好奇な鷲

日常の疑問や愚痴、独り言や、旅の思い出などを書いていきたいと思います。

札幌車屋閉店

2017年04月06日 16時00分26秒 | 食べ歩き
全日空ホテルの25階にある和食のお店 札幌車屋が4月10日で営業を終了する。
よく行っていたお店だったから、なんとも寂しい感じだ。
ランチ時はいつも混雑していたが、いつからか忘れたが夜は苦戦していたような印象があった。
新宿に本店があり、一時は海外にもお店があったと思うが、HPを見たらずいぶんお店が減っている。
汐留のホテルにあったお店も閉店していた。私が行ったときにここの支配人さんは札幌出身だったけど。

冒頭の写真はお店から何度も眺めた景色。

今年は母が米寿、叔母が傘寿、私は還暦とそろい踏みなので、3人で最後の食事に行った。

 車屋膳 5060円


前菜 蓬豆腐 蕗の薹味噌和え 春野菜土佐酢ゼリー酢掛け 長芹 蕗 蕨 赤蒟蒻 蟹


椀盛 蛤青海苔ふかし 花片豆腐 木の芽 梅人参 青実


造り 旬の鮮魚 妻いろいろ


強肴 新玉葱薄蒸し トマト 春菊餡 雲丹


焼物八寸 小串焼 蚕豆蜜煮 辛子蒟蒻 牛肉八幡巻 うすい豆摺り流し


煮物 春大根スープ煮 帆立薩摩揚 筍野田焼


食 事 変わり御飯 汁 香の物


デザート

このお店に初めて入ったのは今から40年近く前の4月だった。
初めて貰ったお給料で、4月生まれの母のお誕生日にと私がご招待した。
一番安い会席コースだったが、21歳の私にはなかなかの出費だった。
でも、おいしくて素敵な器にきれいに盛り付けられたお料理に感動したのを覚えている。
デザートの蜜煮したイチジクに白ごまのソースおいしかったなあ・・・。

それから母も気に入ってよく通うようになり、家族でのお祝い事や遠方から親族の来札時、在札の親族との食事会など頻繁に利用していた。お節も何回楽しんだことだろう。
私もフリーで仕事をするようになると、打ち合わせなどの後に一人で食事をとることが多くなり、高層階から札幌の風景を眺めながらゆっくりと楽しむのに全日空ホテルは最適だったので、昼に夜にとここ車屋と上のフロアにあったフレンチをよく利用していた。
もう仕事は辞めたし、札幌に常駐していないので、一人で食べに行くこともあまりないけれど。
父や叔父が亡くなり、親族との食事会もなかなか揃わなくなった。

思い出多いお店が、なくなってしまうのはやはり寂しいものですねえ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カマラード閉店

2017年04月03日 21時32分59秒 | 食べ歩き
1月末でカマラードサッポロが閉店した。
大好きなお店だったのでがっかり・・・・。

経営する食肉集団エレゾ社が、昨年東京に予約制のお店をオープンしていたので、ちょっと嫌な予感がしていたが・・・。
東京では予約がとれないほどの盛況のようだったので、そちらに本腰入れたら札幌のお店を辞めちゃうんじゃないかなと。
札幌のお店は、そこそこのお客で、満席になることはあまりなさそうだったから。
でも、エレゾ社は北海道豊頃を本拠とするので、札幌のお店は維持してくれるのではないかと甘い期待があったのだけど。
ジビエブームだから、札幌市内にはここ以外でもおいしい肉を食べられるお店や、シェフ自らハンターのお店などはあるけれど、やはり私はカマラードが好きだったなあ。
カマラードは「同志」という意味。
札幌では同志が居なかったということか・・・。

先日、お店の前まで行ってみた。
まだ外観はそのままで、店内の様子もそのまま。
ただ、入り口そばのショーケースに並んでいたおいしいシャルキュトリーはない。
そのままの状態なのは、また再開するかもしれないとのかすかな希望を持ってしまうけど、4月になって今はどうなっているか。

