珍蘭・珍植物栽培日記

珍蘭・珍植物(と思っている)の栽培日記

梅雨空の下、真っ赤な花…アメリカデイゴ

2016-06-29 23:23:28 | 日記
この時期、梅雨空の下、真っ赤な花がよく映えるアメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)です。
南米原産のマメ科の花木で、別名:海紅豆(カイコウズ)とも呼ばれます。
沖縄のデイゴと近縁の植物で、アルゼンチンとウルグアイの国花ともなっているそうです。
熱海や鹿児島等暖地では街路樹や庭園樹として植えられていますが、関東内陸部では幼木は露地では生育は難しく、鉢植えにして冬は屋内に取り込んだ方が無難です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花茎が長く垂れ下がる蘭:セロジネ・ダイアナ

2016-06-14 23:07:36 | 日記
花茎が長く垂れ下がる蘭:セロジネ・ダイアナ(Coel. dayana)です。
今回の花茎は60cm程度でしたが、1mくらいになることもあるようです。
花は地味な色ですが、茶色系統のモノトーンで濃淡があり、きれいな花です。
マレー半島、ボルネオ、スマトラ等に自生しています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青いラン、テリミトラ シアネア

2016-05-06 00:23:38 | 日記
青いラン、テリミトラ シアネア(Thel. cyanea)です。
晴天の日しか花が開かず、しかも花期が短いため、写真をとるのに苦労しました。
(曇りや雨の日が続くと開かないまま花が終わってしまうこともあります。)
しかし花はきれいな青色で、ランの中では最も純粋な青色に近い色だと思います。
テリミトラ属についてはこちらをご覧下さい。
(2016/5/4撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜のような優しい色の花、デンドロビウム アフィラム(ピエラルディー)

2016-04-28 23:21:08 | 日記
(蘭展の準備等で、しばらくアップロードをさぼっていましたが、今まで撮りためた写真を順次遡ってアップしていきます。)

桜のような優しい色の花、デンドロビウム アフィラム(=デンドロビウム ピエラルディー)Den. aphyllum(=Den. pierardii)の花です。
唇弁(リップ)はクリーム色で、花弁/萼のうすいピンクとよく合います。
花も桜のようにたくさんつきます。
4/26撮影




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンドロビウム ストラティオテス

2015-11-30 22:13:19 | 日記
デンドロビウム ストラティオテス(Den. stratiotes)です。
デンドロビウム属の中のスパチュラータ亜属の一種で、スパチュラータの特徴である花弁がねじれて上を向く形がよく出ています。
大柄な種で、バルブは大人の背丈ほどもあります。
スパチュラータの中では比較的育てやすく、年に2、3回花を付けます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加