退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「相手に対して恥ずかしくない存在である」ことについて

2011-06-30 03:21:18 | Weblog
晴れ。というより猛暑。

二軒目の避暑地ドトールで「黒澤明 全作品全生涯」読了。
さすがに昼間は部屋にいられない。

夕方から扇風機を固定してマル激を観る。

「再生可能エネルギー特措法」の中身をよく見てみると
「全量買い取り」」も「固定価格買い取り」もその「期限」も官僚が自由に操れる内容らしい。

地方の「スポンサー」としての電力会社の存在は非常に大きくあらゆるものに「影響」を与えている。
その「プラットフォーム」を変えることは電力供給に止まらず「既得権益」を変えること。

「原子力関係者」だけでも「3万人」くらいいるようで
彼らの「転職先」もふまえた上での「脱原発」が重要だとも。

「年金も貯金もない身」からすると
彼ら彼女らの「最低限維持したい生活レベル」について考えてみたくなる。

もちろん人は何にでも「慣れる動物」なので
ある程度の「贅沢」を知ってしまえばそれを維持したい気持ちが強くなるのはわからなくもない。

がしかし。

「自殺の増加」が必ずしも「経済的苦境」のみで起きるのではない「事実」もある。
「人はパンのみに生きるものではない」ことも確かで。

いたずらに「貧乏」を恐れるよりは
むしろいかに「そこそこ楽しく暮らせるか」をそれぞれに追求してみてはどうだろう。

たとえばありきたりなJ-POPは「恋愛」を歌いがちだけれど
本当に「ギリギリ」のところでは「彼ら彼女らのために無様な姿は見せられない」というあたりにあったり。

要はそばに「大切な人がいること」。

その「シンプル」をもう一度思い出せれば幸い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「誘惑」について

2011-06-29 03:05:47 | Weblog
晴れ。暑い。

都築政昭「黒澤明 全作品と全生涯」を途中まで読む。

冒頭の文章を読んですぐに「ああ、これは熱烈なファンの書」だと思う。
ただしそれが「いい意味」かというと微妙。

たとえば「圧倒的な映像」や「印象的なショット」があるのだとして
それを「あらすじ」の形で紹介することの「抽象性」が気になる。

レンタルビデオ屋に行けば黒澤作品はほぼ揃っているはず。
ならばむしろ読者を実際に観たくなる気持ちにさせる「誘惑」こそが必要なはず。

知り合いの若者は黒澤明の名前も知らなかったので
せめて「七人の侍」(’54)くらい観ておけと言った自分にも「芸」はないけれど。

勝四郎(木村功)・五郎兵衛(稲葉義男)・七郎次(加東大介)・平八(千秋実)・久蔵(宮口精二)。
「七人」なら名前に「一から七」までの数字を含めるのが「定石」だがなぜかそうはなっていない。

「一・二・三」と「六」は排除されていて「九」は「久」で代用され
勘兵衛(志村喬)に至っては数字そのものがなく菊千代(三船敏郎)には唐突に「千」が出てくる。

この数字の「謎」について知っている人がいたら教えていただきたい。
もちろんそこに「意味」があるかどうかは不明のままで。

敵の野武士の数は物語の中でも重要だし
タイトルに数字が入っていることを考えればあながち「無意味」だとも思えないという解釈などいかが。

いずれにせよ「七人」のキャラクターはそれぞれに立っていて
ある種の「理想的な集団」を思わせるのは「事実」。

相手が何であれ何事かに立ち向かわなければならない時に
こうした「七人」がいれば実に心強い。

個人的には「七人」に限定せず「仲間」は常に募集中。
もっともその「仲間」から自分がそれに価する存在だと見なされなければ仕方ないことは承知の上。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「行き詰まり」について

