの「優雅」に惹かれる。

総じて日本の選手はスケーティングがうまい。
とりわけ先日の浅田真央のそれには感服した次第。

ロシア勢の姿が見えないのをやや不思議に思ったものの
それぞれの「スケジュール」に合わせてということか。

大学を「横に出て」以来スポーツはご無沙汰。
もっぱら観る方に回って久しい。

野球・サッカー・卓球・バスケット・ボウリングなど。
今はもう身体が言うことを聞かないと思われるものをあれこれと。

そういえば小学校の時にはポートボールなどというのもあった。
応援の女子たちがなぜか「おもちゃのチャチャチャ」を歌っていた記憶がある。

「定石」ではあるけれど
昔は女子の前で「頑張った」りしたもの。

残念ながらもうその種の「気力」はなく
それぞれの「技術」がもたらす「物語」を味わうのみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ゆとり」について

2013-10-27 03:49:11 | Weblog
晴れ。台風一過で風が吹く。

池内了「ヤバンな科学」を途中まで読む。

書いてある内容そのものは実に「まとも」。
寺田寅彦や中谷宇吉郎を引いて「足下の科学」を行えと。

要は「予算に左右されない研究」が大事だということ。
言いたいことはよくわかる。

ただしあらかじめ「ゴール」が決まっている文章ゆえいささか面白味に欠ける憾みあり。
おそらく「センス・オブ・ワンダー」は別の作品に表されているのだろう。

科学者あるいは科学系ジャーナリストに望みたいのは「世界の不思議さを魅力的に描くこと」。
福岡伸一の言う「馬を水飲み場まで連れてくる作業」をしっかりやっていただきたい。

本業の研究以外に「素敵な余滴」があれば幸い。
もちろんそのために必要な「資源」を持っている前提での話ではあるけれど。

「不思議さ」を「不思議だ」と書くのはいとも簡単だが実に味気ない。
「正しさ」を「正しい」と書くのも同様で。

取り除くべき「宇宙ゴミ=デブリ」について再三指摘してあるのは面白いところ。
福島第一のそれはおそらく取り除けないのだとして。

目の前の「ニンジン」を追いかけるあまり
首にかかった縄に気付かず前へ進もうとする馬とか。

われわれはついついその種の「生き物」になりがち。

そのあたりに気をつけた上で
そこそこの「余裕」を持って暮らせるあたりが望ましいものの。

それぞれの「事情」が許さないのだとしたら
少しだけ過去や現在を振り返る時間を持ちたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「本場と本家」について

2013-10-26 03:35:25 | Weblog
くもりときどき雨。湿気が多い。

昨夜は久方ぶりにクインビーへ行く。

マスターのお子が補助輪なしで自転車に乗れるようになったとのこと。
自分の遠い過去を思い出す。

ずいぶん遠くからネットで調べて店に来る若者がいる模様。
米軍基地のある場所の若者たちは「筋がいい」とのこと。

なるほど「本場」がそこにあるから。
そうしてソウル・ミュージックのわが国での「歴史」は続いていくのだろう。

スコット・ペイジ「『多様な意見』はなぜ正しいのか 衆愚が集合知に変わるとき」を読む。

以前にも同じ話を採り上げたことがあり
その「本家」のような作品。

個人が問題解決のためのいろんな「ツール」を持っていることも重要だが
優れた単一の専門家集団よりさまざまな分野の人間が混ざった方が「正解率」が上がると。

観点の数だけ「世界」がある。
そのシンプルが数学的に保証されその「質」も保証されたということか。

ただしさまざまな分野の人間が作る「集団」にはさすがに「限定」がある。
「民度」はあくまで高くなければならない。

われわれはどのように「賢く」なれるのか。
あるいは「賢さ」を判断できるのか。

とりあえずすべての修学旅行先を福島にすること。
このアイデアは如何。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「身辺の整理」について

