プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

イクノディクタス

2017-10-07 17:24:09 | 功労馬

3時から今回の牧場巡りの締め、イクノディクタス(30歳)の所へ。

 

(同行のアンバーママさんは翌日もありますが…)

 

行ってからもう1ヶ月近く経ってしまった

 

放牧地に行くと…遠くに居た。

 

 

イクノディクタスも昔のセレクトセールで写真を撮っています。

 

現役時代にはマックイーンがイクノディクタスを好きだとかいう話がありましたね

 

この牧場には考えてみればもう10年以上前になりますが、一時よくお邪魔していました。

 

勤めていた牧場でお世話していた繁殖さんが、こちらに移動したので会いに行ってたのです。

 

その話をしたらもしかして放牧地に入ってもOKだったかもしれない、と思うのですが、作業が忙しそうでお話はできず…話をするうちに「じつは昔…」と言うことはできても、それだけわざわざ言うのは気が引けて言えませんでした

 

 

 

 

 

 

途中で一度、出入口に来てくれましたが、まだ厩舎に入れない、と見て去って行きました。

 

近くに来た時はコミュニケーション優先で写真は撮ってません。

 

まあ、あっという間でしたけどね

 

 

見学時間が4時までなので、きっと4時が入る時間で、その頃になれば出口で待機するんだろうなあ。

 

3時半から見学にしたら良かったなあ。

 

遠くても元気に草を食べているのを見られて嬉しいのですが、3時から4時までの1時間このほぼ変わらない様子を眺めてるのもなんなので諦めて出ました。

 

この後、私は4時半から仕事。

 

ライディングヒルズ静内に行く程の時間もないけど、出勤には早い中途半端な時間。

 

どうしたものか…。

 

すると、アンバーママさんが静内神社に興味あり、という事で急遽神社にお送りして終わり~

 

さっきまで牧場巡りを楽しんでいたのに、仕事という現実に戻るのでした

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スエヒロジョウオー

2017-10-05 00:42:36 | 功労馬

9月13日、午後の部。

 

スエヒロジョウオー(27歳)。

 

この年代前後はテレビでですが、よく競馬を見ていたので最近の馬よりなじみがあるかな

 

そのなじみのあるコたちがもう30歳ぐらいだという事実を改めて考えると、そんなに(自分も)トシとったのか、と衝撃も受けつつ…

 

この牧場の前の道はよく走るので看板は何度も見ていますが、見学は私は初めてです。

 

案内してくださったお兄さんが、おやつをひとにぎり持っている。

 

親子と一緒の放牧地で柵から離れた所に居たジョウオーさん、お客さん=おやつをもらえる、と覚えているのか、お兄さんが好きなのか、すぐに来てくれました

 

 

触ってOKで、顔をなでなでできました。

 

首からたてがみの生え際を掻いてあげると、マッサージできるヤツ、と認識してくれたようです

 

向こう向いて、おもむろに後退、私の目の前でお尻を柵に付けます。

 

お尻を掻け、と。

 

私はしっぽの付け根あたりをごしごしかきかき。

 

どうっすか~?

 

 

手を止めて1枚。

 

かわいいお尻

 

写ってる手はもっと前を掻いてるアンバーママさん。

 

指を曲げている写真を見て思ったけど、もしかしてあんまり力を入れずに人を掻くように爪で掻いてたのかな?

 

場所にもよりますが爪で掻かずに指先をグッと当てて、指の腹と指先で結構力を入れたマッサージでも喜びます

 

…と思います。

 

今まで数々の馬を掻いてきた経験から

 

爪で掻くと自分が後、大変だしね

 

ゴムブラシなどがあればいいんだけど、と言って近所のいつもの牧場ならともかく、普通に見学に行った牧場でゴムブラシをバッグから出してもヘンですしね

 

そう言えば今まで掻き方の話なんてした事なかったなあ。

 

乗馬クラブで初めてブラシがけをした時、自分では普通にブラッシングしたつもりが「そんなんやったらこそばいわ」とインストラクターの人に言われたのを思い出します。

 

結構力を入れたほうがいいです(女性は、かな)。

 

馬同士のかきかき、すごい力ですもんね

 

マッサージ係に身をまかせるジョウオーさん、顔を撮れないかなあ。

 

 

しばらくしてまたこっちを向いて柵に横付け、お兄さんがきこうを、私がしっぽの付け根をかきかきしたり、それでも物足りず柵にお尻を押し付ける

 

プラスチックの牧柵だったからしなってたけど、木の牧柵だったら折れてるね、という押しの強さです。

 

馬の力はすごいです

 

触れ合える牧場ではコミュニケーションに夢中で写真が少ないです。

 

顔よりお尻のほうをたっぷり見てたかも。

 

ずっと遊んでいたいぐらいなのですが、牧場の方が付いていてくださって、仕事の手を止めてる場合は大体30分ぐらいまでかなあ、と思っています。

 

名残惜しいけどそろそろ行きますか。

 

ジョウオーさんはもっと掻いてほしかったのか、柵沿いを付いて歩いてきます。

 

途中、チビちゃんが1頭柵沿いに居ました。

 

多分、気迫だけでも追い払う事はできそうなもんですが、ジョウオーさん、自分が遠回りをしてチビちゃんをよけながら進みました。

 

すごい

 

いや、ヒトだったら当たり前かもしれないけど、馬では我が道を行くほうが普通な感じがします。

 

