SHONAN SURFERS☆STILE ☆ベンチプレス道☆「BENCH PRESS-DOU」

パワエリGYMでベンチプレス、湘南でサーフィンを満喫!
趣味の日記を紹介しています。

沼津プロレス 駿河永悟

2017年05月15日 07時41分07秒 | 矢沢永吉

写真左が駿河永悟さん、右はBBGYM大分 光末支部長

 

 

沼津プロレス 駿河永悟さんから迫力ある写真が届きました。

イベントの写真ですね。

 永悟さんは、仕事が休日の時も、ファンや子供達のために多くのイベントをこなし、家庭を大切にするとても素晴らしい人間性を持つ、まさに真のヒーローです。

 

ここで少し、永悟さんのベンチプレス経歴を紹介します。



1986年、高校3年生の時に 
国民体育大会ウエイトリフティング67.5kg級7位。 

1999年 
第11回全日本ベンチプレス選手権大会90kg級 
4位・記録205kg 

2000年 
第12回全日本ベンチプレス選手権大会90kg級 
7位・記録207.7kg 

2006年 
県内唯一のボディビル最高段位認定6段を取得 
静岡県段位認定審査会では、フロントプレス90kg、ベンチプレス135kg、 
スクワット180kgを各10回挙上と言う県内初の快挙を達成する。 
そしてこの年の9月10日に沼津プロレスが旗揚げされ、 
エースとして現在まで活躍し続ける。 

そしてこの後、 
ベンチプレス大会10数年振りの復帰参加で、いきなりの偉業を達成する! 

<2009年> 
9月・浜松アリーナ(サブ) 
第10回・全日本マスターズベンチプレス選手権大会 
男子100㎏級で、245㎏を上げ優勝! 

<2010年> 
2月・ 岡崎市中央総合公園体育館 
第21回・全日本ベンチプレス選手権大会 
男子100㎏級で、日本新記録290kgを挙げ優勝! 
※マスターズと合わせ、真の全日本チャンピオンと成る。 

3月~4月・北米フロリダ州オーランド市 
第10回世界マスターズベンチプレスシングルリフト選手権大会 
男子100㎏級で、280㎏を挙げ優勝! 
また全階級のM-1選手フォーミラーでMVP獲得。 

5月・北米テキサス州キリーン市 
第 21回世界男子女子ベンチプレスシングルリフト選手権大会 
男子100㎏級で、体重差500gに泣いたが、280㎏を上げ準優勝! 

8月・フィリピン共和国マニラ市 
アジアベンチプレス選手権大会 
男子100㎏級で、アジア新記録290㎏を上げ優勝! 

9月 ・ 三重県四日市中央緑地第2体育館 
第11回・全日本マスターズベンチプレス選手権大会 
男子100kg級で、日本人マスターズでは初の300kgを上げ、 
日本新記録を樹立し、2年連続優勝! 


日本人最軽量300㎏リフター、 
そして300㎏を上げた3人目の日本人と成る。 

<2011年> 
※2011年より10階級が8階級に縮小され、 
 永悟さんの100㎏級も105㎏級となり、 
 全階級の記録が一度リセットされる。 

2月・高知市くろしおアリーナ 
第22回・全日本ベンチプレス選手権大会 
男子105㎏級で、280㎏を上げ優勝!2連覇! 
この記録が新設105㎏級の日本新記録と成る! 

3月・米国オハイオ州・全米最大級スポーツイベント 
ジ・アーノルド・スポーツ・フェスティバル2011 
重量級で、290㎏を上げ4位。 
しかし、この記録が新設105㎏級の 
自らの記録を更新する日本新記録と成る! 

※4月・デンマーク国ロドビー市 
 第11回世界マスターズベンチプレスシングルリフト選手権大会 
 この大会は出場せず。オーストリアでの一般大会に照準を合わせる! 

5月・オーストリア国ゼルデン市 
第22回世界男子女子ベンチプレスシングルリフト選手権大会 
男子105㎏級、3回の試技、全てで失格し、失格。記録無し。リベンジならず。

8月・静岡県パワーリフティング大会
階級:105キロ級M1
S233:日本新記録
B195:日本新記録
D215
T643:日本新記録

9月・石川県金沢市
第12回・全日本マスターズベンチプレス選手権大会
男子105㎏級で、300Kgを上げて優勝!3連覇。
新しくなった階級で日本新記録を樹立。
更に、MVPにも選ばれ、文部科学大臣杯を獲得。

<2012>
2月・茨城県ホテルレイクサイドつくば
第23回・全日本ベンチプレス選手権大会
男子105㎏級で、302、5㎏をあげ見事優勝!そして3連覇!
もちろん日本新記録を樹立!

5月・チェコ共和国ピルゼン
第23回IPF オープン男子女子ベンチプレス・シングルリフト世界選手権大会
男子105kg級、295kgを上げ世界第3位。

マスターズ世界記録を樹立!


プロレスラーとして、市の職員として、ベンチプレッサーとして多くの場で活躍している姿はとても尊敬します。これからの益々のご活躍を期待しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ボディビル ゴリ高梨選手 | トップ | ① 箱根ガラスの森美術館 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。