退屈日記

とりあえず日々のつれづれを。

「翻訳を通じた豊かさと宇宙の日常茶飯事あるいは車のない生活」について

2017-10-18 01:58:02 | Weblog
雨のち晴れ。おだやか。

池央耿「翻訳万華鏡」を読む。

著者の名前を意識したのはたぶんフリーマントルの作品からだけれど
「鷗外好きの教養人」だというのは初めて知った次第。

薄田泣菫「茶話」から落語「蒟蒻問答」。
あるいは孟浩然「春暁」から井伏鱒二の「厄除け詩集」へ。

ビートルズやチャーリー・パーカーもあり
SF畑ではアシモフ、ホーガン、ニーヴン、バーネル、ゼラズニーら。

冒険小説ではハモンド・イネス、ジャック・ヒギンズ、ジョン・ボールなど。
この幅広さはいかにもタイトル「万華鏡」にふさわしく。

もちろん一部を挙げただけなのでよろしく。
こんな「素敵な大人」だとは露知らず。

久方ぶりに「思わぬ拾い物」をした気分。
この種の「豊かさ」は忘れられて久しいので是非。

当然の事ながらまだまだ「知らない世界」はたくさんある。
寿命の限り「退屈しのぎ」を続けられるのはうれしいこと。

さて。

中性子星の合体による重力波と光が観測されたというニュースが流れる。

どうやら「重元素の起源の解明」につながるらしい。
鉄より重い金やプラチナが生まれた謎が解けるかもと。

おそらくこの種の出来事は宇宙では「日常茶飯事」のはず。
「世界」はそこまで広いのだから細かいことにはクヨクヨしないでいたいもの。

その一方。

わが国のメディアではある事故を元に「危険運転をする車の多さ」が伝えられたり。
そういえば「車」が「テロの道具」になって久しい。

「車を必要としない生活」を確保するためにはどうしたらいいのか。
そろそろ真剣に考えた方がいいのではないか。

基本は「町づくり」だったりするのを忘れずに。
「高齢者の多い田舎」で必要なのはわかるものの「郊外」はもっとどうにかなるだろう。

歩いて行ける範囲に必要な店があればOK。
いたずらに広い道路があるのは「車を優先させるから」に過ぎず。

「こじんまりとしたそこそこ楽しい暮らし」があれば
人はもっとのんびり出来る。

さらには「仕事しかない暮らし」についても同様。
この点については男子諸君の「人生の過ごし方」の見直しが大いに求められるのだと言っておく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「教科書のつまらなさと『素敵な人』」について

2017-10-17 02:21:02 | Weblog
雨。一日中降って深夜に止む。

慶應義塾大学教養研究センター編著「生命を見る・観る・診る」を読む。

十年前に出た本書は今読んでもわかりやすい「科学の紹介」。
錯視」を扱った章ではさらに楽しめる仕組み。

学校で教わる「理科」のつまらなさをあらためて思った次第。
最新でなくとも「研究の楽しさ」を伝える内容がないとどうにも。

もちろんそのためには教師と教科書のレベルを上げる必要があり。
さまざまな映像をもっと活用すべきなのは確か。

「世界の不思議」とそれらをめぐる楽しさをもっと。
いくらでも工夫の余地はありそうなのだけれど。

まずは教科書をもっと分厚くして中学・高校それぞれ3年間ずっと使えるのものにしたい。
そこに好奇心をそそる研究内容の紹介を増やして。

科学者のエピソードや「論文捏造」などについても同様に。
「人としての生臭さ」を教えることも出来るのだから。

「自由学芸=リベラル・アーツ」がそもそも
「文法学・修辞学・論理学・算術・幾何・天文学・音楽」だったことを思い出したいもの。

現代の分類で言えば「国語・数学・理科・音楽」になるのか。
もっとも「理科」は「生物・化学・物理・地学」をさらにあれこれと。

「学ぶことの面白さ」をどこかで伝えなければ「つまらない暗記」に終わるのみ。
その上で「あとはご自由に」という「余裕」がないのは貧しいだろう。

「英語・社会・音楽・美術・保健・体育」についてももちろんのこと。
おそらく一番重要なのは教師の「情熱」。

それはやたらに「暑苦しい『情熱』」ではなく
教師自身が「いかにも素敵な人」であることが重要かも。

残念ながら現在「教師志望」の学生には悉くと言いたくなるほど「魅力がない」。
もっともたまたま「人材の貧しい地域」を知っているだけかもしれないとはいえ。

まあどこの「世界」でも「ピンからキリまで」あるのだからそれも「贅沢」か。
少なくとも「ダメな人」に教えてもらいたくはないもの。

ところで「素敵な人」ってなに?

常に好奇心旺盛で「世界の不思議さ」に興味がある人だと言っておく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「現実を直視できない者たち」について