2011-06-28 02:57:37 | Weblog
くもりときどき晴れ。深夜にまた少し雨。

「なぜ日本は行き詰まったか」はあと少し。

「第五章 私的官僚制としての日本企業」が興味深い。
「終身雇用」を前提に「組織の中で登りつめること」を目指すのは「官僚」だという指摘になるほど。

そして日本の技術革新は文字通りの技術ではなく
「経営組織の急進的改革」にあるのだというのがポイント。

かつて「家」という制度を長らく維持してきたわれわれにとって
そうしたことはあまりに「当然」なので気付きにくいのだろう。

要は「家=会社の存続」のためなら何でもするという「精神」が
たとえば「省益を最優先する」現在の官僚たちに見られるのだと言えばわかりやすいのか。

時にそれは「下からのトップの交代要求」にもなったりすることもあるのだから
確かに「革命的」ではあるという「事実」を再認識しておこう。

学生時代にちょいと「事情」があってマックス・ウェーバーの読書会には参加出来ずに終わったので
あらためて読んでみる必要を感じたりする次第。

29・30日はなぜか連休。

思えば久方ぶりのことだけれど
いつも通りにグズグズして過ごしそう。

「小人」にとって連休は「閑居して不善をなす」機会ではあるものの
大したことが出来そうにないのはいつものこと。

それでいいのだと思う自分と
それでいいのかと思う自分がいる。

「組織」にも「肩書き」にも属さない人生なので
いずれ勝手にしたらいいのだがどうなることやら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自分の狭さ」について

2011-06-27 02:19:46 | Weblog
くもりときどき晴れ。深夜にやや激しい雨も。

森嶋通夫「なぜ日本は行き詰まったか」を途中まで読む。

英語で書かれたものを訳しているせいか
半分くらい読んだあたりまでは非常に「硬い文章」。

素人としては論理とその証拠を出来るだけ簡単に読み取りたいのだけれど
とりあえず地道に(ただし高速で読んだ上で)付き合うしかなさそう。

著者が亡くなる数ヶ月前に出た本らしい。
もちろんそれが内容に影響を与えるわけでもなく。

残り半分で受け止められるすべてを受け止めたい。
もっともこちらにその器があればというのはいつものこと。

いわゆる「電力事情」のせいか仕事の休日の曜日が変わることになる。

そのことに「意味」があるのかというと相当にあやしく
それでも実際に行われる「現実」がある。

「曜日感覚」などない生活を続けて久しいのでどうでもいいとはいえ
「何となくという雰囲気」のみで何事かが行われる気持ち悪さは残る。

21世紀になっても相変わらず「合理的判断」ができないということ。
戦時中の「空気」によって道を誤った「歴史」を知っているのかどうか。

そもそも電力は本当に足りないのか。

「無条件な前提」はこの期に及んでも通用する模様。
「散々な物語」についてわれわれは相当な経験を積んだはず。

個人的には四半世紀ほどエアコンなしの生活を続けているがそれほどの「苦労」はない。
単純に「夏は暑く汗が出る季節だ」と認識すればいいだけのこと。

人はどんな環境にも慣れる。
その「シンプル」をいたずらな「不快感覚」のみではかるのがわが国の「常識」だとは承知の上で。

繰り返すが「世界」はあなたの思う通りではなく
むしろ「そうでない」のが「世界の常識」くらいにせめて思えはしまいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ハズレ」について

2011-06-26 03:13:33 | Weblog
晴れ。蒸し暑い。

いつもより仕事場へ早く出かけることになる。
ついついグズグズして読書の時間が十分取れず。

研修後同僚たちと初めての「サイゼリア」。
マルゲリータとほうれん草のソテーに生ビールを二杯の夕食(途中でちょいとウトウト)。

同じ材料を使ってはいるものの
ピザの焼き具合はバイトの「腕」によって出来がずいぶん違うが今回は「ハズレ」。

店の外で二時間近く続く話にあきれながら付き合って車で送ってもらい帰宅(深夜に空がゴロゴロ)。
コンビニで買ったソフトクリームを舐めつつ「スウィート・ノベンバー」(’01)のラストを少々。

シャーリズ・セロン&キアヌ・リーヴスによる「ロマンス」を主導するのはあくまで前者。
なるほど「一般的な」女性の視点から「男を自分の思いのままにする」というのはこういうことかと納得する。