札幌のカマラードを利用していた人は、紹介制で営業している東京のお店を紹介なしで利用できるそうな。
でも、地元で生産された物をわざわざ東京まで行って食べるのもなんだかなあ・・・・。

**追記

今、エレゾ社のフェイスブックを見たら、札幌のお店は移転準備のために閉店とあった。
あ~~~嬉しい!
そっかあ、他の場所に移るのねー。
またあのおいしいお料理が食べられるのねえ~。
肉食おばさん、嬉しいなあ。
で、どこに移転されるのかしらん??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣 2017

2017年01月19日 22時01分28秒 | 散策
どんど焼きも終わったが、散策がてら初詣へ。
三ケ日は当然混雑するし、仕事始めの時期は会社の初詣で混雑するし、その後は日中も氷点下の冷凍庫状態だったり、降りしきる雪の中では行く気もそげる等々・・・。
でもやはり行かないとなんとなく嫌で行ってきた。



意外に人が居たが、聞こえてくるのは別言語。
日本人よりもはるかに多かった。
お守り売り場も混雑。中国語のカタログを提示しながら、巫女さんも大変。
帰り際、小旗を先頭に集団が登場。こちらもアジア系の団体さんだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その後

2017年01月17日 17時48分32秒 | 鷲の独り言
2日、3日と救急病院に通った義母は、ようやく始まった4日の診察で翌日から入院となった。
即入院と言われたが、社協を交えての家族会議に一日の猶予が必要だった。
私が行こうかと言ったが、先月持病のめまいで二度倒れており、まだ頭の角度でふらつくことがあるので夫が反対した。
結局ヘルパーさんの派遣で対応することとなって、仕事が始まる夫は帰釧した。
義母は連休明けに受けた精密検査の結果待ちで、手術など今後の見通しがまだ立たない。
めまいも治まってきたので、術前の説明に合わせて行く予定で居るのだが。
あとは退院後かな。

そんなわけで、相変わらずの落ち着かない日々。
釧路に戻るとアクセスが不便なので札幌に居るのだが、食材を買い込むわけにもいかず。
雪で交通網が乱れやすい時期なので天気予報も気になるし。
今週中に予定が立つと良いのだけれど・・・・。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おせち 2017

2017年01月03日 22時27分12秒 | 
今年のおせちは札幌円山にある和食のお店「たま笹」の二人用 22000円。




一の重


二の重


三の重

注文時に写真などはなかったが、良く食べに行っていてお味が安心だったので注文したのだが、鯛が丸ごと入っていた。
カタログで選ぶときは、伊勢エビど~~~ん!鯛がど~~~ん!タイプは頼まないようにしていたが・・・。
それ以外は予想通りでおいしく頂いた。
で、元旦から鯛めし作りをすることに。
いつもは生の鯛のアラに塩とお酒を降り、さっと表面をあぶってから使うのだが、これはしっかり焼いてあったので、水分を吸収されたようで、ちょっと固めのご飯になったかな。

今年も昨年同様夫と私はそれぞれの実家で過ごすバラバラ帰省。
テレビでは、バラバラ帰省は仲良し核家族の再現などと言っていたが、現実は老親を一人で年越しさせるわけにはいかないわけで。
夫の両親は二人揃っているが、義父がかなり弱ってきていて、そのストレスからか義母も体調を崩してしまった。
夫には、双子の妹達がいるが、未熟児網膜症で失明しているので頼りにするわけにはいかない。
私には信州在住の姉が居るが、冬は交通事情が不安定なので帰省はしない。
3年前に父が亡くなったので、私が帰省しなければ母一人の年末年始となる。
バラバラ帰省にも色々事情がございまする。

義母の体調が悪くなり、今日帰札して合流するはずだった夫は戻れなくなった。
田舎は病院が不便。明日の年始休業明けにならなければ、まともな医者の診断が出ない。
おまけに老人を入院させたがらないしね。
診断結果によっては、私が行くことになるかも。
なんとも落ち着かない年明けとなった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加