乗馬クラブの経歴がない馬は特に。

 

賢いなあ、優しいなあ。

 

しばらくついてきてくれたけど私達が進んでいくので、マッサージもおやつももう終わり、と悟ったようです。

 

ギリギリの所まで来てじっと見送るのではなく、そこそこでみんなの所に戻っていって草を食べていました。

 

なんていうか、なんとなくの感覚なんだけど、普段からお兄さんとよくコミュニケーションが取れてるのかなあ、ル~やゴ~に近いような感じがしました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマトプリティ

2017-09-30 16:34:05 | 功労馬

13日はいいお天気でした。

 

2011年に仕事で知り合って好きになったプリティさんの所へ。

 

去年は他の牧場に居ましたが、また戻っています。

 

馬房に居るのを見たり、場所を教えてもらって私たちだけで見たり、スタッフのお姉さんが一緒に行ってくれたり、その年によっていろいろです。

 

今年は牧場のお兄さんが一緒に行ってくださいました。

 

放牧地に屋根のある所があって、そこに向かったら来ると思うよ、と一緒に放牧地に入ります。

 

私たちだけだとこうはいかなかったでしょうけど、遠くから走ってくる2頭。

 

 

 

お~、プリティさんが走ってるの、初めて見たかも

 

 

久しぶり~。

 

 

放牧仲間と仲良くなさそうな年もありましたが、去年、今年は平和な感じ。

 

このコはプリティさんの娘ちゃんだそうです。

 

 

まあ、だからうまくいくとは限らず、以前勤めていた牧場で、繁殖として帰ってきた新入りの娘が母を差し置いて群れのトップになってた事もあります。

 

この母といちばん下の妹は弱かったなあ。(三姉妹帰ってきていた)

 

厩舎に入れる時、いつも後ろのほうで待ってた

 

むやみに張り合わない賢い馬とも言えるかな

 

プリティさんとこのコは、親子という認識はもうなくても気が合う仲間なんでしょうね。

 

上の写真はにんじんを食べるプリティさんの口を娘ちゃんが確認しているところ。

 

娘ちゃんはにんじんのおいしさを知らないらしくてあげても食べません。

 

プリティさんがおいしそうに食べてるのは何? と口に迫っています。

 

にんじんなんだけどね

 

おやつなしになっちゃった、ごめんね

 

 

 

 

 

 

にんじんがあるうちだけのプリティさんとは対照的に、とても人懐っこい娘ちゃん。

 

 

かわいい

 

 

 

 

 

水のほうに行ってそのまま遠くにいるプリティさん。

 

 

かきかきしに戻ってきました。

 

 

青草を食べてかゆくなってしまって、たてがみとしっぽがかわいそうな感じになってるけど、やっぱり青草を食べたいよね。

 

 

 

のんびり平和に暮らしてね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラビットボール

2017-09-30 02:35:34 | 功労馬

12日午後の2軒めはラビットボール(30歳)。

 

牧場にお邪魔するのは初めてでしたが、昔セレクトセールにチビちゃんを連れて出てた時に会っています。

 

チビちゃんの売買の為のセールですが、私は好きな繁殖さんをよく撮ってました。

 

ラビットボールの写真もあります。

 

もう30歳なんだねえ。

 

 

 

 

牧場の方が「にんじんを持ってくる」と家のほうに一旦戻られました。

 

持ってきてくれたにんじんは…

 

お~、葉っぱ付き

 

植えてるにんじんだったか

 

くわえているところがかわいい、と、最初はまるままで。

 

 

 

 

 

 

この後、にんじんを切ってもらって食べてました。

 

葉っぱはあげずに手に持ってらっしゃったので、葉っぱも好きなのでは、とオススメしました

 

喜んで食べてました。

 

普段あげてなかったそうですが、これからは葉っぱももらえるよ

 

おあずけ状態でモデルをしてくれたお礼になったかな 

 

 

ありがとね~

 

ラビットボールのお兄さん、カツラギエースも好きな馬です。

 

日本の馬で初めてジャパンカップを勝ちました。

 

リアルタイムでは知らなかったけど、「名馬物語」というテレビ番組でカツラギエースを好きになって、大阪からの旅行で三石の冬沢牧場に見学に行きました。

 

会ってますます好きになって次の年も行きました。

 

これは1997年か98年ぐらいの7月の写真。

 

 

「額ぷくぷく~」と前髪をめくっているところ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エイシンサニー、エイシンサンサン、キャタリナ

2017-09-29 23:48:07 | 功労馬

なかなか進まない牧場めぐりの紹介

 

12日の午後。

 

スタッフの方に「触ってOK」いただきました

 

エイシンサニー(30歳)。

 

かわいらしい表情

 

 

 

 

 

 

向かいにエイシンサンサン(25歳)。

 

 

耳がかゆい

 

 

スタッフのお姉さんにかいてもらってました。

 

 

2頭をお目当てに行きましたがエイシンサニーの隣、「エイシンヒカリのお母さんですよ」と教えていただきました。

 

キャタリナ。

 

 

エイシンヒカリは好きな馬なのでお母さんに会えて良かったです

 

エイシンヒカリ、最初にテレビで見た時真っ黒やったけど芦毛やもんなあ。

 

白いお母さんを見て納得

 

食事の後、この厩舎でも若いねーさん達は放牧。

 

年配チームは出さないという事で、ゆっくりごはんを食べていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加