それにしても「末期ガン」という「難病」を「言い訳」にして
「ヒロイン願望」を「美しく見せる」のはやや疑問。

残された男のその後が気になる結末。
彼は「彼女との美しい思い出」を抱いて「ロマンス」を「維持」するのかどうか。

個人的にはむしろ「迷惑」なのではないかという思いはぬぐえないけれど
十年前のシャーリズ・セロンの「魅力」がそれをかき消すのだとすればそれはそれでいいのだろう。

こうした作品で「泣ける観客」が少なくないことはわかるとして
同じ「甘味」ならもうちょいと上質な「甘味」を味わいたいもの。

あるいは「難病」など抜きにして
単純に男が女に翻弄される物語の方がいっそ清々しく好ましい。

監督・脚本ともに男性であることをうがってみるなら
「これで女性客たちを満足させてやろう」という気配がなくもなく。

その手は桑名の焼きハマグリ。

「冗談じゃないわよ」と吐き捨てるくらいが「まともな反応」だと思いたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「平等に愚かであること」について

2011-06-25 04:24:45 | Weblog
晴れのちくもり。深夜に「夕立ち」も。

途中まで読んで以前読んだ本だと気付くお粗末。
内容も採り上げるほどのことはなくスルーしておく。

深夜懲りずに朝生を観る。

三宅久之(1930=昭和5年生まれ)に感じたことを
同様に田原総一郎(1934=昭和9年生まれ)にも感じる。

自分がそれなりのきちんとした仕事をしてきた自負があるのはかまわないとして
彼らは「ジャーナリスト批判」に対してまるで自分が批判されているかのようにふるまう。

その意識の有り様を「世代」に還元していいかどうかは不明だけれど
なぜそういう反応になるのかについてはあらためて考えていただきたいもの。

東京新聞の長谷川幸洋はジャーナリストとして「健全」。
ただしその彼にして原発問題に絡んで今頃京大の小出裕章助教の名前を出す始末なのはいただけない。

「マル激情報」がすべて「正しい」わけではないとして
「参考にすべき情報源」は確保しておいてもらわないと。

政治家、とりわけ民主党の政治家たちについて思うのは「シロウトである」ということ。

菅総理が「権力維持のためなら何でもするマキャベリスト」だという判断をしておきながら
「状況証拠」から「辞める事になるだろう」というのは甘すぎる。

そこにあるのは「自分の常識」を「他人」にまで適用することの愚か。
菅という人が「ほぼ北朝鮮」と同じだという「事実」をなぜ受け入れられないのか。

「まともな官僚」古賀茂明はとうとう「肩叩き」されたらしい。
彼を出演させたことが朝生のせめてもの「良心」だと受け取っておくことにしよう。

東京都副知事・猪瀬直樹は電力の「全量買い取り」に疑問を呈している時点で「アウト」。
彼には飯田哲也と議論してもらいたい(負ける予想はつくけれど)。

結局「まともな判断」をしているのは小沢遼子。
上杉隆が「どうでもいい議論」に「あきれ顔」になるのも十分理解できる。

わが国の至る所で「ごっこ」のみがはびこっている。
魯迅に倣って「水に落ちた犬=能力も無いのに地位だけある存在」は打つべし。

もちろんそれはあくまで「言論」でのこと。
「自分の利益を優先すること」や「他人のせいにすること」の類いはどうでもいいしウンザリ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「『世界』を知ることの重要性」について

2011-06-24 03:37:29 | Weblog
くもり。今日は案外湿気なし。

「偽満州国論」読了。

「スペースインベーダー」を流行させたミハエル・コーガンがロシア生まれのユダヤ人で
彼の作ったゲーム会社「タイトー」の元は「太東貿易」だったというのは初めて知った。

日本が「親ユダヤ政策」をとっていたため満州がユダヤ人の「避難場所」になっていて
「国家内国家」という形で満州に「ユダヤ人国家」を作ろうとしていた動きが一部にあったのも面白い。

