退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「岩石あるいは『原石』を見極めること」について

2017-09-13 02:37:39 | Weblog
くもり。夕方から晴れる。

チームG編「薄片でよくわかる岩石図鑑」を見て読む。

さまざまな岩石がどのように出来るのかを
ダイナミックな「地球の構造」とともにもっと知りたかったところ。

本書はそのあたりの「ワクワク」より
「岩石の実態と保存」に中心があったようでいささか残念。

もっとも「自然が生み出す美術」としての岩石にはふむふむ。
何とも不思議な構造と色には驚くのみ。

「分析のための実技の紹介」もあるので
この世界を目指す人々には「実用書」の役割を果たすのかも。

英勉「貞子3D」(’12)をGyaoで観る。

石原さとみの魅力はその鼻と唇にあることをあらためて。
橋本愛の相変わらずの「美少女ぶり」もありつつ。

平祐奈のキュートさはCMで観ていたが姉の可愛さとは異なるもの。
やや「和風」が強いといった感じ。

物語そのものはむしろどうでもよく。
「貞子の取り巻き」を「蜘蛛のような虫」にしたのが取り柄ではあるのか。

おぞねせいこは「魅力的」だがもったいない使われ方。
この少ない出演で印象を残す「力」は確かなものだけれど。

本作は作品の質より「女優陣」を見るべき作品だと思われる。

それにしても。

キャスト紹介がいささか「情報不足」のような。
公式サイトを見てもどうにも「愛情のない作り」としか思えず。

ちゃんと全部紹介しようよ。
もちろん「主なキャスト」だけでいいので。

少なくとも「可能性」を感じさせる俳優についてはしっかりやっていただきたい。
それがわからないようでは困るのだけれど。

さて。

明日は有給休暇。

おそらくいつものように過ごすはず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「傘袋=コンドームとライン... | トップ | 「母親との『付き合い』ある... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL