退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

2011GW1

2011-04-30 03:55:46 | Weblog
晴れ。少し曇る。

カント「純粋理性批判 4」読了。

解説を読んで少しだけ納得。
「分析的判断」と「総合的判断」という言い方がようやく腑に落ちる。

深夜「朝まで生テレビ」を観る。

「原発推進派」と「原発反対派」の「現状認識」が同じだという「事実」。
そんな「分別」に大した意味はないのだけれど。

敢えて言えば「推進派」の石川という人に
「あなたはなぜ原発を推進するのですか」と単純に聞いてもらいたかった。

飯田哲也にもう少し「納得させる力」があれば。
今後さらに「プレゼン力」を磨いていただきたい。

マル激での話の内容を思うと大きな違いが。
「スマート・グリッド」という単語さえ出ないのだから。

「復興会議」とやらが増税を一番に持ち出したのは
「リーダー不在」の政治に付け込んだ財務省官僚のせいだという高橋洋一の話はわかりやすかった。

それにしても。

わが国ではなぜ「ザ・ベスト&ブライテスト(一番賢い人々)」を用意できないのか。
どういうメンバーになるべきかを誰も知らないせいなのか。

事故発生から50日たっても
「現状」そのものを誰も知らないという「喜劇」。

たとえばこうした「政治」を代表として
わが国のあらゆる場所で「ごっこ」が横行している。

何もわかっていない人々が
いたずらに「責任逃れのアリバイ工作」をしているということ。

自分の「無能さ」を一番よく知っているのは当の本人なのだから
せめておとなしく暮らせよと思うものの。

その「無能さ」こそが「自分を際立たせたい欲求」を生むという仕組みの「どうしようもなさ」。

そうした「原理」については重々承知しているつもりでも
やはり「実例」を目にするとどうにも「排除」したくなる気持ちは抑えきれない。

たとえば「赤狩り時代」のアメリカ映画監督協会臨時総会に呼ばれた映画監督
ジョン・フォードのようには振る舞えないものか。

「さあ、家に帰って寝よう。明日は撮影があるのだから」

この台詞に倣ってわれわれは
「さあ、現場に帰って寝よう。明日は仕事があるのだから」と言うべきだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「波打ち際」について

2011-04-29 03:20:32 | Weblog
くもり。案の定体調は戻る。

カント「純粋理性批判 4」を読み始める。

「3」よりは少しわかる感じ。
今後の展開に期待しつつ。

ユーミンに「十四番目の月」という曲があるのだけれど
いよいよ満ちていく雰囲気はやはり楽しくGW突入。

とはいえ「毎日が日曜日」だったりすると
「非日常」が「日常」になるのでやはり飽きるもの。

「大きな振幅」を揺れ動くことで「幸せ」は増すのだから
むしろ「不幸」を抱えていなければ楽しさも減るというのが味気ない「事実」だとして。

たとえば人がそれぞれ「固有の波動」を持っているものだとするなら
ある種の「波」が重なって盛り上がることもある。

ただし波の「山」と「谷」が重なるときにはそれがゼロになり
さらにはマイナスの波が重なればそれは倍にもなるわけで。

もっとも波は常に揺れ動くもの。
一時の結果が「すべて」を表すわけでもなく。

そうした「偶然」はどこにでもあるから
人は人と付き合う気持ちになるのかもしれない。

とりあえず流れ行く時間の中で
誰もが「ブイの点滅」のようにあれこれと「しるし」を示す。

行方も知れぬその点滅が
誰かに受け止められることもなくはなく。

ただひたすら点滅し続けること。
そうした言葉に引きずられるとまるで「灯台」のようだったり。

そこには常に波が打ち寄せてきて
それを頼りに「航海」をする人もあるのかもしれない。

要は「ブレないこと」。

そもそも時間は「時計」のような形でしか意識されず
「楽しい時間」は「そうでない時間」より圧倒的に短い「印象」だけが残るもの。

きっとそういう存在は「役に立つ」はず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「休肝日」について

2011-04-28 02:24:44 | Weblog
くもりのち雨。帰りに傘の骨を曲げる突風も。

今日は目が覚めるとなぜか腹痛。
その後下痢が止まらず仕事にでかけるまで何度もトイレに。

昨日食べたものが悪かったのか
はたまた飲みすぎのせいなのかは不明なまま。

本を読む気にもならず括約筋を締めつつどうにか仕事を終える。
帰宅後もまだ完全復調せず。

仕方なく酒もひかえてお茶漬けのみの夕食。
気休めにリンゴジュースなどを飲む。

おそらく明日には回復していることだろうが
さてどうなることやら。

身体の言うことだからとりあえず聞いておこう。
他人の言うことはあまり聞かないけれど。

GW前の仕事も明日で終了。
休みはこどもの日まで一週間ある。

始まる前にはあれこれ考えたりもするが
結局終わってみれば特に何もしていないことが多い。

いつもと同じように過ごせるはずなので
いつも通りにのんびりしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

流れのままに

2011-04-27 02:50:13 | Weblog
くもり。やや湿気あり。

カント「純粋理性批判 3」読了。

自分の力不足を痛感しつつ
とりあえず「4」へと進むことにする。

昨夜はなぜか飲んでいるうちに眠くなってそのまま。
途中で何度も目覚めては奇妙な夢を見る。

とんでもなく高い崖(なぜか自分の立っている側にえぐれている)を滑り降りた記憶のみ残る。
あとはあちこちさまよったような。

いつものように仕事をこなして帰宅。
夕食後ちょいと数学のパズルに熱中する。

あとひと息で全部解けるのだけれど
最後の関門がなかなか抜けられず明日以降に回すことにする。

ある程度の時間を置いて見直してみるとウソのように簡単に解けたりするのが面白い。
もちろん答えがあるものについてはいずれもそうだろう。

常に立ちはだかるのは自分の「思い込み」。
さんざん迷った挙句に「白紙」に戻ったりする方がうまくいくケースが多い。

というわけで遅がけに飲み始める。

そういえばもうすぐゴールデン・ウィーク。
今年も地味に過ごす予定。

遊ぶといっても普段から遊んでいるような生活なので
これといってしたいこともなく。

たまには旅行でもと思うときには資金がなく
資金があるときには旅行にでかけないという「タイミングの悪さ」。

それもこれも「めぐり合わせ」ということで
そうした「条件」に合わせて今後も暮らしていくのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「本物に触れること」のありがたさについて

2011-04-26 02:03:59 | Weblog
くもりときどき雨。今日は傘を持ってでかける。

研修後またまたガストへ行くことになり
たわいなく遊ぶ若い同僚たちに付き合う。

羽生善治・柳瀬尚紀「勝ち続ける力」を読む。

将棋界の「エース」と翻訳界の「エース」との対談をまとめたもの。
カント「純粋理性批判」をちょいと横に置いてリラックス。

「昔は三十手くらいまでは定石であとの七十手で戦った」というのが興味深い。
「『勝負師』としては研究をした上で対戦に臨むのは『野暮』だとされた」というのもなかなか。

かつての将棋界には「暗黙の約束事」と「美学」があって
羽生にはむしろその「最後の衣鉢を継ぐ者」という面もあるらしい。

一時は「七冠」を独占した彼はその後「一冠」になるまでタイトルを失う。
ただしそれは柳瀬によれば「違う次元を見据えての行動の結果」だと。

「神が見えた」という今は亡きF1レーサー、アイルトン・セナに共感する棋士の世界は
「勝負などどうでもいい」と思える「高み」の圧倒的な「豊かさ」を感じさせる。

それを「海に潜る」と表現したあたりに
おそらくはドラマにもなったマンガ「ハチワンダイバー」のアイデアの元もあったのだろう。

それだけ打ち込めるものを職業としながら
古今亭志ん生の「落語=なくってもなくってもいいもの」と同様に将棋を見なしている羽生はやはり「名人」。

土曜はついつい心地よく飲んでしまい遅い目覚めのせいで観られないことも少なくないけれど
出来るだけ日曜のNHK杯は見ようとあらためて思う。

どんな「世界」にせよ
「凄み」を感じさせる存在にはやはり敬服するよりない。

そうしたものに接することのできるありがたみさえあれば
「たかが知れた鬱屈」などいつでも一気に掻き消えるもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「わたしはわたしであること」について