2017-10-16 01:51:42 | Weblog
雨。夕方に止むものの深夜に再び。

上野千鶴子・信田さよ子・北原みのり「毒婦たち」をおそらく再読。

副題に「東電OLと木島佳苗のあいだ」。
「まっとうに評価されない者」と「評価される手段を知ってしまった者」について。

いやはやここまで「事実」を知らされるとたいていの男子は凹むはず。
要はそのくらい「見ている『現実』」が違う模様。

「性的存在」でないと「女子」ではない一方それが「商品」になるということ。
「そこしかないのかい」という男子に対する失望を思えば。

木島佳苗は「ケアに対する報酬」を受け取っていたのだというのにふむふむ。
相手を殺すかどうかは別にして「女子の本音」としては案外「普通」だったり。

かくも弱く鈍感な男子たちよ。
「妄想」から解き放たれる時は来るのだろうか。

覚えておきたいのは「声も上げられない貧困」。
それが「貧しさ」だとも気付かぬままに生きる「酷さ」。

かつて自分の「商品価値」を知って「援交」をした女子はすでに40代前後か。
是非とも「感想」を聞いてみたいものだと思うのみ。

マル激を観る。

今回は「日銀が密かにリスクを増大させている現実」を説明する回。
河村小百合によるとすでに「手遅れ」だと。

結局のところ「暗黙のルールを無視した人事」が「地獄への道」らしい。
「イエスマン」ばかり周囲に集めればそこで「盛り上がる」だけだと。

学者が実務を知らないままに突っ走る愚も。
「リフレ派」に騙されて「止めようもない円安」になるというのが「崩壊のシナリオ」。

「短期的な損得」でしかものを見ないわれわれの「宿痾」。
「正しさ」よりも「身近な損得でしか動けない『貧しさ』」がここでも。

「事実の複雑さ」をメディアでは紹介しにくいことも忘れずに。
これも「見たい現実しか見ない」ことの一因。

「お友だち」しか周囲に集めない安倍首相の在り様が
「意見を異にする者たち」を集めた上で判断を下す「まっとうな政治判断」を遠ざけ。

「リーダー」に「素質のない者を選ぶ」ことは「支える者たちの賢さ」があって成り立つもの。
どっちも「愚か」ではどうしようもなく。

「立憲民主党」の枝野はこの事実を知っているのだろうか。
少なくとも彼には「知る義務」がある。

それにつけても「現在さえあればいい」という者たちの「無責任さ」。
かつての「敗戦」をまた繰り返すのだとしたらいっそ「滅ぶ」くらいがマシだと言っておく。

自己利益のために動かない「ブレイン=頭脳」を集めてどうにかできないものだろうか。
「この指とまれ」という各地での動きをゆるやかに集結させる人物の登場や果たしていかに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「もったいない場所といいかげんな読書あるいは深夜の会話」について

2017-10-15 00:54:24 | Weblog
くもりのち晴れ。天気予報が大きくはずれる。

今宵も老舗バーへ。

相変わらず客はまばら。
ゴードンのジンのボトルのデザインが変わっての初ニューボトルを入れる。

今までとはちょいと異なる香りがしたような。
そのうち慣れるだろう。

マスターとあれこれ話す。
「今の店は名古屋では無理なので東京か大阪へ行ってください」と進言する。

残念ながら店にふさわしい客がいないので。
ただし店を任せられる存在の有無がキーポイントのよう。

「あなたやる?」と言われたものの「とても無理です」と答える。

金井美恵子「カストロの尻」を読む。

どうやらもう一度きちんと読み直す必要がありそう。
頭がまともに働かずウトウトしながら辛うじて読了しただけ。

著者は以前から「女子の世界ではお馴染みのもの」を
男子が全く理解しようとしないことを言っていて。

その鈍感ぶりの例として木島佳苗の裁判の傍聴記を採り上げ
北原みのりと佐野眞一の見ているものの「圧倒的な差」を指摘したり。

今回はかろうじてその程度を理解したのみ。
「小説そのものの味わい」を全くわかっていないこの在り様が「男子らしい」のだとしておく。

寄せては返す波のように重なる「物語」なのはわかったつもり。
ただ如何せん「肝心な部分」については微妙なまま。

さて。

深夜に友人と話す。

いい具合に酒が回っているようで楽しい雰囲気。
また飲もうと言って終わる。

スマホに当ててている耳がよくわからないところを押したみたいで
会話中にいろんな音がダブって聞こえたり。

なぜか「わたし失敗しないんです」とか。
その後には映画音楽など。

「機械」のありがたみとそうでない部分を体験したということか。
もうちょいと飲んで寝る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「残酷であることふたつ」について

2017-10-14 04:01:16 | Weblog
くもり。深夜になって本降りに。

池上英洋「残酷美術史 西洋世界の裏面を読み解く」を見て読む。

神話が残酷であるならそれらを創った人間が反映されているはず。
親子は殺し合うし兄弟姉妹も同様。

それを「西洋世界」に限定する必要もなく。
わが国では「戦国時代」を思い出せばいいか。

「環境」さえ整えばすぐ「本性」が出る。
おそらく時代を問わず。

異教徒となるとどんなに残酷に殺しても平気。
今で言えばミャンマーのロヒンギャの現状を思い出そう。

あるいは少し前のアブグレイブ刑務所など。
「中世」は決して「特別な時代」ではないということ。

そして残念ながら今後もそうであり続けるだろう。

リドリー・スコット「ブレードランナー」(’82)がTVでやっていたのでついつい観てしまう。

ブツ切りにはなっているもののやはり街の美しさが素敵。
光と影あるいはネオンの美しさが何とも素晴らしい。

レイチェル、ショーン・ヤングの「清楚」とプリス、ダリル・ハンナの「野生」の対照も。
バッテイのルトガー・ハウワーは彫刻のような美貌で。

彼が「フェアであること」にこだわるのを忘れずに。
「影法師」のようについて回るガフのエドワード・ジェイムズ・オルモスの雰囲気よ。

日本語と芸者と浄瑠璃も登場しているのは言わずもがな。
もちろんヴァンゲリスによる「クジラの鳴き声」のような音楽もいい感じ。

「4年という寿命」を定めた人間が
レプリカントによってその「意味」をあらためて問われる。

最新作「エイリアン コヴェナント」でもテーマは変わっていない模様。
スクリーンで何度も見たい傑作であることを再確認した次第。

もっと語りたくなる詳細については敢えて述べず。
本作を知らない向きは是非。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加