退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「翻訳を通じた豊かさと宇宙の日常茶飯事あるいは車のない生活」について

2017-10-18 01:58:02 | Weblog
雨のち晴れ。おだやか。

池央耿「翻訳万華鏡」を読む。

著者の名前を意識したのはたぶんフリーマントルの作品からだけれど
「鷗外好きの教養人」だというのは初めて知った次第。

薄田泣菫「茶話」から落語「蒟蒻問答」。
あるいは孟浩然「春暁」から井伏鱒二の「厄除け詩集」へ。

ビートルズやチャーリー・パーカーもあり
SF畑ではアシモフ、ホーガン、ニーヴン、バーネル、ゼラズニーら。

冒険小説ではハモンド・イネス、ジャック・ヒギンズ、ジョン・ボールなど。
この幅広さはいかにもタイトル「万華鏡」にふさわしく。

もちろん一部を挙げただけなのでよろしく。
こんな「素敵な大人」だとは露知らず。

久方ぶりに「思わぬ拾い物」をした気分。
この種の「豊かさ」は忘れられて久しいので是非。

当然の事ながらまだまだ「知らない世界」はたくさんある。
寿命の限り「退屈しのぎ」を続けられるのはうれしいこと。

さて。

中性子星の合体による重力波と光が観測されたというニュースが流れる。

どうやら「重元素の起源の解明」につながるらしい。
鉄より重い金やプラチナが生まれた謎が解けるかもと。

おそらくこの種の出来事は宇宙では「日常茶飯事」のはず。
「世界」はそこまで広いのだから細かいことにはクヨクヨしないでいたいもの。

その一方。

わが国のメディアではある事故を元に「危険運転をする車の多さ」が伝えられたり。
そういえば「車」が「テロの道具」になって久しい。

「車を必要としない生活」を確保するためにはどうしたらいいのか。
そろそろ真剣に考えた方がいいのではないか。

基本は「町づくり」だったりするのを忘れずに。
「高齢者の多い田舎」で必要なのはわかるものの「郊外」はもっとどうにかなるだろう。

歩いて行ける範囲に必要な店があればOK。
いたずらに広い道路があるのは「車を優先させるから」に過ぎず。

「こじんまりとしたそこそこ楽しい暮らし」があれば
人はもっとのんびり出来る。

さらには「仕事しかない暮らし」についても同様。
この点については男子諸君の「人生の過ごし方」の見直しが大いに求められるのだと言っておく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加