退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

3連休その1・2

2016-10-31 02:44:41 | Weblog
晴れ。おだやかな秋の日。

昨夜はいつもの老舗バー。

3連休ということで初めて私服で訪れる。
またまたDVDを2枚借りてくる。

帰宅後しばらくして爆睡。
TVとPCは付けっぱなしで目覚めるというだらしなさ。

もっときちんと「消化」すべきなのだが溜まるペースの方が早い。
なぜかGyaoで「スモールタウン・マーダー・ソングス」(’10)や「誰でもない女」(’12)など。

前者はアメリカの田舎町の雰囲気がなかなか。
洗礼を受けた主人公の警察署長は元恋人と別れる原因になった「暴力」を辛うじて抑える毎日。

ドイツ語しか話さない父親と仲間たちとの微妙な関係もあり。
現在一緒に暮らしている女性の「世間話」の苛立たしさも。

聖書の言葉がドラマの区切りに白字で画面に出る。
田舎ゆえ初めての「殺人事件」で犯人逮捕へのプレッシャーの中彼が取った行動とは。

後者の原題は「two lives=ふたつの人生」。
主人公は母親と夫と娘、孫のいる「幸せな家庭」を築いたものの。

第二次大戦中ドイツ人と結婚したノルウェー人女性に対する国の仕打ちを訴えようとした弁護士が
そうした母の娘である彼女に「証言」を依頼したことから「隠し続けてきた事実」が明らかになり始めて。

戦争孤児を偽りの愛情で釣る「国家の酷さ」よ。
「善き人のためのソナタ」(’06)とは少し異なる「歴史」を知っておこう。

マル激を観る。

ゲストは亀井静香で「死刑廃止」について。
世論は8割ぐらいがやや否定的な部分もありつつ存置に賛成らしい。

凶悪犯罪の発生率そのものは減っているものの
時折起きるそれらに対して「過剰反応」をする人々のせいか。

「死刑」による「犯罪抑止」がなされないことはすでに明らかで
執行官に「殺人」を行わせている「一方的な負荷」についても同様。

おそらくもっとも大きな要因であると思われる「遺族の感情」についても
「代弁者」のあれこれより「死刑の公開」によってそれが「本当に望ましい」のかがわかるはず。

例えば3.11の大川小の裁判で「金目当てだろう」などと言われることがまだあったりするのは
われわれが「孤立する」中でいかに「貧しく」なっているのかの「証拠」ではないのか。

「金しかない」と思わせるものは「人間関係資本の欠如」でしかなく
その部分に対する「手当て」こそが実は肝心。

さまざまに「厳しい現実」があるのは承知の上。
ここでも「大事な資源は人であること」が浮かび上がる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「わかりやすさに対する圧倒... | トップ | 3連休その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL