退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

明日は昼から仕事ゆえ

2008-07-31 01:05:49 | Weblog
晴れ。暑さはそこそこ。

半藤一利・保阪正康「昭和の名将と愚将」を読む。

栗林忠道を皮切りに、石原莞爾と永田鉄山、米内光政と山口多聞、山下奉文と武藤章、
伊藤整一と小沢治三郎、宮崎繁三郎と小野寺信、今村均と山本五十六が名将篇。

服部卓四郎と辻信正、牟田口廉也と瀬島龍三、石川信吾と岡敬純、特攻隊の責任者
大西瀧治郎・富永恭次・菅原道大の三人が愚将篇。

ほぼ文句なしに誉められている感じなのが斬殺された永田鉄山。
今村均もいいけれど「戦陣訓」をまとめたというのは初めて知った。

ノモンハンの服部卓四郎と辻信正、インパールの牟田口廉也、
そして瀬島龍三のイヤらしさは予想通り。

角田房子の「いっさい夢にござ候―本間雅晴中将伝」や「一死大罪を謝す―
陸軍大臣阿南惟幾」は読んだ記憶があるものの詳細は忘れた。

内田樹「ひとりでは生きられないのも芸のうち」を読む。

著者のブログはときどき覗くのだけれど
本にしてまとめた方が読みやすくなっている。

「自分のために働いてはいけない l'un pour l'autre」
「あなたなしでは生きてゆけない (I can't live without you)」。

フランス語と英語でも書かれた言葉のある2編のメッセージが印象的だけれど
その理由を考えてみるのもまた一考か。

もちろん詳細はいずれもそれぞれで確認していただきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やや疲れ

2008-07-29 00:54:40 | Weblog
雨のち晴れ。午前中にどしゃ降り。

おかげでやや湿気はあるものの過ごしやすい。
しかしそろそろ早起きの疲れがたまってきた感じ。

思うように酒が飲めないせいもあるのか。
サラリーマンのタフさにあらためて感心する。

もっともそれぞれの生活習慣だから
なんでも慣れてしまった方が楽に思えるだけかもしれない。

そういうわけで
今宵も早目に就寝する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダラダラしたい日に

2008-07-28 01:04:31 | Weblog
晴れ。夜になってやや過ごしやすい。

久方ぶりという感じのする休日をダラダラ過ごす。
季節労働のペースもあと一週間すればヤマを越すはず。

DVDは清水宏監督作品でメジャーでないのを借りた。
「信子」「みかへりの塔」の二作(しばらく見られそうにないが)。

図書館で借りた本6冊。
検索のパソコンの調子が悪かったので適当に見繕う。

黒澤清「恐怖の対談 映画のもっとこわい話」を読む。

「心霊」というものを映像として取り入れたのは
比較的最近の話だという技術論が面白い。

その後「自殺」をテーマにしたマル激を見る。
「自殺者が10年連続3万人」という事実はやはりおそろしい。

年間死亡者が1万人を超えていた頃
「交通事故」は「交通戦争」と呼ばれていたりしたものだ。

詳細なデータはこちらまで。
http://www.lifelink.or.jp/hp/whitepaper.html

「消費は人を孤独にする」けれども
ある程度のめんどくささも含めて人と付き合うことを考え直すべきなのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膜が隔てるもの

2008-07-25 00:50:36 | Weblog
快晴。汗の膜が肌を包んでじっとり。

おとといちょいと遅刻したので
昨日は早目に寝てみたが暑くて寝られず。

年に一度か二度はそういう日がある。
今宵はそれほどでもない感じ。

粕谷一希「鎮魂 吉田満とその時代」を読む。

「戦艦大和ノ最期」の著者の人生を時代背景を交えながら描いた作品。
著者が「恋多き白樺派」だと初めて知った以外目新しいことは少ない。

元々戦争には批判的だった人物がやがて大和に乗り込み覚悟を決める。
その結果後世に残る作品は生まれたけれど。

自分だったらどうするかと考えると
しばし黙り込むしかない。

安易に言葉にしてしまう前に
死ぬまでじっくり考えることにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶から記録へ

2008-07-23 01:09:00 | Weblog
晴れ。暑さの中にわずかな涼を感じる。

保阪正康「<敗戦>と日本人」を読む。

「昭和天皇独白録」、藤田尚徳「侍従長の回想」、下村宏「終戦秘史」
宇垣纏「戦藻録」、迫水久常「機関銃下の首相官邸」、「機密戦争日誌」

東郷茂徳「時代の一面」、高見順「敗戦日記」、山田風太郎「戦中派不戦日記」を
それぞれ取り上げて「敗戦」を読み取った作品。

藤田尚徳はイギリスに派遣されたことのある侍従長で、
昭和19年8月29日から昭和21年5月3日までその職を務めた。

下村宏は情報局総裁として有名で朝日新聞副社長・日本放送協会会長も歴任し
鈴木貫太郎内閣で無任所の国務相として入閣。

宇垣纏は連合艦隊参謀長、迫水久常は鈴木内閣の書記官長。
東郷茂徳は開戦時と終戦時の外相、高見順は作家で山田風太郎は当時医学生。

「戦争を語り継ぐ」ことから「記録を再整理する」ことを目指す著者から
とりあえず「参考文献」を教えてもらったと解釈しておく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そういうことらしい

2008-07-22 01:11:11 | Weblog
晴れ。今日も暑し。

ジョック・ヤング「排除型社会 後期近代における犯罪・雇用・差異」読了。

予想通りどうしたらいいのかという処方箋はなし。
ただし現状分析としては整理されていて悪くない。

キーワードは「相対的剥奪感」と「保険統計主義」。

「平等」が進めば進むほど人々は小さな差異を気にするようになり
自分より恵まれているように見える他人を見て抱く気持ちが前者。

社会から「逸脱」した者を包摂することは考えず
もっぱら彼らが与えるリスクを先回りして回避するのに専念するのが後者。

「ディズニーランド」には不潔なものがない。
けれどもそこに暮らせる人はごく限られている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャラクターあれこれ

2008-07-21 02:33:37 | Weblog
快晴。暑い。

加藤泰「人生劇場」を観る。

小説家を目指す青成瓢吉とお袖、瓢吉を見守る渡世人吉良常、
飛車角とおとよ、宮川らの人生模様を描いた作品。

この監督の特徴は男女の絡みと下半身のみのショットという印象。
「股のぞき」もあったりしたけれど今ひとつ感情移入しにくい描写。

墓は無用と遺言したのは瓢吉の父瓢太郎(森繁久彌)。
それでも墓を作りたがる吉良常(田宮二郎)。

「心の中に墓があればいいんだ」という瓢吉(竹脇無我)。
「どこを拝みゃいいんですか」と泣く吉良常がいい感じ。

字の読めない彼は若旦那瓢吉のすることはよくわからないけれど
立派な人になってもらいたい一心。

飛車角(高橋英樹)とおとよ(倍賞美津子)の恋の隙間に
宮川(渡哲也)が絡んでややこしいことにもなる。

コント55号(萩本欽一・坂上二郎)もゲスト出演。
お袖(香山美子)の婀娜っぽさもなかなか。

その他キャストはこんな感じで楽しめる作品。
http://www.jmdb.ne.jp/1972/cv002040.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

束の間の余裕

2008-07-20 03:06:19 | Weblog
晴れ。早朝から洗濯。

朝から晩まで季節労働の後
実に久方ぶりにソウルバーへ行く。

これまた久方ぶりにマスターと話す。
それぞれに大変らしい。

貧乏なくせに帰りにタクシーに乗る。
一日11時間25日くらい働くと手取りが35くらいになると聞く。

年金を払ってないのでそれくらい稼いでおこうかという運転手さん。
「まじめにやればそうなりますよ」と言う。

不真面目に暮らしたい者としては
納得しつつ納得しがたい生活なのだけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひと息ついて

2008-07-19 01:26:06 | Weblog
雨のち晴れ。夜涼しい。

駅のコンビニ前でタバコを吸っていると目の前にギャルが来た。
よく見ると若い同僚で「おっ」と挨拶する。

ジョック・ヤング「排除型社会」を半分くらい読む。
社会が豊かになっても犯罪が減らないのは「常識」らしい。

今のところあれこれ簡潔にまとめてあって面白い。
新鮮な発見は少ないけれど終わり方が楽しみ。

明日の朝は早出。
とりあえず連続しないのでまだ楽か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節の中で

2008-07-18 03:33:14 | Weblog
晴れ。暑い暑い。

目が覚めたらひからびてるかと思いきや
まだまだミイラにはなれそうもない。

TVで深夜に全英オープンを観る。
新しい「季語」として認定したくなる。

技術と技術が戦いあう中で生まれるドラマ。
スポーツの清々しさというのはそういうところにあるのか。

日本で初めてゴルフをしたのが皇室関係のせいで
今でも日本ではゴルフをするのに無駄に金がかかる。

今回の全英会場ロイヤルパークデールを見よ。
「曠野」というにふさわしい風景が広がっている。

たとえばここで「嵐ヶ丘」を思い出そう。
ヒースクリフという主人公の名前の由来が偲ばれるというものだ。

気温が14℃と出ていた。
期待の今田竜二は苦戦している模様。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加