95年の作品だけに「インターネット」はまだ新しいけれど
それをいたずらに「楽園」とみなす考えにブレーキをかけているあたりの判断は的確。

市場を独占しようとしていたマイクロソフトが
自社ソフトに対する批判を押し止めるため雑誌記事の掲載をやめさせようとしたこともあった模様。

内容のてんこ盛り具合に満腹。
陸軍がかつてニセ札をバラまいた話もあるので興味のある向きはどうぞ。

深夜U22サッカーオリンピック予選「クウェート対日本」を観る。

ある程度の技術は持っているもののまだまだ正確さに欠け
自分で攻めようという気が見えないプレーぶりはまるでかつての「日本代表」。

気温39度とピッチの悪さという悪条件はあったけれど
グランパスであれほど目立っていた永井がほぼ何の活躍も出来ない有り様。

ただし繰り返される「未熟ぶり」は今後改善されることだろうと思う。
現在の日本代表には海外のチームに所属する選手も少なくなくその「流れ」は留まらないだろうから。

さて。

「世界と互角に戦える素地」を持っているという意味でスポーツ界の未来は明るい一方
「政治」がそうなるためにはどんな「試練」が必要なのか。

基本は「世界に関する情報」を集め
さらには各国のキーパーソンと同等の付き合いが出来る人材を集める必要がある。

少なくとも否応なく「世界」と触れ合う「環境」が当たり前にならない以上
それが政治であろうとマスコミであろうとかつての「満州国並み」にしかならないことだけは自明。

ちなみに「バナナリパブリック=バナナ共和国」というのは
「経済的に不安定で外国企業に支配されひとつの輸出品(バナナ)に依存する中央アメリカの国」を指す。

おそらくわが国の「実態」はそのあたりと変わりなく。

「五十歩百歩」「どんぐりの背比べ」「目くそ鼻くそを哂う」といった類いの
いかにも「貧しい」かたちで「自国の優位」などを説くことのないようにしたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「国家」について

2011-06-23 02:29:03 | Weblog
くもり。少し晴れ少し降って湿気多し。

武田徹「偽満州国論」を途中まで読む。

戦時中に「暗黒日記」を書いたジャーナリスト清沢洌による発禁本「自由日本を漁る」の中の
憲兵大尉甘粕と彼の手で殺されたアナーキスト大杉栄との「架空対談」を採り上げる「センス」がなかなか。

帝都東京で満足に出来なかった都市計画が
それに関わった人々によって満州で花開いたのだという越沢明「満州国の首都計画」についての引用も。

「満映」と甘粕との関係も少々。
戦後石原莞爾が裁かれなかったのは米国が「最終戦争論」に畏敬の念を覚えたのだという「想像」もあり。

日蓮宗がらみで田中智学と宮沢賢治も登場。
「共同幻想論」の吉本隆明が「日本」を超えられなかったように戦後日本は満州国を超えられていないとも。

ICUで比較文化研究をして言語論を学んだ著者が16年ほど前に書いた本書は
「国家というフィクション」と「日本人の作る国家の脆弱さ」を重ねて見ている模様。

著者を知ったのはマル激の司会進行役としてが初めてだったけれど
02年の「核論」も再版で売れているようで本書もそうなる「価値」はありそう。

深夜TVで「テレメンタリー2011」を観る。

中国の富裕層相手にコメの輸出を始めた新潟の農家。
味の良さと安全とアフターケアによって認められつつあったところへ今回の震災が起きて、という話。

昨年の秋に収穫された分は問題ないものの
それ以降の分の契約はかなり苦しいらしい。

中国は「国家」としては日本の農産物の輸入を禁止しているとのこと。
すでに取り引きのあった台湾からは少しだけ注文があったよう(この比較に特に意図はなし)。

新潟の農家の作ったコメが「安全性」について何の問題もないとしても
「国家」としての日本政府による「お墨付き」がないと「ダメ」なのか。

その政府はと言えば
さんざん「安全」を強調しながら事態はむしろ悪化の一途をたどっているわけで。

新潟の農家からすれば「そんな政府はいらない」という話にもなろう。
「むしろわれわれの努力を無に帰すのは政府のせい」だとも思えることだろう。

もちろん「未来の無さ」に耐えつつ暮らす被災民の人々の思いも同様なはず。

そこで。

現在のわれわれは「国家」という存在をまともに「維持」できるのだろうか。
あるいは「維持」するためにはどういう能力や人材が必要なのか。

出来の悪い政治家をあげつらうのもいいとして
「国民」としてそろそろ真面目に考えるべきではないのか。

かつて「満州」という「傀儡国家」を運営しようとして失敗した「事実」は
「傀儡国家」ほど処理のしやすくない「民主国家」の運営にどう反映させればいいのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「豊かさと貧しさの間」について