2011-04-25 02:15:46 | Weblog
くもりときどき少しだけ雨。ここ数日快晴なく。

カント「純粋理性批判 3」を引き続き読む。

どうにも「お経」状態でほぼお手上げ。
とりあえず本文は読んだので「解説」にわずかな理解への望みを託すのみ。

深夜にマル激のニュース・コメンタリーを観る。

「中央集権システムの破綻」というのが
おそらくは今回の地震・津波・放射能問題を解決するためのポイント。

圧倒的に複雑な「現実=危機」に対処するために
「処理が難しい問題」に対処するためにはどう考えても「中央集権」はマズい。

もっともそれを「リーダーシップの不在」という形で捉えることも出来るけれど
そもそも「リーダー」を育てたり認めたりする「土壌」がもはやないのだから仕方がない。

かつてはそれが出来ていたのだと年配の人々は語るものの
それが「今できるかどうか」は別の話。

そうした中で「既得権益」を手にしている人々は
とりあえずそれを離そうとはしないのも事実。

果たしてその「既得権益」を今後も維持することが将来にどう影響するかなどという考えは毛頭ないだろう。
「当然のこと」をそのまま続けたいだけのことだったり。

あとひとつ気になるのは政府の命令によって
実際に放射能レベルがどうなのかという問題は別にして強制的に避難させられた人々のこと。

かなり以前にも書いた記憶があるけれど
極端に言えば「死んでもいいから家に戻りたい」という人々にどう答えるのか。

おそらくオロオロしながら「正論=死なない方がいいこと」を政府が説くことは想像できる。

がしかし。

「死んでもいい」と言う人々にとって大切なのものは
「死なないこと」より重要だったりする。

たとえば「尊厳死」という考え方が認められるのならば
そうした人々の行動を政府が規制するのはどうなのか。

いたずらに「既得権益」のみを維持しようとする輩よりは
少なくとも個人的には好ましい生き方ではある。

もちろんそうでない考え方もあっていい「当然」も忘れずに。

人の「品性」はさまざまにあるので仕方のないことだが
できれば「豊かさ」を求めたいもの。

やはり「希望」は「絶望」から生まれるものらしい。

というわけで「絶句」しておく。
そんな時には「具体的な事実」を見つめよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「微妙な日」について

2011-04-22 04:29:03 | Weblog
くもりときどき雨。傘は持たずにすむ。

カント「純粋理性批判 3」を途中まで読む。

本文のみではどうにも内容が頭に入らず
ますます「お経」と化しつつある。

後ろに解説文が付いているのでそれを頼りにするほかないか。

電車で知り合いに会った、と思う。
あいまいな表現になるのは自分が本を読んでいて顔を合わせなかったから。

彼は元々無口なタイプで
以前電車に乗り合わせたときにもあまり会話はなかった。

そういう「微妙な関係」のせいもあって
ついつい顔を上げて相手を確認するのがめんどくさくなったというわけ。

ただし仮に相手がもう少し仲のよい知り合いだったとしても
たとえばやや長めの横断歩道の向こうに相手を認めつつ徐々に近づく間は何だか気まずい。

「間がもたない」という意識がどうしても頭をもたげてしまうので
出来るだけ気付かないふりをして近づくことにしている。

自分ひとりだけではなくそばに連れが居たりすれば
平気で「エイドリアーン!」と叫んで走り出すこともできたり。

唐突だが普段吸っているタバコが店にないので
どの銘柄を買うかしばし迷うことしきり。

「SEVEN STARS」と書かれた緑色のボックスを選んでみたら
その下に「DEEP MENTHOL」と小さくあってビックリ。

メンソールもしくはメントールは昔吸ったときに印象がよろしくなかったので以来敬遠していたもの。
ところが深夜に飲みながら吸ってみるとそれほど悪くもない。

煙を一種の「ヴェール」だと思えば大した違いはないのか。
それにしても「タバコ税」には腹が立つけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「つまずいたら戻れる場所」があることについて