2013-10-24 03:35:51 | Weblog
雨のちくもり。夜になって晴れる。

「グーグル ネット覇者の真実」ようやく読了。

後半は中国への進出と撤退、youtubeの買収、フェイスブックの後追いなど。
結局企業として大きくなりすぎて「体質」が変わったことも。

自分だったらとっくに会社を売ってのんびり暮らすと思うのだけれど
これも「貧乏人の発想」なのだろう。

必要以上の金を持つと
人はそれによって可能になることに左右されるようになる。

「真実」は常にあっけないほどシンプル。
「レベルの違い」はあれどそのあたりをわきまえておくべきか。

最近仕事場の「清掃」をひとりでやっていることが多い。
自分の家や部屋はあまりやる気が起きないのだが。

学生時代には「ゴミ屋敷」だった友人の下宿を片付けたこともある。
他人の部屋だと「きちんと」しておきたくなるのはなぜだろう。

身近な若者たちはどうも「キレイ好き」ではない模様。
もっとも自分もあまり神経質になるタイプではなく。

いかにも「いい人」のようだが誤解のなきよう。
十分に「悪い人」なのでよろしく。

「めんどくさい」を連発する相手には「呼吸はめんどくさくないの?」と聞く一方
自分は「めんどくさいこと」を避けたりもする。

興味関心のないことについては徹底的にどうでもよく
ほぼ「魯鈍」と化すのもお忘れなく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「追いつめられないことの重要さ」について

2013-10-23 02:41:05 | Weblog
くもり。夜にちょっとだけパラつく。

「グーグル ネット覇者の真実」を読み進める。

ようやく半分くらい。
スティーヴ・ジョブズがグーグルに腹を立てているところまで。

少し「馴染んだ」のか昨日よりいい感じ。
ツールバーやグーグルクロームの話もあれこれ。

深夜「マイ・ブラザー」を途中から観る。

妻子と幸せに暮らしていた兄トビー・マグワイアは
一時アフガンの戦場で死んだとされるが捕虜として生き延び帰国する。

ただし性質が一変、弟と妻の間を疑う暴力的な男になる。
子どもたちは敏感にその変化を感じ取り父親を避けるように。

一方銀行強盗をして服役していた弟ジェイク・ギレンホールは
出所後「夫を亡くした」妻ナタリー・ポートマンを支え子どもたちとも仲良くなっていて。

「戦争の悲劇」を扱っていて俳優陣たちの力でそれなりに観られるものの
テレビ版のカットのせいかラストがいかにも「軽い」。

アフガン人が「冷酷な人間」としてしか描かれていないのも×。
娯楽作品ならまだしもこの種のテーマを扱う上では不十分と言うよりない。

「敵」を殺さなければ生き延びられない「恐怖」の中で人は容易に狂う。
それをごく「当然の環境」にしてしまうのが「戦争」であるのは確か。

そこまで人を追いつめてはいけない。
それは「平時」でも同じこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「不満なこと」について

2013-10-22 03:40:32 | Weblog
晴れ。やや暑い。

スティーブン・レヴィ「グーグル ネット覇者の真実」を途中まで読む。

今のところ面白いかと言われると微妙なところ。
かなり理想主義的な二人が始めたものであることはわかる。

「経済的な側面」はどうでもよかったところからスタートし
それがやがて少しずつ変わっていくあたりまで。

文字の量は多いけれども「情報量」は少ない印象。
この世界の固有名詞をこちらがあまり知らないせいかもしれないけれど。

とはいえ読み終えていないので判断はあくまで仮のもの。
できればもう少し「整理」されているとありがたいのだが。

「しもぶくれ」はだいぶ治まったものの
まだ「芯」があって指で押さえると痛みも多少あり。

でもまあいいだろうと飲み始めている。
通常より量は少なめにしているつもり。

やがて抜くことを考えると「親知らず」というのはめんどくさい。
そもそもなぜ今頃唐突にという話もある。

もらった薬が切れたので明日歯医者に行こうかとも思ったのだが
腫れが完全に治まるまでは治療の仕様もなく薬なしでどうなるかの様子見を決め込む。

結局2週間はかかりそう。
ソウルバーに行かなければならないのに困ったもの。

マスターに話のネタが出来たということで
とりあえずOKとしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ふーむということ」について

