遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん

七転八倒 顔面蒼白 平身低頭 罵詈雑言 絶体絶命 敬天愛人 針小棒大 一進一退 悪戦苦闘 大器晩成 捧腹絶倒 …の日日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年用 【手帳・スケジュール帳・カレンダー】 ボクなりの選び方

2016-12-10 09:39:45 | 日記

スケジュール帳・カレンダー等の買い替えの季節。


30年位前、当時は学生でシステム手帳を使っていた頃は、中のリーフを買い替えるだけだった。
社会人になってからも、長い間システム手帳を愛用していた。
ただ、、大きなリングのため分厚く、嵩張ってしまうのが難点だった。

11年前、初めてスマートフォンにした。
NTTドコモの『M1000』という機種だった。

スケジュールをスマートフォンに付属していたカレンダーのアプリで管理するようにした。
終わったスケジュールを記録しておくのは便利だったが、新たな予定を書き入れたり、スケジュールの変更・書き直しは少し面倒。
そこで、ここ10年位は手帳タイプのスケジュール帳を購入し、併用している、。



スケジュール帳を選ぶ際、どうしても妥協できない点がいくつかある。
それは、30年前に使っていたシステム手帳時代から、実は変わっていない。(笑)

【月曜始まりである】



理由は忘れてしまった…。(汗)
おそらく、最初に手に入れたシステム手帳が、「月曜始まり」だったように思う。
それ以来、ずっと月曜始まりを使い続けてきたため、今更日曜始まりは使いにくいので…。

そして、
【ウィークリーのページが、土曜・日曜も平日と同じ大きさ】



スケジュール帳によっては、ビジネス用なのか平日重視のものがある。
土・日の2日分が1日分の欄に一緒になっていたりする。
学生時代、アルバイトや遊び、イベントなどを書き込むのに、土・日の欄も重要だったのだ。 
だから、1週間のページが7等分になっているものを選んでいる。

そして、もう一つ。
【マンスリーのページが、6週ある月は6段になっている】



マンスリーのページが、5段しかなく、23日と30日、24日と31日が一つの欄に一緒になっているものがある。
使いづらいというか、使えない…。
やはり、それぞれ別々になっていないと。(笑)

というわけで、この3点だけは妥協できず、毎年それに見合ったスケジュール帳を探し、購入している。
 

高橋書店 17 (360)シャルム10
クリエーター情報なし
高橋書店

 

360.シャルム10 (2017年版)[本/雑誌] / 高橋書店

価格:1,760円
(2016/12/10 09:42時点)
感想(0件)

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディズニー マジックキャッス... | トップ | 各家庭の無線LANの環境って?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。