2011-04-22 02:31:26 | Weblog
晴れ。おだやかな春の日。

カント「純粋理性批判 2」読了。

読んでいるうちに何やら「呪文の世界」に入ったような気になる。
平たく言えば内容についていけない部分が多いということ。

たとえばこれが英文だとして
敢えて先を訳していくうちに後で納得できることもある。

とりあえずそういう解釈をしておいて先に進む。
「常に納得しなければならない」と思うと何事も長続きしない。

「意味のわからないもの」や「理不尽さ」を拒絶しないという姿勢が
またあらたな「世界」を垣間見せてくれることもある。

それらはあくまでその時の自分にとってという「限定付き」なので
結果が肯定的なものであろうと否定的なものであろうと「付き合う」のがいいかも。

そこで「ブレイクスルー=突破」が起きればうれしい。
その種の「幸せ」を知っている人はキリスト教に倣って言えば「幸いである」。

さて。

自分が「好きなもの」と「嫌いなもの」を判断する能力は誰にもあると以前書いたけれど
自分に「わかるもの」と「わからないもの」を判断する能力はそうでもないらしい。

要は「見切り」が出来るかどうかで
それが出来ないといたずらに迷うのみ。

たとえば九九があいまいな人は九九をもっと徹底的に覚えていつでも使えるようにすべきなのだが
その「当然」をしないままある時突然「壁」にぶつかったりする。

「九九」というのは例えで
あらゆることを行う上での「基本」だと思ってもらいたい。

そこに少しでも「揺らぎ」があると
「原因不明の不安」を絶えず抱えることになるので注意しておこう。

もちろん人にとって「世界」は複雑すぎるので
「不安がない」などということはないのが「普通」。

大切なのはいつでも戻って来られる「土台=ホームベース」があること。
そこさえ確保できていれば人は誰でも「たくましく」生きられる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「天賦の才能=ギフト」はあるということについて

2011-04-21 04:18:02 | Weblog
忘れた頃にyoutube。

以前にも書いたことはあるけれど
やはり圧倒的な上原ひろみ

ノリがカッコイイことこの上ない。
ちょいと映画「サスペリア」の音楽に似てなくもないところも少々。

鍵盤を叩くスピードは最初は柔らかな「水のゼリー」を思わせる。
その後めくるめく指の動きに酔うのみ(ギターも含めて)。

魂が抜けるようなヒューッという音はときどきヒュッヒュッと切れて
そのあたりは瞬間だけ「沖縄の口笛」も感じさせて。

こういう音は「野生」というよりむしろ「知性」と呼ぶべき。
結局は「地頭の強さ」がすべてを物語り。

メロディーは表と裏を交互に見せて。
リフの切迫感が心地よい緊張感を生み出す。

構成のイメージは幾何学だったりするものの
そこに円も曲線も交錯する設定。

区切られ立った音の清々しさよ。
その「コロコロ加減」は掃除とは全く違ったもので。

「細胞を沸き立たせる音」を知ろう。
そうした「身体感覚」は大切にしたいもの。

というより「理屈」はもうどうでもよくて
この「世界」に浸る楽しさを共有したいだけ。

さて。

あなたには出来ますか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「世界」は「自分」が決めているということについて

2011-04-21 02:28:15 | Weblog
晴れ。風が吹く。

カント「純粋理性批判 2」を途中まで読む。

今のところ「1」より面白味は感じられず。
細かいところをあれこれ言っている模様。

人の「世界の捉え方=カテゴリー」が
「物自体としての世界」とは関係なく「世界」に「秩序」を持ち込むのだと。

要は自分の「外部を理解するための在り方」こそが
実は「外部=世界の在り方」を決めてしまうのだということ。

だからいたずらに「世界」を解釈するより
自分の「解釈の仕方」こそを「理解=点検」すべきだということらしい。

もちろんこうした著作の「理解」も
「自分の器のなせる業」ではあるので心しておきたい。

人は「自分の理解できる形でしか物事を捉えられない」のが「正しい」のだとして
そこで問われることになるのはやはり「自分」だろう。

できれば「多様な世界の在り方」を知りたいので
あらゆるものに対して「開かれた自分」を常にできるだけ準備していたいものではある。

ついつい「ダメなもの」に目が行ってしまいがちで
そのあたりについては「上を向いて歩こう」。

もっとも「上」だと思ったものが「下」だったり
「左」だと思っていたものが「右」だったりするのもよくあることで。

ここでも「自分が変わること」で「世界」が変わるのは確か。

「細胞が日々生まれ変わること」を知る重要さを
あらためて「リアルなもの」だと思うことにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加