2013-10-21 02:42:23 | Weblog
雨。一時激しく降る。

荒木経惟「完全版 写真ノ話」を見て読む。

インタビューで興味深いのは死んだ両親を撮った時の話。
「『キレイ』に撮る」ことが写真を学ぶことになるというのがなかなか。

普通の人々の「笑顔」と「エロス」が素敵。
「緊縛もの」は身体を縛られることで溢れ出るものがある模様。

ヌードになってもならなくっても結局は「顔」。
そこにすべてが表れているというのには大いに納得する。

「美顔術」などとは関係なく「生活」が「顔」を作る。
そこに「天真爛漫」や「意志」が見えると魅力は増すはず。

普段何気なく街中を歩いている時にも「その種の顔」を探している。
圧倒的に子どもの表情がよく見えるのは自分が「同類」だからだろう。

暦の上ではまたひとつ年を重ねたことになるのだけれど
どうにも「成長」がない様子。

あらためて関係各位には「よろしく」と言っておく。
何が「よろしく」なのかはわかったものじゃないけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ゲームの規則」について

2013-10-20 02:20:32 | Weblog
くもり。夜になって雨。

ひまつぶしでやっていたゲームで
たまたま所属していた「チーム」から弾かれる。

リーダーによると「合わない」らしい。
この「排除の論理」がなかなか興味深かったのでちょいと。

それ以前にもゲーム内で別の人物から二度ほど「注意」を受けたことがあった。
一度目は「言葉遣い」、二度目は「挨拶」について。

前者は「ありがとう」もしくは「ありがとうございました」を
「ありーw」と打っていたのがいけなかった模様。

「そんな風だと二度と応援してもらえなくなりますよ」と。
その時は「そんなものか」と思っていたのだが。

後者は向こうが挨拶してきた時にこちらが急いでクリックしてその場を去ったせいで
挨拶を返さないままになったのが問題。

直接メールで「何で挨拶を返さない」と相当憤慨の様子で
「○○さんに謝れ」と一緒にいた人物への謝罪も要求された。

いちおう謝っておいたのだが正直な感想は「ヤクザか」。
相手を探してメールするのにも相当に戸惑ったもの(メールの仕方が不明だったので)。

そして今回。

そもそも「w=笑い」をログに付けるのがお好みでなかったようで
「バカにしているように見える」と注意された過去があって。

あとは推測にすぎないのだが原因だと思われることを挙げておく。

1.自分の言っていることをちゃんと理解しない

これはこちらがダラダラとゲームをやっていてあまり「能率」を求めていないので
親切に説明してくれる「よりよい方法」を十分に理解していないせい。

2.そのくせ自分の都合のいいところには乗っかってくる

向こうの方がかなりレベルが上なのでその「クエスト」に乗っかると高ポイントが得られる。
その割りに「挨拶」がなってないし「自分勝手」で積極的に協力しないということか。

3.おまけに「空気」を読まないログが少なくない

1や2のことを全く踏まえない発言が少なくないということのはず。

さて。

おそらくこちらはそのゲームの中では「トロくて自分勝手で礼儀知らず」だと思われたのだろう。
人生で初めてその種の「評価」を受けたのでむしろ新鮮だったりするのだが。

こうしたキャラクターが「弾かれた」のは彼ら彼女らが前提とする「ルール」を
きちんと守れなかったから。

「言っていることが『正しい』」のも特徴。
「言葉遣い」はきれいな方がいいし「挨拶」もきちんと出来た方がいい。

ただ少し「ルール」が厳しすぎるような気がする。
もっといろんなキャラクターが「リアル」では認められているはずなのだが。

なるほどこうして「イジメ」は起きるのかと
あらためて納得した次第。

映画「紳士協定」においてグレゴリー・ペックはユダヤ人のふりをするのだが
気分はそんな感じでいい勉強になったと思うことしきり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加