2011-06-22 03:16:56 | Weblog
晴れ。日差しはもう夏で深夜になっても暑い。

「20世紀との訣別 歴史を読む」読了。

最後の方は「自由さと不自由さ」や「教育」についての話。
前者は「自分の不自由さについて敏感であること」、後者は「いたずらな平等を疑え」ということなど。

「自由にしろ」と言われた途端に途方にくれる人々の姿を見ることは少なくなく
「行き過ぎた平等」を実現した結果の実りのなさについても同様。

わずか数行の母国語の意味する内容を読み取れず(数式=世界共通言語も含まれていることもあり)
その現状をそのまま受け入れるだけの存在に慣れた身としてはいずれもずいぶん「贅沢な内容」。

彼ら彼女らに圧倒的に欠けているのはあらゆるものを読み取るための「文法」であり
「語彙」の少なさもそれに負けず劣らず。

かつては誰もが持っていたはずの「好奇心」は
どのような「環境」を生きることで失われていったのだろう。

また自分以外のあらゆる存在に「特定の径路でしか接触しない」という「ルール」は
いつのまにこんなに「浸透」したのか。

たとえば「モンスターパレント」はどのようにして生まれ
彼ら彼女らの親たちはそうした子どもをどのように育てたのか。

「自分の快・不快」にだけ異様なまでに敏感なのはなぜか。
それほど「常に落ち着けない場所」にいたことだけは推測できるけれど。

そうした中で「自分」を「確保」しようと思えば思うほど
いわゆる「常識」と呼ばれる世界からは遠ざかることになり。

彼ら彼女らには「他人」を考える余裕がなく
そうした人々が増えてきたことが「KY」という言葉を生んだのだという解釈もできる。

その「貧しさ」に日々直面していると
「せめて穏やかに暮らせよ」と思わざるを得ないがそれはどう考えても無理筋で。

「束の間の笑い」を提供しつつ付き合い続けることだけは当分変わりなさそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「知ることのできない現在・過去・未来を限定しないこと」について

2011-06-21 02:54:53 | Weblog
雨のちくもり。深夜になって雷と雨も。

「20世紀との訣別 歴史を読む」はようやく半ばを越えたところ。

橋本治は中野翠に「太鼓判を押す」ために「ふたりの平成」という対談集を出したけれど
「プロデューサー」として蓮實重彦は山内昌之に「似たようなこと」をしたのか。

本書は99年に出ていて
東浩紀「存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて」(’98)を共に評価している。

大塚英志との対談集「リアルのゆくえ」(’08)の中で当の東浩紀は
上の著書が十年前に出ていれば自分はもっと「違った存在」であっただろうと言っている。

とはいえ佐々木敦「ニッポンの思想」(’09)によれば
彼は「ゲームボードの再設定」をして「ひとり勝ち」状態だとも。

もちろん「ひとり勝ち」しようがしまいがそのことはどうでもよく
本人は「可能性」を追求しているに過ぎないだけ。

「動物化」という言葉を敢えて使ったりするその根本には
「投瓶通信」を唱えた浅田彰の「ロマンティックもしくは投げやり」に対する文字通り「リアルな応答」がある。

要は自分の回りに「動物たち」が現れ始めたという「現実」への対応の仕方の違い。
浅田彰はそれを「バカあるいは土人」として片付ける一方東浩紀は「絶望」から「希望」を見ようとする。

個人的には「日々のあれこれ」について前者のような「身振り」をしているものの
後者の「廃墟からの視点」とでも呼ぶべき「態度」に惹かれるところも少なくない。

非常に大雑把にまとめてしまえば
「年長者の断念」には「希望」がなく「若輩者の断念」には「希望」があるということだろう。

それらがひょっとして「平均寿命」といった個々人には無意味な「定規」によって測られているのだとしたら。
繰り返すが「一寸先は闇」という「リアル」を肯定的に捉えたいもの。

「無意識」が作り上げる「物語」にはあくまで注意して
むしろ「思いがけないもの」に対して反応できる「アンテナ」は常に維持しておいて。

さて。

「20世紀との訣別」で語られているように
結局「人の理解力には限りがある」ということを「土台」に据えなければどうしようもないのが「現実」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加