プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

種類が違った

2016-09-18 18:12:44 | ゴールドラッシュ、猫

16日朝はねわらの上に立っていました。


 

アブはいなくなったけどサシバエと蚊がいます(蚊は減ってきたかな)。

 

厄介なのは暗いと活動しないアブと違って夜もいる事。

 

少し前から虫除け馬服を夜も着せたままにしているので、遅起きの私が出ていかなくてもゴ~は自分で外に出ています。

 

 

オニオニも出てます。

 

 

私が起きてまずゴ~を見に行くので、オニオニは朝ごはんの催促で出てるかな、と思います

 

 

 

 

 

 

ねわらの上よりここで食べるほうがいいんじゃないの?

 

 

昼前。

 

 

12時半過ぎ、また木陰で、と思ったのにこの日は下りてきませんでした。

 

 

話は変わりますが、夜に蛍光灯にやってくるスズメバチを見て「被災したのか」などと思っていましたが、巣を認識してからもやっぱり夜に出てくるので調べてみると、モンスズメバチというのが夜も活動する事がわかりました。

 

過去にここで共存したスズメバチは夜は見なかったし、人から聞く話も「夕方帰ってくる前に駆除をすると帰ってきたハチが怒って危ない」というものだったので、スズメバチは夕方に巣に帰って朝に出てくるものと思い込んでました。

 

前にスズメバチが飛び始めて巣に気づいたのが7月上旬と中旬だったので、今年もその頃に近くにないか見て回って気配がなかったので今年はないと思ってました。

 

なんで夏の終わりに?と思ってたけど、働き蜂が5月に羽化、9月に雄蜂が羽化するらしいので、その増えたタイミングで気づいたか、引越をするらしいのでそれかな、と思います。

 

いや、最初の働き蜂だけの時でも気づきそうだから、引越してこられたんだろうな。

 

気温が低くなってきたのであと少しだと思います。

 

向かってくる事はないし、このまま寿命でいなくなるのを待ちます。

 

このモンスズメバチ、ヨーロッパの一部では絶滅危惧種で国で保護、ドイツでは殺すと最高5万ユーロの罰金だそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中秋の名月 | トップ | ゴ~も一緒に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。